平城宮跡とは、「710大きな平城京」で知られる平城京の大内裏です。つまりかつての日本の首都であった平城京の、その中心にあった施設の遺跡なのです。現在の皇居、国会議事堂などに該当する施設といえるでしょう。平成10年には「古都奈良の文化財」として、世界遺産に登録されています。考古遺跡としてユネスコ世界遺産に登録されたのは平城宮跡が日本で初めてです。平城宮についての問い合わせ先は平城宮歴史館という施設で、住所は奈良市二条大路南4丁目6番1号です。
歴史
平城宮は平城京の北端に位置しており、天皇が住まわれていた内裏、儀式を行う朝堂院、執務を行う外朝からなっています。その面積はおよそ120ヘクタールにも達していたとされています。平城宮の周囲には大垣が張り巡らされており、朱雀門をはじめとする12の門が設置されており、その門には豪族の名前にちなんだ名前が付けられていました。役人たちはこれらの門から出入りしたとされています。784年に長岡京に、その後に平安京が都となりましたが、そのころには放置されるようになり、一帯は農地と変わってしまいました。

見どころ
平城京はかつての日本の首都です。その中心施設が平城宮です。大極殿や朱雀門など、建物を見学するもよし、資料館や歴史観で歴史を学ぶのも良し、ただただ散策し、雰囲気を楽しむもよし、と、古の日本の首都の歴史の空気を感じられる場所です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

奈良の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

平城宮跡 (観光情報) | 奈良観光| VELTRA(ベルトラ)

平城宮跡とは、「710大きな平城京」で知られる平城京の大内裏です。つまりかつての日本の首都であった平城京の、その中心にあった施設の遺跡なのです。現在の皇居、国会議事堂などに該当する施設といえるでしょう。平成10年には「古都奈良の文化財」として、世界遺産に登録されています。考古遺跡としてユネスコ世界遺産に登録されたのは平城宮跡が日本で初めてです。平城宮についての問い合わせ先は平城宮歴史館という施設で、住所は奈良市二条大路南4丁目6番1号です。