トナカイに引かれながら眺める北欧の森の雪景色、きれいでした

投稿者: ちゃい, 2016/08/13

服ブーツ手袋など全てついていたので、ホテルから集合場所まで身軽な服装でオッケーでした。
そりに座ってトナカイに引かれていただけですが、5年間有効の「トナカイ操縦免許証」がいただけました(^^)
ソリを引っ張るトナカイが途中、みんなで一斉にオシッコをする場面がありました。おもしろかたです!また、ソリを引きながらフンもします。フンがお尻から出てくるのが真正面に見られるので、出てくる度に友人とムービーなど撮りながら笑っていました。

汚い話になってしまいましたが、トナカイソリで北欧の森の雪景色の中を行くことができてよかったです!


評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/02/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

のんびりと白銀の世界を楽しめます。

投稿者: Honey's MAMA, 2016/06/12

犬ぞりと迷った末、トナカイぞりに参加しました。相当な寒さを覚悟しましたが、そりにはトナカイの毛皮が敷いてあり、暖かかったです。
トナカイはゆっくりと森?の中を走り、白銀の世界をたっぷり楽しめました。
そり体験のあとは、おいしいコーヒーとお菓子をご馳走になり、トナカイやラップランドの暮らしについてガイドさんからお話しを伺ったりして、興味深かったです。
日本人のガイドさんだったので、何の心配もなく、参加出来ました。
また、行くことがあれば、参加したいです。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2015/12/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

トナカイかわいかったです!

投稿者: nozomin, 2016/04/05

とにかくフィンランドに行くからにはトナカイに会いたい!という子供たちの希望もあり、初めてなのでぜひソリの体験もしてみようと参加しました。
森林の中をゆったりゆったり進むトナカイたちはおとなしくてかわいらしく、景色も美しくて、とてもいい経験でした。トナカイぞりは数台がガイドさんの操縦するソリにつながっている形なので、自分で操縦する必要はありません。そのためゆっくりと景色を楽しんだり写真を撮ったりできるのですが、乗っているだけなのでやや冷えました。お天気にもよりますが、足のホッカイロなどもあるといいかもしれません。ソリのあとはトナカイにコケをあげられるふれあいタイムがあって、子供たちは大喜び。一緒に家族写真を撮っていただけたりもします。その後小屋に入ってお茶を頂きながらトナカイのことやサーミ人についての説明を日本語ガイドさんから聞く事が出来ました。半日ツアーなので午後も有効に使えてよかったです☆


  • こんな風に何台もそりがつながっています。トナカイさん、歩きながらおしっこもうんちもしちゃうので、ちょっとドキドキしましたが、飛んではきませんでした^^;;

評価:
利用形態:小さなお子様連れ
参加日:2016/03/02
この体験談は参考になりましたか? [はい]

北欧の森を行くトナカイぞり

投稿者: みゅーすけ, 2016/03/26

フィンランドを旅するなら、
トナカイぞりにもぜひ乗ってみたいと思い、
このツアーに参加させていただきました。
約1時間に渡りトナカイぞりを体験させていただいた後、
小屋で暖かな飲み物とパンをいただきながら、
トナカイやサーメの人々のくらしについての話をうかがい、
楽しい時間を過ごすことができました。


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/02/29
この体験談は参考になりましたか? [はい]

気分はサンタさん

投稿者: Yの姉さん, 2016/03/20

まず、ホテルに車で迎えに来てもらい、ラップランドサファリ社のオフィスに行きました。そこで防寒服・手袋・靴下・ブーツを借り、車で約15分の所にあるトナカイぞり体験場所に移動しました。
到着すると、トナカイ!トナカイ!トナカイ!思わず写真を撮りまくってしまいました。そりに乗ってしまうとお尻しか見えなくなるので、トナカイの顔を撮影するなら到着直後のこの時間が狙い目かと思います。
そしていよいよトナカイぞり体験スタートです。トナカイの毛皮が敷いてある、まるでサンタクロースのそりのようなそりに二人一組で乗り込みました。そりは小屋を目指してゆっくりとした歩調で木々の中を進んでいきました。スリルを求める人には物足りないかもしれませんが、非日常の体験にとても癒され、大満足でした。ゴール地点で自分のそりをひいてくれたトナカイに餌をやり、トナカイとはお別れです。
トナカイと別れた後は、小屋の中でコーヒー又は紅茶とケーキをいただきながら、サーメ人のお話を聞きました。英語でのお話なのですが、日本語訳が配られるので安心です。さらに、トナカイぞり操縦ライセンスのプレゼントというお土産もありました。
最後に、車でオフィスに戻って借りたものを返却し、終了です。全体で2時間~2時間半でした。
ちなみに、今回参加した某旅行会社のオプショナルツアーにもトナカイぞりがあったのですが、VELTRAで申し込んだ方が断然お得でした。

