東大寺金堂とは、奈良県奈良市にある東大寺の仏堂です。日本の国宝にも指定されています。東大寺といえば「奈良の大仏」こと東大寺盧舎那仏像で有名ですね。その東大寺盧舎那仏像の安置してある、東大寺の本尊こそが、東大寺金堂なのです。東大寺の伽藍の中央部に位置しており、境内最大の建物です。一般的には「東大寺大仏殿」として知られており、東大寺の公式ホームページにも「大仏殿」と記載されていますが、東大寺金堂が正式名称となっています。
歴史
東大寺金堂(大仏殿)の建設は、大仏の鋳造が終わってから始まったといわれています。完成したのは西暦758年(天平宝字2年)でした。西暦1181年には平重衡らの南都焼討によって焼失してしまいます。1190年には再建され、落慶法要には源頼朝も参列したとされています。しかし、1567年になると東大寺大仏殿の闘いによってまたしても焼失してしまうのです。現存の東大寺金堂は1691年に再建し、1709年に落慶したものですが、その後も屋根の修理などが数回行われています。

見どころ
東大寺金堂(大仏殿)の見どころは、言うまでもなく中に鎮座する「奈良の大仏」です。おそらく日本で最も知名度の高い仏像でしょう。正式名称は盧舎那仏坐像と呼び、この名で彫刻部門の国宝に指定されているのです。東大寺金堂(大仏殿)とともに数回は焼失しているものの、台座や右わき腹、袖、足の一部など、天平時代の部位も残されています。東大寺金堂(大仏殿)はよく「世界最大の木造建築」と紹介されますが、これは間違いで、正確には「世界最大の木造軸組建築」と呼ぶべきでしょう。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

奈良の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

東大寺金堂(大仏殿) (観光情報) | 奈良観光| VELTRA(ベルトラ)

東大寺金堂とは、奈良県奈良市にある東大寺の仏堂です。日本の国宝にも指定されています。東大寺といえば「奈良の大仏」こと東大寺盧舎那仏像で有名ですね。その東大寺盧舎那仏像の安置してある、東大寺の本尊こそが、東大寺金堂なのです。東大寺の伽藍の中央部に位置しており、境内最大の建物です。一般的には「東大寺大仏殿」として知られており、東大寺の公式ホームページにも「大仏殿」と記載されていますが、東大寺金堂が正式名称となっています。