法起院 (観光情報) (観光情報) | 奈良観光 VELTRA(ベルトラ)
長谷寺開山坊法起院は、奈良県桜井市初瀬に所在しています。宗派は、真言宗豊山派で開基は徳道上人、本尊は、徳道上人像です。寺の伝えによれば、天平7年(735年)に西国三十三所を新たに始めたと伝えられています。徳道上人は、晩年、境内の松の木に登って法起菩薩となって遷化したと伝わっています。当院の名称はそれに由来します。江戸時代初期の元禄8年(1695年)に長谷寺化主英岳僧正が寺院を再建し、長谷寺開山堂としました。
歴史
徳道上人が晩年隠棲したところ、徳道上人は早くに父母と死別したことで孤独の身となり、長谷に来て道明上人の元で仏の道を目指しました。修行を積んで現在の長谷寺の基礎を築きました。養老2年(718年)に病で仮死状態になった上人は、夢の中で閻魔大王に会い、「あなたは死んではいけない。世には三十三の観音霊場があり、これを巡礼すると清められ、悩みや苦しみから救われます。まだ誰もこの霊場の事は知らないので、人々に知らせて広めよ!」と教えられ宝印を授けられ、この世に戻されました。上人は、諸国を巡って、三十三カ所の霊場を設けたが、人々に受け入れられることなく宝印は山中寺の石窟の中に納められました。約270年後、花山法皇が宝印を掘り起こし、上人の遺志を継いで、西国観音霊場を復興しました。

見どころ
法起院の「山門」の左側には、金字で「長谷寺開山徳道上人御廟所」と明記してあります。長谷寺の事実上の創始者と思われる道明上人の廟所と比較しても、こちらの方が格段に立派です。右側には、「総本山長谷寺開山坊法起院」と明記してあり、長谷寺の塔頭、開山堂としての位置づけが明確にされています。法起院は規模も小さく「本堂」も小ぶりです。それだけよく纏まっていて綺麗なお寺と言えます。本堂の北向きは非常に珍しいですが、北側にある長谷寺を意識して建てられたと思われます。本堂左手奥に徳道上人の供養塔である「御廟十三重石塔」も注目される一つです。また、上人が松の木にお登りになった時の「上人沓脱ぎ石」に触れることも願い事が叶うとされ人気を集めています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    日本で最も歴史ある巡礼行である西国三十三所めぐりは、札所間の距離が長いので観光タクシーがおススメ。六番壷坂寺、七番岡寺、八番長谷寺、番外法起院、九番南円堂の札所4つと番外を参拝し歴史を巡ります。
    送迎付き

    JPY36,150

    毎日
    7時間 (午前, 午後)

奈良の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

法起院 (観光情報) | 奈良観光| VELTRA(ベルトラ)

長谷寺開山坊法起院は、奈良県桜井市初瀬に所在しています。宗派は、真言宗豊山派で開基は徳道上人、本尊は、徳道上人像です。寺の伝えによれば、天平7年(735年)に西国三十三所を新たに始めたと伝えられています。徳道上人は、晩年、境内の松の木に登って法起菩薩となって遷化したと伝わっています。当院の名称はそれに由来します。江戸時代初期の元禄8年(1695年)に長谷寺化主英岳僧正が寺院を再建し、長谷寺開山堂としました。