Veltra

© Photo by NEOM on Unsplash

新時代の冒険へ

Saudi Arabia

今こそ行きたい、サウジアラビア
  • サウジアラビア政府観光局

ついに観光ビザが解禁!
いざ、神秘のヴェールに包まれた王国へ

アラビア半島の8割を占める中東最大の国でありながら、
長きにわたり門を閉ざしてきたサウジアラビア。
イスラム教徒の巡礼など限られた外国人しか入国が認められず
「世界一入国が難しい」と噂された旅人憧れの地です。
そんな中東の秘境が2019年9月、待望の観光ビザ解禁を迎えました!
これまで神秘のヴェールに包まれてきた未知の国を、今こそ訪れてみませんか。

サウジアラビアマップ

サウジアラビアへのアクセス

日本からサウジアラビアへは、アブダビやドバイ、ドーハなどを経由して最短14時間。
現在直行便の就航はありませんが、中東やアジアの主要都市を経由すれば
+αでもう1ヵ国観光できるのが魅力。
サウジアラビア国内外にネットワークを広げる国営航空会社「サウディア」、
2025年新規就航予定の「リヤド航空」の日本への直行便開設に期待です!

サウジアラビアに
“今、行きたくなる” ポイント

  • まだまだ観光客が少なめ!

    まだまだ観光客が少なめ!

    2030年までに年間1億人の旅行者を誘致する国家目標を掲げ、観光客はどんどん増えていますが、今ならまだ世界遺産や人気の観光地でも比較的空いていてスムーズに観光できます。

  • 多種多様な風景

    多種多様な風景

    サウジアラビアはまさに「魅惑の宝石箱」。広大な砂漠、緑生い茂る世界最大のオアシスや、紺碧の海と鮮やかな珊瑚が美しい紅海、霧に覆われた高原、雪を冠する山地など、多様な風景が広がります。

  • 都市間の移動がスムーズ

    都市間の移動がスムーズ

    3つの航空会社が主要都市間に国内線を就航。リヤドとジェッダを結ぶルートは世界7位の乗客数を誇ります。また高速鉄道と高速バスネットワークが全土に広がっています。

  • 治安が良く過ごしやすい

    治安が良く過ごしやすい

    サウジアラビアは世界屈指の安全な国(Crime Index by Country 2023 Mid-Year で「安全な国」12位 ※日本は8位)。また外国人に宗教的思想や服装を強要することはありません。

  • 伝統とモダンの融合

    伝統とモダンの融合

    古き良きアラビア文化を継承しつつ、世界最新鋭の技術やデザインを取り入れることで独自の文化を生み出すサウジアラビア。「心地良さ」と「ワクワク」の両方を兼ね備えています。

  • 驚きと発見に満ちた体験

    驚きと発見に満ちた体験

    二千年の歴史に独特な宗教思想が根付いた豊かな文化。見るものすべてが新鮮で刺激的です。また政府が掲げる「ビジョン2030」により、近年更に驚きと発見に満ちた国に変貌しています。

Saudi Arabia

Places to Go

  • アルウラ

    アルウラ

    AlUla

  • アブハー

    アブハー

    Abha

  • リヤド

    リヤド

    Riyadh

  • ジェッダ

    ジェッダ

    Jeddah

  • メディナ

    メディナ

    Medina

  • 宿泊付きツアー

    宿泊付きツアー

    Multi-day Tours

Travel Tips

  • サウジアラビア高速鉄道

    サウジアラビア高速鉄道

    High Speed Rail

  • YOKKA

    YOKKA
    最新現地レポート

  • 旅の基本情報

    旅の基本情報

    Travel Information

AlUla

アルウラ

世界遺産の古代都市遺跡
マダイン・サーレハへ

かつて香料交易の中継地として栄えたオアシス都市「アルウラ」からはじまる感動の冒険物語。紀元前1世紀までさかのぼる都市遺跡を訪ねて古代に思いを馳せてみませんか。サウジアラビア初の世界遺産として登録されたマダイン・サーレハは観光のハイライトの一つです。

