マーライオン公園 (観光情報) (観光情報) | シンガポール観光 VELTRA(ベルトラ)
マーライオン公園には、マーライオンとミニマーライオンがあります。ミニマーライオンは、ツーショットで記念写真が撮れるようになっています。マーライオンは、川へ水を吐き出すように設置されています。マーライオンは、ライオンの頭部と魚の下半身からなっています。これを考案したのは、シンガポールの土産物委員会の一員であったフレイザー・ブラナーさんです。マーライオン公園は、夜にライトアップされ、より一層楽しめるようになっています。実は、マーライオンを見る上でも注意点がありまして、水しぶきが飛んでくる場合があるということです。風が強い日は特に注意しながら、見学してください。
歴史
1972年に、エスプラネード付近のシンガポール川の河口に、マーライオンは設置されました。同年9月15日に、シンガポールで初めての首相である、リー・クアンユーオンによって、除幕式が行われました。しかしその後、この川にエスプラネード橋が架かってしまったため、正面から見えなくなってしまいました。2004年4月に、現在のマーライオン・パークに移されました。

見どころ
【案内板】昔、王子がシンガポール川の近くで、ライオンと思われる動物に出会った時に、ライオン(シンガ)+町(プーラ)で「シンガプーラ」という名前を付けたという伝説が詳しく書いてあります。
【ミニマーライオン】本家のマーライオンの近くに小さいマーライオンがあります。記念撮影ができます。
【ライトアップ】夜になると、ライトアップされます。すると、近くの柱状のライトが赤や青になります。また、周辺の建物も光るので、マーライオンと合わせて見ると綺麗です。
6アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    内容盛りだくさんのシンガポール1日観光ツアー。昼間はマリーナ地区をたっぷり観光、夜は夜景を楽しみながらリバークルーズ、光のショーなどお楽しみください。夕食はシンガポール名物チリクラブです。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    SGD340.00

    毎日
    12 ~ 12.5時間 (午前)
  2. No.2
    シンガポールをたっぷり堪能できる、市内観光の決定版ツアー!日本語ガイドが市内の見どころへ効率よくご案内します。マーライオン公園や世界遺産シンガポール植物園など、シンガポールの外せない観光スポットを網羅できるツアーです♪
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    SGD189.00

    毎日
    7.5 ~ 16.5時間 (午前, 深夜)
  3. No.3
    リバークルーズから眺めるシンガポールの夜景…選べるチリクラブの夕食も魅力!マリーナベイサンズの光と水のショー「SPECTRA」とガーデンズバイザベイのOCBCガーデン・ラプソディ・ショー鑑賞もできる充実ツアー!
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    SGD100.00

    毎日
    4 ~ 4.5時間 (夜)
  4. オープントップバスで爽快にシンガポール名所観光!見所をぎゅっと半日にまとめたお得なプランです。バスを降りたらマリーナ・ベイ・サンズのスカイパーク、リバークルーズ船にてマーライオン公園へ。スカイパーク入場、ランチメニューはそれぞれ選択可能です。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    SGD150.00

    毎日
    4 ~ 4.5時間 (午前)
  5. シンガポール観光決定版!マーライオン公園、マリーナ・ベイ・サンズ、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイとシンガポール人気観光地を訪れます。午後からは動物三昧!シンガポール動物園を満喫した後はナイトサファリで夜の探検に出発♪
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    SGD252.00

    毎日
    12.5 ~ 13時間 (午前)
  6. シンガポールのシンボル「マーライオン」、最も有名なベイフロントの像以外にもあることをご存知ですか?そのすべてを巡るユニークなツアーがこちら♪日本語ガイドが隠れネタをご案内。初めてのシンガポール旅行にも、リピーターにもおすすめのツアーです。
    日本語対応あり

    SGD125.00

    毎日
    3時間 (午後)

シンガポールの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

マーライオン公園 (観光情報) | シンガポール観光| VELTRA(ベルトラ)

マーライオン公園には、マーライオンとミニマーライオンがあります。ミニマーライオンは、ツーショットで記念写真が撮れるようになっています。マーライオンは、川へ水を吐き出すように設置されています。マーライオンは、ライオンの頭部と魚の下半身からなっています。これを考案したのは、シンガポールの土産物委員会の一員であったフレイザー・ブラナーさんです。マーライオン公園は、夜にライトアップされ、より一層楽しめるようになっています。実は、マーライオンを見る上でも注意点がありまして、水しぶきが飛んでくる場合があるということです。風が強い日は特に注意しながら、見学してください。