漢江 (観光情報) (観光情報) | ソウル観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
漢江
3.99
漢江とは韓国の中部に位置する江原道、忠清北道、京畿道、ソウルをつなぎ西海に流れる川をいいます。 韓国で最も大きい川です。
漢江は総面積26,018平方キロメートル、長さ514.8km、直轄河川15個、長さ813km、地方河川12個、長さ553km、準用河川678個、長さ5,890km、河川、合計705個、長さ7,256kmで構成されており漢江の本流である京畿道、楊平郡、両水里、地点で南漢江と北漢江が合流しています。
歴史
漢江は古語で「大きくて広い川」という意味で使われたという主張もあります。 一方、朝鮮時代には「京江」とも呼ばれたともされており、外国文献には「ソウル川」と呼ばれたという記録もあります。 朝鮮半島の中央平野地帯を占める漢江下流部は新石器時代から文化の発達の発祥地であったとされており、三国時代の曹丕の要地となりました。 特に朝鮮時代の太祖が首都下で政治、経済、文化を統括して以来、今現在に至っています。 

見どころ
ソウルの東西を流れる川というだけではなく、川沿いにはオフィス、文化施設、商業地、韓国名所なども数々立ち並んでおり、「ソウル市民の橋」と呼ばれています。漢江には多くの公園があり、そこで各種イベントや花火大会も行われ、市民の憩いの場となっています。また漢江をまたぐ遊覧船ツアーは、そよ風に吹かれながら韓国の中心地を眺める絶好の観光名物となっており、韓国国内からの観光客だけでなく、海外からの観光客にも人気があります。

ソウル人気アクティビティランキング

漢江の新着体験談

安心して効率よく回れる。

2020/05/08 家族 T.C

本韓国旅行期間中、二度目のveltraツアー利用。18時、まだ日はくれていない時間帯にロッテホテルの二階のツアーデスク前に集合。場所は一階ロビーから入ってエスカレーターを登ったら目印の看板があるので迷うことはありません。その後、ワゴン車です... 続きを読む

閉じる

家族で楽しめました。

2020/01/07 家族 コマちゅ。

当日は日中にソウル市内を観光させて頂きました。
今まで知らなかった歴史を教えて頂きまして
とても勉強になりました。
夜はナイトツアーに参加させて頂き
東西南北城壁山頂から夜景を見れ、素晴らしさにとても感動致しました。
昼と夜で街並... 続きを読む

閉じる

初めてのソウル観光で念願のソウルタワーへ

2019/11/04 家族 りんりん

娘と2人で韓国1泊2日の弾丸旅行に行きました。ついた日の晩にこの夜景ツアーに参加しました。運よく2人だけの参加でして、ゆったりと過ごせました。
市内の焼肉屋さんに連れて行ってもらい骨付きカルビの夕食へ→お肉がやわらかく、サンチュにのせ、コ... 続きを読む

閉じる

夜のソウルを満喫しました。

2019/10/14 カップル・夫婦 ミツエ

以前からソウルの夜景を楽しみたいと思っていたのですが、国外では交通とか治安とかに不安があり躊躇していました。今回、こちらのツアーに参加させて戴き、安心して綺麗な夜景を楽しむことができました。ガイドさんも親切で、ソウルのことを色々教えてくださ... 続きを読む

閉じる

とても満足な夜景ツアーでした。

2019/10/10 カップル・夫婦 hirosan

ロッテホテルソウル内のツアーラウンジで待ち合わせに、ガイドさんは10分前に来てくださり不安な事はありません。とても感じの良い日本語が上手な方で案内はもとても丁寧で好感が持てました。噴水ショーでは場所の案内や座る敷物を用意して頂いたり、カメラ... 続きを読む

閉じる

出だしはハラハラ ツアー中はワクワク

2019/10/01 友達・同僚 べっぴん

到着した日にツアーに参加させて頂きました。
スタートが遅いので、到着した日に参加できるのは有難いです。

参加当日、集合場所に遅れたらダメだと思っていたら、集合時間の30分前に着いてしまい、そのまま待っていました。

しかし、時間... 続きを読む

閉じる
漢江 (観光情報) (観光情報) | ソウル観光 VELTRA(ベルトラ)
漢江とは韓国の中部に位置する江原道、忠清北道、京畿道、ソウルをつなぎ西海に流れる川をいいます。 韓国で最も大きい川です。 漢江は総面積26,018平方キロメートル、長さ514.8km、直轄河川15個、長さ813km、地方河川12個、長さ553km、準用河川678個、長さ5,890km、河川、合計705個、長さ7,256kmで構成されており漢江の本流である京畿道、楊平郡、両水里、地点で南漢江と北漢江が合流しています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