アートな砂漠
アートな砂漠

アートな砂漠

アルウラの砂漠はまさに自然が生み出したアートそのもの!日本では見られない360度の絶景、自然と現代建築が調和する不思議な空間が人々を誘います。究極の非日常体験を散りばめた洗練されたラグジュアリーをご体感ください。

  • おしゃれな民族衣装で街歩き

    おしゃれな民族衣装で街歩き

    サウジアラビアには日常的に民族衣装を身に着ける習慣があり、そんな人々が街ゆく景色もまた風情があるもの。男性は「トーブ(ソーブ)」、女性は「アバヤ」と呼ばれる服装がスタンダード。いずれもイスラムの戒律に従ったもので露出は少ないですが女性はデザインのバラエティーも豊富なので、現地のトレンドを取り入れたファッションに身を包んでみてはいかがでしょうか。

Abha

アブハー

夏でも涼しい
山岳リゾート

標高2,200m地点に位置する高原都市。国内の大部分を砂漠が占めるサウジアラビアでは珍しく、緑豊かで真夏でも比較的過ごしやすいとされる人気の避暑地です。険しい地形と気候が生み出した固有の伝統文化は食、建築、生活様式に至るまで浸透し、今日まで変わることなく受け継がれています。

アシール国立公園
アシール国立公園

アシール国立公園 Asir National Park

サウジアラビア最高峰であるソウダ山(標高3,015m)をはじめ、マングローブが生い茂る森、砂漠の丘陵地帯など多様性に富んだ自然が広がる国立公園。シカやオオヤマネコのほか、ヌビアアイベックスなどアラビア半島の固有種を含むおよそ300種以上の生き物が生息する楽園です。

  • 伝統料理の味を堪能

    伝統料理の味を堪能

    古来より香料の貿易の経由地として栄えた、サウジアラビア。その影響から郷土料理はスパイスが使われたものが多く、風味豊かな味わいを感じさせるものばかり。唐辛子を使うようなスパイシーな食べ物はほとんどないので、辛い物が苦手な人でも安心して楽しむことができます。定番料理は「カブサ」と呼ばれるサウジ流の炊き込みご飯。スパイスやヨーグルトで味付けしたお肉や野菜をお米と一緒に炊き上げた食べ応えのある逸品です。

Riyadh

リヤド

急速な成長を遂げる
サウジアラビアの首都

近年急速な成長を遂げるサウジアラビアの首都。国家が掲げる「サウジ・ビジョン2030」のプロジェクトの一環で、新たなランドマークとなる巨大建造物「ムカーブ」や世界最大規模の都市公園の建設など、新たなスポットが続々と誕生する予定です。近郊には世界遺産の古都やダイナミックな絶景が広がる砂漠など、日帰りで楽しめる見どころが満載。

旅のはじまり
旅のはじまり

旅のはじまり

サウジアラビアでは空港に降り立った瞬間から、異国情緒溢れるムードに包まれます。すれ違う人々は中東ならではの民族衣装に身を包み、街の至るところにモスクが点在し、アザーン(礼拝時間を告げる呼び声)が響き渡る。リヤドはそんな中東らしさ溢れる素朴な魅力が最も感じられる場所です。

  • サウジアラビア流のおもてなし

    サウジアラビア流のおもてなし

    サウジアラビアでは「カフワ(Qahwah)」と呼ばれるコーヒーの一種が親しまれています。黄金色の正体は、カルダモン。インド式のミルクティーにも使われるポピュラーなスパイス。国土の広いこの国では地域ごとに焙煎の好みからスパイスの組み合わせ、配合まで異なるのだそう。甘さたっぷりのデーツとの相性抜群です。

