北京から西南に50km、車で約1時間の場所にある「周口店」は1929年に北京原人の頭蓋骨が発見された場所で、1987年に世界文化遺産に登録されました。
北京原人は今から50万年ほど前の時代に生きていたホモ・エレクトスの中間で、火や石器を使用し、洞窟の中で暮らしていました。発掘現場となった洞窟も現在では本格的な整備が行われ、ふもとには博物館が建てられています。北京原人の石器や動物の骨などの出土品、実際に北京原人が暮らしていたとされる洞窟などを見ることができるオプショナルツアーをお楽しみください。
0アクティビティ
1/0ページ

エリアからツアーを探す

周口店 (世界遺産) | 北京の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

北京から西南に50km、車で約1時間の場所にある「周口店」は1929年に北京原人の頭蓋骨が発見された場所で、1987年に世界文化遺産に登録されました。 北京原人は今から50万年ほど前の時代に生きていたホモ・エレクトスの中間で、火や石器を使用し、洞窟の中で暮らしていました。発掘現場となった洞窟も現在では本格的な整備が行われ、ふもとには博物館が建てられています。北京原人の石器や動物の骨などの出土品、実際に北京原人が暮らしていたとされる洞窟などを見ることができるオプショナルツアーをお楽しみください。