ゲイシール間欠泉 (観光情報) (観光情報) | アイスランド観光 VELTRA(ベルトラ)
ゲイシール間欠泉(Geysir)は、アイスランドの南西部にある間欠泉です。アイスランドには、数多くの間欠泉がありますが、ゲイシール間欠泉は、アイスランド最大の規模を誇ります。この間欠泉は、60mほどの高さまで熱湯を噴出することもあり、迫力のある風景を見ることができます。現在は1日に平均で3回程度噴出していますが、多いときには8回噴出します。また、このエリアと「グトルフォス」「シンクヴェトリル国立公園」を合わせて「ゴールデンサークル」と呼ばれていて、数多くの観光客が集まっています。
歴史
ゲイシール間欠泉は、17世紀頃から存在が知られるようになったと言われています。間欠泉を意味する英単語ガイザー(geyser)の語源にもなった場所であり、世界を代表する間欠泉になっています。19世紀の初頭に最も激しく活動しましたが、地殻変動などが影響して1935年以降には、ほぼ活動をしなくなってしまいました。間欠泉の活動を活発化させるために、アイスランド政府がさまざまな努力をしましたが、1990年ころには、活動を完全にしなくなりました。しかし、2000年に起きた地震によって、活動が再開され、現在まで活動し続けています。

見どころ
ゲイシール間欠泉周辺には、数多くの間欠泉があります。「ストロックル間欠泉」という比較的規模が大きく、活動が活発な間欠泉もあり、多くの観光客が集まっています。また、このエリアを含んでいるゴールデンサークルの中には、世界遺産(自然遺産)に登録されているシンクヴェトリル国立公園もあります。公園内にあるシンクヴァトラ湖は、透明度が非常に高く、水中の視界は150メートルほどあります。そのため、ダイビングポイントとして有名になっていて、多くの人が訪れています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    天然露天風呂シークレット・ラグーンでの入浴が付いた、ゴールデンサークル日帰りツアー!世界遺産シンクヴェトリル国立公園・グトルフォスの滝・ゲイシール間欠泉などアイスランドの魅了が凝縮された人気観光ルートを巡ったら、最後は温泉でごゆるりと♪
    送迎付き

    ISK11,990

    毎日
    8.5時間 (午前)

アイスランドの人気アクティビティランキング

ゲイシール間欠泉 (観光情報) | アイスランド観光| VELTRA(ベルトラ)

ゲイシール間欠泉(Geysir)は、アイスランドの南西部にある間欠泉です。アイスランドには、数多くの間欠泉がありますが、ゲイシール間欠泉は、アイスランド最大の規模を誇ります。この間欠泉は、60mほどの高さまで熱湯を噴出することもあり、迫力のある風景を見ることができます。現在は1日に平均で3回程度噴出していますが、多いときには8回噴出します。また、このエリアと「グトルフォス」「シンクヴェトリル国立公園」を合わせて「ゴールデンサークル」と呼ばれていて、数多くの観光客が集まっています。