  • スークでショッピング

    スークでショッピング

    ローカルな雰囲気を満喫するならスークは欠かせません。市場にはスパイスやはちみつから、生活雑貨、伝統工芸品に至るまで様々なものが集います。伝統衣装や香水といった中東ならではのお土産をお探しの人はもちろん、地元の生活を肌で体感したい人にもおすすめ。

Jeddah

ジェッダ

サウジアラビア
第2の都市

西部沿岸部に位置し、リヤドに次ぐ2番目の人口を誇る港湾都市。聖地メッカへの巡礼の玄関口として発展した歴史深い街で、リゾートの要素と趣のある世界遺産の旧市街が絶妙なバランスで混在するのが特徴です。観光はもちろん、お食事やショッピング、最新のエンターテイメントまで様々な見どころが集います。

女子旅にもぴったりのお洒落な街
女子旅にもぴったりのお洒落な街
女子旅にもぴったりのお洒落な街

女子旅にもぴったりのお洒落な街

国際的なムードが漂うハイセンスな街はおしゃれなカフェやレストラン、ブティックなど女性に嬉しい見どころが盛りだくさん!可愛い建物が立ち並ぶ旧市街を散策したり、雑貨・アクセサリーが揃うスークでショッピング、全長30kmにわたって延びるコーニッシュで気分をリフレッシュしたりなど楽しみ方は人それぞれ。紅海のビーチや山岳リゾートを訪れる拠点としても便利なロケーションです。

  • 紅海沿いのビーチリゾート

    紅海沿いのビーチリゾート

    砂漠やイスラム建築のイメージが強いサウジアラビアですが、実は紅海は世界のダイバーが憧れるダイビングスポット。ジェッダをはじめ紅海沿岸は人気のビーチリゾートにもなっています。場所により水着や服装の規定が変わるので注意が必要ですが、プライベートビーチでは女性のビキニが許容されているところも。詳しくはこちらもチェック。

  • イスラム教の聖地メッカ

    イスラム教の聖地メッカ

    預言者ムハンマド生誕の地で、イスラム教において最も重要とされる聖地。
    残念ながら非ムスリムは立ち入ることができませんが、イスラム教を信仰する者は少なくとも一生に一度はメッカへ巡礼するよう義務付けられています。
    メッカ巡礼の玄関口として親しまれるジェッダからは、ハラマイン高速鉄道を利用して最短34分!大巡礼(ハッジ)の時期には毎年200~300万人もの人々が訪れます。

The Red Sea Project

自然を生かした再生型観光プロジェクト

© visitredsea

自然を生かした再生型観光プロジェクト

© visitredsea

自然を生かした再生型観光プロジェクト

© visitredsea

自然を生かした
再生型観光プロジェクト

西側の紅海沿岸地域では「レッド・シー・プロジェクト(The Red Sea Project)」と称される大型プロジェクトが進行中!大小90以上の島々が点在するカラフルなサンゴ礁や熱帯魚をはじめとする自然豊かなエリアには22の島々と6つの内陸部から成る新たなリゾート地が誕生予定。

Medina

メディナ

イスラム教の
二大聖地の一つ

メッカと共にイスラム教の二大聖地として親しまれる宗教都市。アラビア語で「預言者の町」を意味し、その名の通り預言者ムハンマドがメッカより住み弔われた場所とされています。高速鉄道を利用すればジェッダから2時間以内でアクセスできるので、日帰り観光におすすめです。

最大の見どころ預言者のモスク

最大の見どころ預言者のモスク Al-Masjid an-Nabawi

サウジアラビアを訪れるなら、預言者のモスクは見逃せません。ここはメッカの聖モスクに次いで宗教および歴史的に重要とされる場所で、ムハンマドの霊廟としてもお馴染みです。ムハンマドが622年に住居を構えていた場所に位置し、ハッジ(大巡礼)の時期を中心に毎年多くの人が訪れます。非ムスリムの観光客は基本的に入場できませんが、壮麗な外観は一見の価値ありです。

