スワンバレー (観光情報) (観光情報) | パース観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
スワンバレー
4.65
広いワイナリーとしてオーストラリアで有名なのがスワンバレーです。このスワンバレーのブドウ園に半日くらいとどまって、さまざまなワイナリーをご覧になってみて下さい。スワンバレーには、比較的規模の大きなワイナリーもあれば、規模の小さな家族で経営しているようなワイナリーもあって多種多様なわけです。オーストラリアというとビーチや動物園のツアーが魅力的だという人もいますが、このようにワイナリー見学も楽しい思い出になるはずです。
歴史
スワンバレーの歴史は1827年、イギリス人のキャプテン・スターリング氏がギルフォードに入植したことに始まります。温暖な気候と肥沃な大地に目を付けたデビット・タンデム氏が、1829年にスワンリバーのほとりに現在も広大な敷地を持つオリーブファームワイナリー始めました。そして1840年、西オーストラリアで最初の土地鑑定官JohnSteptimusRoe氏は、肥沃なスワンバレーの河口にサンダルフォード・ワインズを設立しました。現在はPrendiville一家の所有となっており、西オーストラリア最古でかつ最大規模の私有ワイナリーの1つとなっています。1862年西オーストラリアを代表するワイナリーの一つ、ホートンワインズが創業されました。

見どころ
本当にオーストラリアに旅行に出かけてみたいと思った時には、オーストラリアの広大な土地の中で東西南北どのエリアを周遊するかを考える必要があります。西オーストラリアの観光を楽しみたい時には、スワン川の周辺に広がる観光地、スワンバレーというワイナリーを訪れてみてはいかがでしょうか。オーストラリアの西部を代表するぶどう園として知られているのがスワンバレーです。スワンバレーでランチを楽しんだり、スワンバレー周辺の奇岩の景色を楽しむピクナルズツアーにも参加してみましょう。スワンバレーではワインの味見も楽しめます。

パース人気アクティビティランキング

スワンバレーの新着体験談

楽しかったです

2020/03/07 家族 匿名希望

帰国日の午前中にちょうど良いと思って参加しました。ワイルドパークは、コアラとの写真やカンガルーの餌やりもなかなかできない経験ですが、その他の固有種の面々もとても可愛いですよ!ワイナリーは、小規模ですがアットホーム、従業員もフレンドリーで試飲... 続きを読む

閉じる

スワンバレーと優しさの旅

2020/02/22 カップル・夫婦 むぎの家

現地滞在初日での、ツアー参加でした。
私達はハネムーンとしての海外旅行でした。

ガイドのジョンさんには、本当に感謝です。
ツアーの最後には、一緒に写真も撮っていただきました。

普段はビール党な夫ですが、ワイナリー巡りを通して... 続きを読む

閉じる

のんびりした郊外のワイナリー巡りで命の洗濯

2020/02/20 ひとりで coolkohei

パースからわずかに30分車を走らせるだけでのどかな田園風景が広がるスワンバレーに到着。
おいしいワインをテイスティングしながら青空の下でのんびりできました。
サービス精神豊富なガイドのジョンさんの日本語にもびっくり語彙が豊富で驚かされま... 続きを読む

閉じる

パース最終日に利用

2020/02/20 カップル・夫婦 えりひさ

とても有意義な半日を過ごせました。
参加者は私達2人だけでしたが、ロットネスト島に行った時のガイドさんがまた一緒で、親近感もあり、また彼女の丁寧で詳しいガイドには、大変満足でした。ぜひおすすめの半日ツアーです。

カンガルーにかこまれて

2020/02/16 小さなお子様連れ かーちゃん

カバシャムでは触れることのできない動物たちに接し、カンガルー・ワラビーは餌をあげて可愛い!
ワインはとっても美味しかった。
ただしチーズを買って帰りましたが、保冷バックに入れても油が浮いていました残念!

あまりお勧め出来ません

2020/01/06 友達・同僚 hunkhero

ワイナリーとチョコレート店は殆ど付け足しといった感じで、カバシャムWILDパークをもっとゆっくり観たかったです。このツアーはあまりお勧め出来ません。

スワンバレー (観光情報) (観光情報) | パース観光 VELTRA(ベルトラ)
広いワイナリーとしてオーストラリアで有名なのがスワンバレーです。このスワンバレーのブドウ園に半日くらいとどまって、さまざまなワイナリーをご覧になってみて下さい。スワンバレーには、比較的規模の大きなワイナリーもあれば、規模の小さな家族で経営しているようなワイナリーもあって多種多様なわけです。オーストラリアというとビーチや動物園のツアーが魅力的だという人もいますが、このようにワイナリー見学も楽しい思い出になるはずです。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