メルボルンセントラル (観光情報) (観光情報) | メルボルン観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
メルボルンセントラル
4.67
メルボルンセントラルは、文字通りメルボルンシティの中心に位置する観光スポット。中はショッピングセンターとなっていて、ファッションやグッズ、レストランにフードコートなどが立ち並んでいます。隣にある百貨店ともペデストリアンデッキでつながっています。地下はメトロの駅とつながっており、アクセスが非常に便利。地下にもファーストフード店などが立ち並んでいます。地上でもこの周辺には博物館やショッピングモールなどがあり、非常に賑わっています。
歴史
非常に近代的な印象ですが、1991年に作られて今年で24年になる意外と歴史があるショッピングモールです。設計者は日本人の黒川記章さんです。もともとこの場所にはショットタワーという1890年に建てられた歴史的な建物が建っていましたが、モールを建設する際にそれを取り壊すのではなく、中心をドームで囲って内部に包み込む形を取りました。そのため、タワーがガラスドームで覆われている少し異様な光景が広がっています。

見どころ
メルボルンセントラルの見どころは、やはり吹き抜けの中心エリア。地下の駅から、あるいはトラムの駅から中に入るとすぐこのエリアに着きます。ここでガラスドームに覆われたショットタワーが見られるわけですが、この反対側には大きな時計があります。この時計はからくり時計になっています。この吹き抜けの1階部分には、タワーの手前で洋服を売っているお店がある他、観光案内所もタワーの横にあり、ショッピングモールだけでなく観光の中心の役目を担っているともいえます。

メルボルン人気アクティビティランキング

メルボルンセントラルの新着体験談

初めてのメルボルンの方にはお勧めです。

2020/05/03 ひとりで みやちゃん

一人旅で、しかも初めてのメルボルン。おまけに63歳と、若くない女性。オフシーズンだったからか、1人で参加できる市内観光バスツアーは、ありませんでした。このツアーは、私のような人にはぴったりだと思います。娘より若いお姉さんがガイドさんで、とて... 続きを読む

閉じる

メルボルンがはじめての方や英語が苦手な方にオススメです。

2020/03/24 カップル・夫婦 はらまき

妻と二人で参加しました。
二人とも、メルボルンが初めてでガイドブック等で調べてはいたのですが、実際に現地について見ると、思ったように回れませんでした。このツアーで紹介していただいたルートは色々なお店を回りやすく、また、どんな店なのかをその... 続きを読む

閉じる

絶対初日にやるべき!メルボルンの歴史や街を知ることができます!

2020/03/22 カップル・夫婦 じゃがりこ

まず、待ち合わせ場所もわかりやすくまようことがなかったです。ガイドのお姉さんもとても親切で知りたいこと、おいしいレストランなどを細かく教えてくれました。沢山の小道がありますが、おすすめなどを聞けてツアー終了後も迷うことなくお店に行けました。... 続きを読む

閉じる

ありがとうございました

2020/03/15 家族 RioLeo

とても丁寧にご対応いただきました。どうもありがとうございます。やだしいお姉さんで、子どもたちも安心して楽しく過ごすことが出来ました。
集合場所ですが、Little Collins Street とCollins Streetを間違ってしま... 続きを読む

閉じる

初めてのメルボルン

2020/03/14 カップル・夫婦 パン小梅

メルボルン半日観光を申し込みました。時間も14:00〜と余裕があり、サクッと見所を案内して頂きました。翌々日、同じカフェに行ってコーヒー文化を楽しみました。

ほどよい時間のお散歩

2020/03/02 友達・同僚 chankura

メルボルン初めての方はとりあえず参加してみたらいいと思います。ツアー名通りお散歩がてらに時間、距離ともにちょうどいい感じでメルボルン市内の押さえどころがわかりますよ~

メルボルンセントラル (観光情報) (観光情報) | メルボルン観光 VELTRA(ベルトラ)
メルボルンセントラルは、文字通りメルボルンシティの中心に位置する観光スポット。中はショッピングセンターとなっていて、ファッションやグッズ、レストランにフードコートなどが立ち並んでいます。隣にある百貨店ともペデストリアンデッキでつながっています。地下はメトロの駅とつながっており、アクセスが非常に便利。地下にもファーストフード店などが立ち並んでいます。地上でもこの周辺には博物館やショッピングモールなどがあり、非常に賑わっています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