  • 知っておきたい現地マナー

    知っておきたい現地マナー

    サウジアラビア人はプライバシーを重んじる国民性で、特に女性は写真を撮られることを好まない傾向にあります。路上で現地の人物を被写体とする写真撮影はトラブルを招く可能性があるため注意が必要です。なんとなく景色を撮影しているつもりでも、女性を撮影したと誤解される行動はなるべく控えるようにしてください。万が一、写真に人が写る場合は念のため事前に聞いてみるのが理想です。その他、軍事施設はもちろん、警察署などの省庁や空港など国家インフラ施設の撮影は禁じられているのでご注意ください。

Multi-day Tours

宿泊付きツアー

"いいとこ取り"の
個人旅行向けプラン

「自由に旅行をしたいけど、あれもこれも自分で手配するのは面倒」といったニースに応え、ホテル宿泊+移動+観光がセットになったお得な周遊ツアーが登場!自由度はありながらも、サウジアラビアを個人旅行するのに必要なものが揃っていて、"いいとこ取り"なプランです。

味わい深いサウジアラビアの地方へ
味わい深いサウジアラビアの地方へ
味わい深いサウジアラビアの地方へ

味わい深い
サウジアラビアの地方へ

ゲートウェイとなるリヤドとジェッダは、日本でいうところの東京と大阪。雰囲気も人の印象も大きく異なるため、是非とも両方の都市に訪れたいものです。またサウジアラビアはアラビア半島の8割を占める広い国だけに、都市により風土が異なります。味わい深い地方へ足を延ばしてみましょう!

  • ノンアルドリンクのバラエティーが豊富

    ノンアルドリンクの
    バラエティーが豊富

    イスラム教を国教とするサウジアラビアでは飲酒が固く禁じられています。
    レストランやバーではビールやカクテルの提供が行われていますが、すべてノンアルコールで、日本からお酒を持ち込むのも禁止となっています。サウジアラビアを訪れる際は、アルコール・デトックスして心とカラダをリセットしてみませんか。現地のカクテルは工夫が施されたものが多く、見た目も華やかなので色々と試したくなってしまうこと間違いなし!おすすめはレモンミント、中東の夏に欠かせないフレッシュな味わいがクセになります。

The NEOM Project

異次元の未来都市計画プロジェクト「NEOM」

© NEOM

異次元の未来都市計画プロジェクト「NEOM」

© NEOM

異次元の未来都市計画
プロジェクト「NEOM」

サウジアラビア北西部で建設中の未来都市 NEOM(ネオム)。これは政府が掲げる 「ビジョン2030」のひとつに数えられるプロジェクトで、21世紀最大の都市開発といっても過言ではありません。
テクノロジーとイノベーションにより人類の進歩を加速させる、 SF映画のような世界が近い将来完成を迎えます。

High Speed Rail

サウジアラビア高速鉄道

美しい駅舎にも注目!

© VELTRA Staff

美しい駅舎にも注目!

美しい駅舎にも注目!

世界中の鉄道ファンが注目するサウジアラビアの高速鉄道。西側(HHR)のメッカ~ジェッダ~メディナの二大聖地を結ぶルートは最高時速300kmで、スペインの高速列車「AVE」の車両と技術を採用しています。世界最速の時速180km~200kmのディーゼル車両が運航中の東側(SAR)はリヤドからダンマームなど東海岸(イーストライン)や北部(ノースライン)へネットワークを拡大中です。アラビアのデザインを取り入れた鉄道駅は、とにかく美しいの一言。鉄道に乗らずとも、建築物として見学する価値があります。

  • ビジネスクラスもおすすめ

    © VELTRA Staff

    ビジネスクラスもおすすめ

    © VELTRA Staff

    ビジネスクラスもおすすめ

    © VELTRA Staff

    ビジネスクラスもおすすめ

    サウジアラビアの鉄道はビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス。座席配置はビジネスクラスが通路を挟んで1-2、エコノミークラスが2-2。日本ではほぼ廃止になった食堂車が連結されています。ビジネスクラスとエコノミークラスは価格差以上にサービスの差があります。ビジネスクラスは出発駅で豪華なビジネスクラスラウンジ(食事と飲み物を提供)が利用できるほか、車内でも機内食のような食事の提供があります。価格差を考えると、ビジネスクラスの方がお得かも?!

