旧フリーマントル刑務所は、オーストラリアの西オーストラリア州フリーマントルにあります。1991年11月まで実際に使用されていた刑務所です。囚人たちによって建築された建物で、内部の壁には囚人が描いた絵画などが残されており、閉鎖された後に大規模な建物の修復が行われ、現在では博物館として利用されていて、見学ツアーで刑務所内を見学することができます。2010年には、極めて保存状態の良いオーストラリアの囚人遺跡群として、ユネスコから世界文化遺産の指定を受けています。
歴史
旧フリーマントル刑務所は、1850年にイギリスからの流刑囚人たちを受け入れるために、囚人たちが建てた刑務所です。1988年に囚人たちが暴動を起こし、建物が深刻なダメージを受けたため。それを機に閉鎖されることとなり、1991年11月に閉鎖されました。2010年にオーストラリアの囚人遺産群として世界文化遺産に登録され、現在では博物館として利用されています。

見どころ
旧フリーマントル刑務所は、オーストラリアがイギリスの植民地だった頃から使用されてきた刑務所で、内部は使用されていたまま保存されているので、生々しい刑務所内を見学することができます。特に、死刑が執行されていた絞首室は見物です。また、囚人たちが描いた壁画の数々も、魂がこもった素晴らしい作品ばかりで、感慨深げにご覧頂けるでしょう。見学ツアーは毎日行われていて、ガイドが詳しく説明をしてくれます。また、週に2回、夜のツアーも行われていて人気を呼んでいます。
0アクティビティ
1/0ページ

旧フリーマントル刑務所 (観光情報) | パース観光| VELTRA(ベルトラ)

旧フリーマントル刑務所は、オーストラリアの西オーストラリア州フリーマントルにあります。1991年11月まで実際に使用されていた刑務所です。囚人たちによって建築された建物で、内部の壁には囚人が描いた絵画などが残されており、閉鎖された後に大規模な建物の修復が行われ、現在では博物館として利用されていて、見学ツアーで刑務所内を見学することができます。2010年には、極めて保存状態の良いオーストラリアの囚人遺跡群として、ユネスコから世界文化遺産の指定を受けています。