法隆寺 夢殿 (観光情報) (観光情報) | 奈良観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
法隆寺 夢殿
4.58
法隆寺といえば世界遺産であり、世界最古の木造建築として知られています。しかし同時に、東京ドーム14個分の敷地面積を誇る、日本屈指の大寺院でもあるのです。境内にはさまざまな大規模建築物が存在しており、威風堂々とたたずんでいるのです。そんな広大な法隆寺ですが、中にはそれほど規模の大きくない建物も存在しています。その一つが夢殿です。夢殿は法隆寺内の他の建物と比較すればさして大きくもない建物ですが、古くから人々を惹きつけてやまない建物でもあります。
歴史
法隆寺の夢殿は、もともと聖徳太子の一族が住む斑鳩の宮があった場所といわれています。しかしその宮殿は、7世紀の中期に戦乱によって焼失してしまったのです。法隆寺の高僧である行信はこれを惜しみ、この場所に夢殿を含む上宮王院を建てたのです。この上宮王院が後に法隆寺に統合され、現在に至ります。つまり夢殿は聖徳太子を供養するお堂なのです。夢殿の形状からも、それが見て取れます。そして夢殿の内部には、聖徳太子の遺品などが集められているのです。

見どころ
夢殿という呼称が定着したのは、平安時代になってからのことです。その由来は、「かつて聖徳太子が法隆寺に参籠し瞑想し、その瞑想の中で黄金でできた人物が現れる夢を見た」という伝承からです。十人の話を同時に聞いた、という伝説があるほどの人物ですので、おそらく実在したとすると非常に頭のよい人物だったのでしょう。その豊かな発想力から、このような不思議な夢を見たのかもしれません。この聖徳太子の夢の器こそが、夢殿なのです。聖徳太子という人物を偲びつつ、見学してみてください。

奈良人気アクティビティランキング

法隆寺 夢殿の新着体験談

シニアには最高

2020/12/13 カップル・夫婦 ジジ・ババ

紅葉の時期でしたので全体的に大変満足です。法隆寺、中宮寺、薬師寺は、やはり、歴史を感じます。天気が曇っていましたが、見学は、傘を使わず、心は晴天でした、
慈光院の見学に向かう際には、運転手さんも、道路の横断を支援するやさしさに頭が下がりま... 続きを読む

閉じる

あっという間の時間でした。コスパもいいツアー、おすすめです。

2020/12/13 カップル・夫婦 teram24ka3

車なくては個人でアクセスしにくい法隆寺に行きたくて参加しました。学生時代に一度しか訪れた事がない法隆寺。微かな記憶とは違ってとても広い敷地。そこをポイント押させて見れたのもツアーのおかげ。行けて良かったです。中宮寺はあいにく復元中ゆえ行けま... 続きを読む

閉じる

初めてには特におススメです

2020/11/26 ひとりで 奈良好き

車なしでは行きにくい場所がセットになっており、ガイドさんの説明もあり、効率的見学することができて良かったです。
また、見学中にガイドさんが御朱印を貰ってくれたので時間のない中で非常にありがたかったです。
食事で嫌な思いをしたコメントを読... 続きを読む

閉じる

中宮寺など西ノ京の代表的なお寺を垣間見れました

2020/11/21 カップル・夫婦 いちよん

慌しく駆け足に近いツアーでしたが、ざっと把握することが出来ました。今回の体験を元に、次はマイペースで時間的に自由な廻り方をしたいと思います。中宮寺と、最後にバスの窓から見た、平城京の朱雀門が特に印象的でした。

秋の奈良を堪能

2020/11/16 ひとりで あさみ

奈良には何度か観光に訪れたことがありましたが、奈良公園等の主要な観光地しか行ったことがありませんでした。バスツアーということで、行ったことのない場所へ連れて行ってもらえて、多くの国宝仏をはじめ、魅力的な場所を巡ることができて本当に楽しかった... 続きを読む

閉じる

雨の法隆寺

2020/11/14 ひとりで レモネード

当日はあいにくの雨模様でしたが、しっとりとした秋雨で、かえって人出も少なく、コロナ禍の心配が少なくてよかったと思います。
近いのに中々いけなかった法隆寺に、ちょうど良い半日ツアーを見つけ、Go To Eatトラベル対象にもなっていて、とて... 続きを読む

閉じる
法隆寺 夢殿 (観光情報) (観光情報) | 奈良観光 VELTRA(ベルトラ)
法隆寺といえば世界遺産であり、世界最古の木造建築として知られています。しかし同時に、東京ドーム14個分の敷地面積を誇る、日本屈指の大寺院でもあるのです。境内にはさまざまな大規模建築物が存在しており、威風堂々とたたずんでいるのです。そんな広大な法隆寺ですが、中にはそれほど規模の大きくない建物も存在しています。その一つが夢殿です。夢殿は法隆寺内の他の建物と比較すればさして大きくもない建物ですが、古くから人々を惹きつけてやまない建物でもあります。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