現地最新レポート

YOKKA

現地を訪れたベルトラスタッフが、サウジアラビアの魅力を徹底解説!行ってみてはじめて分かった驚きの最新事情から、旅に役立つ具体的なアドバイスまで、サウジアラビア情報をたっぷりとお届けします。
サウジアラビアで体験したい10のこと

サウジアラビアで
体験したい10のこと

メジャーな旅行先に比べると、観光情報はまだまだ少ないサウジアラビア。「行ってみたいけど何をしたら良いか分からない」と思うあなたに、とっておきのおすすめ体験をまとめました。中東ならではの魅力を、思う存分満喫しませんか。

サウジアラビアってどんな国?観光に役立つ基本情報

サウジアラビアってどんな国?
観光に役立つ基本情報

実際に現地を訪れたスタッフが、サウジアラビアへの旅行に役立つ基本情報をご紹介!現地の治安からおすすめの服装や日数まで初心者でも分かりやすくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

【エリア別】サウジアラビアのおすすめ観光地22選

【エリア別】サウジアラビアの
おすすめ観光地22選

広大な国土面積を誇るサウジアラビアを訪れるなら、事前のリサーチは欠かせません!本記事では、皆さんの好奇心を満たすサウジアラビアのおすすめ観光地をエリア別にご紹介します。あなたの旅にぴったりの、素敵な場所を見つけてください。

【リヤド】旅行体験記!アラビア世界に染まる2泊3日

【リヤド】旅行体験記!
アラビア世界に染まる2泊3日

かつて「世界一入国が難しい」と揶揄された国だけに情報が少ないサウジアラビアですが、だからこそ訪れてみたいという人は多いはず!今回は、サウジアラビアを旅するなら欠かせない首都リヤドの魅力を、現地を訪れた視点を交えてご紹介します。

【アブハー】中東の高原リゾートの魅力をご紹介

【アブハー】中東の高原リゾートの
魅力をご紹介

今回ご紹介するのは、サウジアラビア西部に位置するアシール地方。他の都市に比べると、外国人観光客が圧倒的に少ないエリアで、中東ならではの異国情緒を肌で感じるには最適なディスティネーションです。少しだけ足を延ばして、冒険してみませんか。

