石舞台古墳とは、奈良県の高市郡明日香村にある古墳です。蘇我馬子の古墳として知られており実際に考古学的にも蘇我馬子が埋葬者であるとして有力視されていますが、はっきりとは分かっていません。方墳としては国内最大級の古墳であり、2300トンにもなる30数個の岩が使用されています。墳丘の盛土が一切残されていないため、巨大な横穴式の石室がむき出しになっており、この独特な形状が石舞台古墳最大の特徴となっています。まるで舞台のような天井から、石舞台古墳と名付けられました。
歴史
石舞台古墳の盛土が失われたのは最近のことではなく、かなり昔から石室がむき出しになっていたようです。1772年の本居宣長による「管笠日記」によると、石舞台古墳はその南方に位置する都塚古墳と対をなす存在として認識されていたようで、それぞれ推古天皇、用明天皇といった天皇の伝承があったと思われます。1829年津川長道の「卯花日記」では、蘇我馬子の墓ではないか、という考察が加えられています。1848年暁鐘成の「西国三十三所名所図会」では天武天皇を葬り祀った古墳である、と記述されています。

見どころ
石舞台古墳はやはり石舞台と呼ばれる、むき出しの石を眺める事が一番の見どころです。一見して岩の塊にしか見えないような場所ですが、歴史を学びながら過去に想像を巡らせてみるとただの岩の塊から新しい世界が見えてくるかもしれません。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

奈良の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

石舞台古墳 (観光情報) | 奈良観光| VELTRA(ベルトラ)

石舞台古墳とは、奈良県の高市郡明日香村にある古墳です。蘇我馬子の古墳として知られており実際に考古学的にも蘇我馬子が埋葬者であるとして有力視されていますが、はっきりとは分かっていません。方墳としては国内最大級の古墳であり、2300トンにもなる30数個の岩が使用されています。墳丘の盛土が一切残されていないため、巨大な横穴式の石室がむき出しになっており、この独特な形状が石舞台古墳最大の特徴となっています。まるで舞台のような天井から、石舞台古墳と名付けられました。