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/03/12
この体験談は参考になりましたか? [はい]

トナカイぞりに初めて乗りました

投稿者: よーこ, 2016/03/20

トナカイに乗ってみたいと思って、女子5人で参加しました。
英語のツアーと聞いていたのですが、たまたま日本語も話せるスタッフがいて、安心しました。

二人1組になってトナカイぞりに乗りました。引っ張ってくれたトナカイは少し小柄な真っ白な子でした。そりに乗って、森の中を散策しました。一面、真っ白な雪と木々で、聞こえてくるのはそりの音だけ。トナカイが立ち止まると、あたりは完全に無音。とても不思議な感じでした。
マイナスイオンをたっぷりあびて、リラックスできました。
ただ、防寒具はレンタルだったのですがが、口元や上半身が寒かったです。中にしっかり着こんで、口元を覆うべきだったと思います。

トナカイぞりの後は、トナカイにえさをあげました。
その後は、コテージで温かい飲み物と出来たてのお菓子をいただきながら、トナカイやサーリセルカの文化などについてのお話を聞きました。日本語だったので、良かったです。

なかなか間近でトナカイと触れ合う機会がないので、お勧めのツアーです!


評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/02/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

楽しかったです

投稿者: nagi, 2016/03/06

初めてVELTRAさんを利用させていただきました。案内してくださった方の対応も良く、楽しんで参加することができました。防寒着を貸してくださったのですが、それでもソリに20分ほど動かずに乗っていると、凍えそうになってしまいました。犬ぞりとは違って、幾つかのソリをつなげてゆっくりと進んで行くという感じでした。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2015/12/27
この体験談は参考になりましたか? [はい]

まさかのトナカイ酔いしました…

投稿者: disney, 2016/02/26

たぶんトナカイ牧場に行くまでのバスで酔ったからだと思いますが、トナカイにそりを引かれている間もずっと気持ち悪くつらい時間になってしまいました。そりに乗っているところを写真に撮ってくれたり、トナカイの説明を日本語でしてくれたのでツアー内容としてはとてもよかったです。思ったよりスピードは遅く、だんだん体が冷えてくるので厚着をおすすめします。そりに乗っている間はひたすらトナカイのおしりを見ていることになります(笑)


評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/02/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

北欧の雰囲気を味わえる

投稿者: はむこ, 2016/02/15

雪深いところをトナカイそりに乗って
のっそりのっそり歩くのは
北欧に来たなぁとのんびりできる良い機会でした。

コーヒーと一緒にいただいた焼き立ての焼き菓子もおいしかったし。

日本人の案内人の方でしたので
それも落ち着いてゆっくりできた一因だったと思います。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/02/11
この体験談は参考になりましたか? [はい]

雪景色の中のんびり散歩

投稿者: もふもふ, 2016/02/03

バスで到着後、二人組でそりに乗り込み、出発。
雪景色の中をゆっくり進みます。正確な時間は計っていませんが、結構長い距離を一列になって進んでいきます。
トナカイが引っ張ってくれる後ろ姿と回りの美しい景色をのんびりと楽しむことができて大満足でした。
レンタルできる防寒着とソリの毛布だけでは少し冷えてくるので、自分でも寒さ対策は必要かと思います。
小屋の中のレクチャーも興味深く、日本語の解説も配られるのでよく理解できました。
ただ、トナカイソリの免許証が日本語で書いてあり、写真も自分の写真ではないなど作りが雑なのが残念でした。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/01/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]
前へ | 1 | 2 |

一度は経験したい!トナカイぞり体験半日ツアー<12月~4月/午前/サーリセルカ発>の参加体験談 | フィンランド(フィンランド)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

一度は経験したい!トナカイぞり体験半日ツアー<12月~4月/午前/サーリセルカ発>の参加体験談 | トナカイが引くソリに乗って、のんびりと大自然の中を散策してみませんか?かつてラップランドの冬の移動手段は、トナカイが引くソリのみでした。古き良きラップランドの生活に思いを馳せ、静寂に包まれた北極圏の雄大な大自然を満喫します。