サウジアラビア基本情報 Travel Information

正式国名
サウジアラビア王国(Kingdom of Saudi Arabia)
首都
リヤド(Riyadh)
言語
公用語はアラビア語です。英語も広く話されており、日常の商取引や業務で使用されています。すべての道路標識も、アラビア語と英語で表示されています。
宗教
イスラム教
人口
約3,218万人(2022年)
通貨
サウジリヤル(SAR)
日本との時差
日本の方が、サウジアラビアより6時間進んでいます。
面積
約2,150,000平方キロメートル(日本の約5.7倍)
フライト情報
直行便の就航はなく、東京(羽田・成田空港)または大阪(伊丹・関西国際空港)から中東やアジアの主要都市を経由する乗継便を利用してアクセスするのが一般的です。
経由地での乗継時間により異なりますが、片道あたりの所要時間は最短14時間。トランジットをうまく活用すれば、アラブ首長国連邦やカタールなどの経由地での観光も楽しめます。
ビザ・パスポート
入国にはeVisa(査証)またはアライバルビザの取得が必須。eVisaの有効期間は1年間(マルチエントリー)で1回の入国につき最長90日まで滞在可能です。
※詳しくはこちらをご覧ください。
服装
サウジアラビアを含むイスラム圏では肌の露出および体のラインがわかる服装がNGとされています。法律が適用されるような厳しい規制ではありませんが習慣として根付いているものなので、現地の文化に配慮した服装を心がけるのが理想です。
外国人観光客であれば基本的に服装は自由ですが、男女問わず膝や肩の露出は控えるようにしましょう。
チップ
チップの習慣はありませんが、良いサービスを受けた場合はお渡しすると喜ばれます。金額は料金の5~10%が目安。例えば、レストランのウエイターやタクシードライバーはお釣りをお渡しするといった程度でも十分でしょう。
リヤドやジェッダなどの大都市にある空港ではチップを目的とするポーターが勝手に荷物を運んでしまうことが度々報告されているので、不要であれば相手にしっかりと意思を伝えてください。
現地での移動手段
国土の大部分は国内線や高速鉄道の路線でカバーされており、長距離でも短時間かつスムーズに移動することができます。スペインの高速列車「AVE」の技術を採用した次世代の高速鉄道の最高時速は300km!2023年9月現在、リヤド~ダンマーム間を結ぶサウジアラビア鉄道公社(SAR)、およびジェッダ~メディナまたはメッカを繋ぐハマライン鉄道が主要路線として運行しています。
長距離バスも存在しますが、旅行者には少し難易度が高めといった印象。
800km以上の距離があるリヤド~ジェッダ間の移動などは国内線の利用が便利です。ただし、遅延が発生しやすいためスケジュールには余裕を持って予約するのが理想となります。
ベストシーズン
サウジアラビアを訪れるなら、気候が穏やかで過ごしやすい11~3月がおすすめです。
夏は内陸部を中心に40度以上になることも珍しくありませんが、この時期は日中の平均気温が20度台と比較的涼しいのが特徴です。
日本の6倍あまりにおよぶ広大な国土面積を誇るこの国は多彩な地形を誇り、標高2,000m以上の高原では12月から3月頃にかけて雪が降ることも。
高地は真夏でも日本より涼しい傾向にあるので、ハイキングや自然観察を楽しむには最適です。
ラマダン期間中の旅行について
ラマダン(Ramadan)はイスラム教徒にとって一年で最も神聖な月。イスラム圏では一年に一度、約1ヵ月にわたって断食が行われます。これは日の出から日没までの間、飲食や喫煙などさまざまな欲を絶つ「ムスリムの義務」の一つとされています。
ラマダン期間はイスラム暦(ヒジュラ暦)に基づいているため日にちは毎年異なりますが、この時期は飲食店をはじめ博物館などの公共施設の営業時間が不規則になるため訪れる際は事前に確認することをおすすめします。また、非ムスリムでも日中に公然と飲食や喫煙をするのはタブーとされているので、ムスリムに配慮した行動を心がけるようにしましょう。

© Photo by NEOM on Unsplash

© Photo by NEOM on Unsplash

写真提供:サウジアラビア政府観光局

\ Win Free Air Tickets /

サウジアラビア行き
航空券プレゼント
キャンペーン

アンケートに答えた方から抽選で
1名様に
サウジアラビアへの
往復航空券をプレゼント!

サウジアラビア行き航空券プレゼントキャンペーン

成田 ↔︎ サウジアラビア
往復航空券

行き先はリヤドまたはジェッダ
から選べます。

1名様

「航空業界のオスカー」と称されるSkytraxのアワードで
数々の受賞歴を誇る、カタール航空のフライトをお楽しみください。

カタール航空
  • 応募期間 
    2023年9月27日(水) ~12月26日(火)
  • 渡航期間* 
    2024年3月1日(金) ~ 6月30日(日)

*一部対象外の期間(繁忙期)や満席による予約不可など、ご希望に沿えない場合がございます。

応募要項・規約

上記の応募要項・規約を必ずお読みください。
応募をもって本規約に同意したものとみなされます。

サウジアラビア政府観光局

  • youtube
top