ボタニック・ガーデン (観光情報) (観光情報) | シンガポール観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報
ボタニック・ガーデン
3.99
東京ドーム13個分もの広大な敷地を持つボタニック・ガーデンはシンガポールの国立植物園で、現地の憩いの観光スポットとなっています。鮮やかな熱帯植物にあふれ、熱帯で咲くハイビスカスやプルメリアなどの美しい花々もたくさん咲いています。訪れる時期によって花々も変わるのがまた見所です。世界最大規模のナショナル・オーキッド・ガーデンも必見で、約6万本の蘭はまさに圧巻。また、植物だけでなく、あちこちに見られる彫刻の数々も見る人の目を楽しませてくれます。
歴史
1822年に植物学者ラッフルズなどにより最初に設立されたのが、果物や野菜、香辛料などの穀物の価値を見出す為の「実験植物園」と言われています。一旦1829年に閉鎖されますが、30年後の1859年に園芸協会により現在の「シンガポール植物園」が設立されました。戦時中は日本の地理・地質学者なども赴任し、園芸の管理に携わったと言われています。マレーシアからの独立後もボタニック・ガーデンはシンガポールの緑化キャンペーン等で重要な役割を担っています。

見どころ
シンガポールの中心地にあり、都会のオアシスともいえるボタニック・ガーデンは150年以上の歴史を持ち、現地の市民からも愛される植物園です。ゆっくり見ると1日はかかるといわれるくらい広大な敷地の中には、世界各国から集められた数千種以上のランが展示される「ナショナル・オーキッド・ガーデン」や様々な種類のジンジャーが展示される「ジンジャーガーデン」、生命が誕生した頃の地球を再現した体験型の「エボリューションガーデン」などが人気です。植物だけでなく、所々に見られる彫刻も植物と調和しています。

シンガポール人気アクティビティランキング

ボタニック・ガーデンの新着体験談

効率よく回れました

2020/02/01 友達・同僚 よしりん

三泊でシンガポールを見て回りたかったので、2日目の朝から半日利用させてもらいました。

シンガポールフライヤーは故障していましたが、代わりに有名な歴史的建造物に入ることが出来ました。

国立ラン園は、私は個人的にはランが大好きなので... 続きを読む

閉じる

もっと見たかった植物園

2020/01/22 ひとりで Mayu U

なんと参加者私だけのために、ガイドさんとドライバー。ガイドの方は中国系でした。
お安いから仕方ないけど、植物園は、蘭園以外も行きたかった‼️

朝なので空いてない店もあり、コースとしてはまぁまぁ。おばさん一人なので、ガイドさんもテンション上... 続きを読む

閉じる

楽しかったです。

2020/01/16 友達・同僚 きよみ

短時間で効率的に廻れて良かったです。
ランチのチキンライスは、普通のが良かったなぁ。
想像と違い過ぎて。。。

時間を有効に使えた!でも枕は、、

2020/01/03 家族 ちゅら

2人だけのツアーとなり、
ガイドさんにランチの美味しい場所を教えてもらったり、わりと自由に、行動できたので
お土産なども買う余裕がありました^ ^
でも枕は要らないなー、、違うお土産屋さんとかにされると気が楽です。

【シンガポール半日観光ツアー】人気の観光スポットを効率良く☆早朝着に便利な空港お迎えプランあり!<午前/日本語ガイド> / 昼食なし

2019/12/29 カップル・夫婦 こうた

早朝にシンガポールへ着いてとりあえず午前中に軽く観光するには最適です。ベイサンズに宿泊しないなら午後までとか夜の観光でガーデンバイザベイや展望台が入っているツアーがいいかもしれません。

植物園とマーライオン

2019/12/24 小さなお子様連れ hirotaka

ピックアップしてもらうところが少々わかりずらかった。
まあ、現地に着いて早々のツアーなのでこちらも慣れていないというのもありますのでこれは仕方がないかと。
普通の小さめのバス(30人ぐらい乗れるもの?)で参加者は自分らを入れて6組ぐらい... 続きを読む

閉じる
ボタニック・ガーデン (観光情報) (観光情報) | シンガポール観光 VELTRA(ベルトラ)
東京ドーム13個分もの広大な敷地を持つボタニック・ガーデンはシンガポールの国立植物園で、現地の憩いの観光スポットとなっています。鮮やかな熱帯植物にあふれ、熱帯で咲くハイビスカスやプルメリアなどの美しい花々もたくさん咲いています。訪れる時期によって花々も変わるのがまた見所です。世界最大規模のナショナル・オーキッド・ガーデンも必見で、約6万本の蘭はまさに圧巻。また、植物だけでなく、あちこちに見られる彫刻の数々も見る人の目を楽しませてくれます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