AAT Kings | エアーズロック 観光・オプショナルツアー専門予約サイトVELTRA
AAT Kings
AAT Kings
取り扱いエリア: エアーズロック, ダーウィン, アリススプリングス
情報最終更新日: 2020/10/01
オーストラリア最大手のツアーオペレーター。オーストラリアとニュージーランドの全域にわたって多彩な添乗員付きツアー、日帰り・短期観光ツアー、キャンピングツアーなどをてがけています。
2007年から5年連続でオーストラリア・ベスト・ツアー・オペレーターに選ばれるなど、AAT Kingsの専門的なトレーニングを受けたドライバーやガイドによる体験は、生涯忘れられない貴重な思い出となることでしょう。
9アクティビティ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 世界有数の大渓谷へ。迫力満点の断崖絶壁や、アボリジニの人々がかつて生活していたワタルカ国立公園の壮大な景色は圧巻です。散策では体力に合わせて2つのコースから選択可能!個人ではなかなか行きにくいので、ツアー参加がおすすめ!うれしい朝食付き。
    送迎付き
    食事付き

    AUD239.00

    毎日
    13時間 (深夜)
  2. 2日間滞在の方におすすめ!ウルルのサンセット&サンライズを鑑賞いただける定番人気のツアーです♪サンライズの後はウルルのウォーキングトレイルを散策。空港送迎付き、日本語ガイドなので安心!星座解説付きの星空観察&BBQディナープランもございます。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    AUD495.00

     
    (午前, 午後, 夜, 深夜)
  3. 夕焼けに染まるウルルと美しい夕日を堪能!スパークリングワインやおつまみもご用意します。星空観察&BBQディナープランも選択可。ツアー前半は、カルチャーセンター見学やクニヤウォーク散策をお楽しみください。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    AUD189.00

     
    2.5 ~ 7.5時間 (午後)
  4. エアーズロックの岩肌が輝きだす瞬間は圧巻!朝日とエアーズロックの光景は解放感たっぷり!温かいお飲み物と共に神秘的なサンライズを鑑賞後、クニヤウォーク散策やカタジュタのウォルパ渓谷へご案内します。嬉しい空港送迎つきの半日ツアーです。
    日本語対応あり
    送迎付き

    AUD199.00

     
    (午前, 午後, 夜, 深夜)
  5. 3日間滞在の方におすすめ!ウルルのサンセット&サンライズと、お好きなアクティビティを体験できる贅沢ツアー!フィールド・オブ・ライト、迫力あるキングスキャニオン、カタジュタサンライズ&風の谷散策、カタジュタサンセット観賞よりお選びいただけます♪
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    AUD725.00

     
    (午前, 午後, 夜, 深夜)
  6. エアーズロック(ウルル)が最も美しい時間帯は何といっても夕暮れ時。ワインを楽しみながら、アボリジニの聖地ウルルの神秘的なサンセットをご堪能ください。星空観察&BBQディナープランや麓散策プラン、到着日の参加にうれしい空港お迎えプランもご用意♪
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    AUD108.00

    毎日
    (午前, 午後, 夜, 深夜)
  7. 5万個以上もの電球が砂漠を彩るイルミネーションイベントと、ウルルに昇る雄大な朝日の両方をお楽しみいただけます。大型バス利用で移動も快適。心に残る幻想的な光景は一生の思い出になること間違いなし!
    日本語対応あり
    送迎付き

    AUD75.00

    毎日
  8. エアーズロックの広大な自然の中、日本で見るのとは全て逆さまの南半球での星空観賞!星空観賞のみのシンプルなプランなので、他のツアーとの隙間時間での参加も可能です。アボリジニの聖地で鑑賞する満点の星空。幻想的な体験をお届けします。
    日本語対応あり
    送迎付き

    AUD85.00

     
    (夜, 深夜)
  9. 約450kmあるエアーズロックとアリス・スプリングス間の長距離移動は快適な高級バスで!ガイドによる詳しい解説付きなので、観光がてら移動をお楽しみいただけます。シートの確保はお早めに!事前予約はこちら!
    送迎付き

    AUD180.00

    毎日
    6 ~ 7時間 (午後)

エアーズロックの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

AAT Kingsが運営するエアーズロックアクティビティ一覧
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