ウォーキングツアー 東日本大震災から学ぶ大津波語り部&ガイド ほんものの体験と教訓<ガイド付/通年/1時間/田野畑村>by体験村・たのはたネットワーク | 岩手の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)

ウォーキングツアー 東日本大震災から学ぶ大津波語り部&ガイド ほんものの体験と教訓<ガイド付/通年/1時間/田野畑村>by体験村・たのはたネットワーク

キャンペーン中
クーポンあり
シェア
シェア
キャンペーン中
クーポンあり
キャンペーン 対象プランを見る
グループ割
対象プランを見る
116966 10031
クーポン

おすすめポイント

2011年3月11日14時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という巨大地震が発生。田野畑村では震度4、津波溯上高は、平井賀漁港海岸で 25.5m、島越漁港海岸で 23.7mを記録しました。東日本大震災により、島越や羅賀地区の民家や漁船の多くが流失し、島越駅は鉄橋ごと無くなりました。現在では駅も再建され、三陸鉄道も開通し、復興の息吹を感じます。それでもあの経験を風化させてはならないと、津波の体験を住民自らが語り部となって伝えています。
空き状況を確認
プラン詳細
合計:
大人子供共通1人あたり:
大人子供共通
¥2,500
¥2,500
グループ割引
グループ割引
合計:
大人子供共通
¥2,500
¥2,500
大人子供共通1人あたり:
グループ割引

グループ割引

グループ割引
3~5名
グループ割引
6名以上

グループ割引
3~5名
グループ割引
6名以上

概要

午前, 午後
1.5時間
毎日
送迎なし
含まれるもの: ガイド料

スケジュール

全て見る
開始時間 :
08:50

三陸鉄道北リアス線 田野畑駅に集合

★☆ガイド紹介1☆★(一例)
大津波語り部下坂弘次
★☆ガイド紹介2☆★(一例)
大津波語り部根木地徳栄
09:00
田野畑駅から出発 (所要時間:約1時間)
平井賀川水門(一例)
arito-6057
すべて津波で流されてしまった(一例)
IMG_9407
過去の教訓をどう生かすか
006田野畑駅-後
10:00

体験終了後、現地にて解散

送迎オプション

なし

参加場所

集合場所

解散場所

予約前に ご確認ください

参加制限

  • 小学生以下のお子様の参加料は、大人の参加者1名につき、お子様1名まで無料となっております。お申込みの際は下記の料金計算を参考の上、お申込みくださいますようお願いいたします。間違った人数でお申し込みをされますと、間違った金額でカード清算がされてしまいますので、ご注意ください。

    例)大人2名、小学生以下2名の場合…
    大人2名様参加の料金¥2,500×2名=¥5,000

    例)大人2名、小学生以下4名の場合…
    大人3名様参加の料金¥2,000×3名=¥6,000
  • 1名様でご参加の場合は追加料金+2500円となります。なお参加当日他のお客様のご参加があった場合は後日追加料金分のみ返金をさせていただきます。

その他

  • ツアースケジュールは天候、交通状況等により変更、中止になる場合があります。
  • ツアー開始時間はご希望に合わせて変更が可能です。
    申込時にご入力ください。

服装・持ち物

  • 夏場でも天候の悪い時や朝晩はかなり冷え込みます。気温に合わせて防寒着のご用意をされることをお薦めします。

体験談

最初の体験談を投稿しませんか。 体験談を書く

よくある質問

このアクティビティやご利用に伴うよくある質問はサポートサイトからご確認いただき、
ご不明な点がございましたらサポートサイト内の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

お支払い・ キャンセル

支払方法
  • クレジットカード
  • コンビニ、銀行ATM
  • *予約によってはご利用いただけない場合があります。詳しくはこちら
クレジットカード決済通貨:円
  • 予約受付時の為替レートにより日本円に換算されます。
キャンセル料
  • 参加日の1営業日前の現地時間17:00以降、予約総額の100%
営業日
  • 年中無休

岩手人気ランキング

参加制限
服装・持ち物
その他
ベルトラがお得な理由
ポイント1%還元!
ウォーキングツアー 東日本大震災から学ぶ大津波語り部&ガイド ほんものの体験と教訓<ガイド付/通年/1時間/田野畑村>by体験村・たのはたネットワーク
2011年3月11日14時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という巨大地震が発生。田野畑村では震度4、津波溯上高は、平井賀漁港海岸で 25.5m、島越漁港海岸で 23.7mを記録しました。東日本大震災により、島越や羅賀地区の民家や漁船の多くが流失し、島越駅は鉄橋ごと無くなりました。現在では駅も再建され、三陸鉄道も開通し、復興の息吹を感じます。それでもあの経験を風化させてはならないと、津波の体験を住民自らが語り部となって伝えています。