リアルト橋 (観光情報) (観光情報) | ヴェネツィア観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報

リアルト橋

3.83
(6)
リアルト橋は橋の街として知られるイタリア・ベネチア、カナル・グランデに架かる街のシンボル橋です。カナル・グランデには4つの橋が架かっていますが、リアルト橋は一番古い橋となっています。橋の大きさは幅22.9メートル、高さ7.32メートル、そして最大支間長は28.8メートルとなっています。橋はサンマルコの町とサンポーロの町の両方に架かっています。その先にはベネチアで一番古いサン・ジャコモ・リアルト教会への道になっています。
歴史
リアルト橋の歴史は古く、初期の橋が建設されたのかは分かっていません。1245年に木造の橋が建設されましたが、群衆の重みで崩落してしまいました。1557年にベネチア共和国が橋の設計案を一般から募集しました。選ばれたのはアントニオダ・ポンテで、橋の着工が1588年に始まりました。この募集にはミケランジェロも参加していました。開通したのは1591年3月20日で、生活する人々にとって必要不可欠な橋となりました。

見どころ
リアルト橋は、ベネチアでも多くの人が訪れる観光地です。橋は歩行者が歩けるようになっており、多くの観光客が行き交っています。周辺にはおみやげ屋さんが並び、ショッピングも楽しむことができます。また橋の下は、ベネチアの水上バスであるヴァポレットやゴンドラが通って行くのを見ることができます。リアルト橋はその見た目から「白い巨像」とも言われています。昼間に見るのも良いですが、夜にはライトアップされるので昼間とは違った街並みや橋を楽しむことができます。

ヴェネツィア人気アクティビティランキング

リアルト橋の新着体験談

ゴンドラの現実

2020/01/05 カップル・夫婦 イタ男

イタリア人ガイドさんでしたが、豊かな日本語と知識で楽しませていただきました。

ゴンドラ遊覧では、行き交うゴンドラが多すぎて少しロマンチックに欠けましたが、楽しかったです。

高度な知識を持つイタリア人ガイドさんにびっくり!

2019/10/02 カップル・夫婦 あざらしの母

待ち合わせ時間に集合場所に行くと、イタリア人ガイドのジョルジョさんが待っていました。落ち着いた年配の男性で、とても礼儀正しく丁重な方です。

私たちの希望でドゥカーレ宮殿を案内していただきましたが、その博識と日本語のレベルの高さに驚かさ... 続きを読む

閉じる

残念

2019/05/03 小さなお子様連れ ヴェネツィア

6歳と9歳の子供がいるため 個人のガイドさんを頼みました。
自己紹介もなく 観光中も後ろを振り向くことなく歩かれるので 付いて行くのに大変でした。初めてのヴェネツィアで 子供がいるので 団体ではなく ゆっくりと 私たちのペースで 観光をし... 続きを読む

閉じる

とてもよかったです。

2012/08/20 小さなお子様連れ ぷらむ

8/14(月)14:30から家族4人で参加しました。
普通の市内観光ツアーは時間的に合わなかったので(ヴェネチア到着がお昼で翌日のお昼には発たなければならなかったため)、割高とは思いましたが、結果的にはガイドさんを貸切にして本当によかった... 続きを読む

閉じる

大勢なら断然お得

2012/08/11 家族 匿名希望

子連れ高齢者グループだったので迷わずこちらを申し込みました。子供の体調が良くなかったのでご案内のついでに薬局で薬を見てもらったり、こちらのわがままを聞いていただき、とても助かりました。大勢のグループであれば半日観光を申し込むよりもお得です。... 続きを読む

閉じる

とても楽しかったです

2011/03/01 小さなお子様連れ K&MAMA

カーニバル中のものすごい人でもあり こちらの都合で待ち合わせ時間に遅れてしまい心配しましたが ちゃんと待って居て下さり嬉しかったです その後はこちらの希望をよく聞いて歩きにくい道をさけたスピーディーな案内をしてくださり自分たちで地図を見なが... 続きを読む

閉じる
リアルト橋 (観光情報) (観光情報) | ヴェネツィア観光 VELTRA(ベルトラ)
リアルト橋は橋の街として知られるイタリア・ベネチア、カナル・グランデに架かる街のシンボル橋です。カナル・グランデには4つの橋が架かっていますが、リアルト橋は一番古い橋となっています。橋の大きさは幅22.9メートル、高さ7.32メートル、そして最大支間長は28.8メートルとなっています。橋はサンマルコの町とサンポーロの町の両方に架かっています。その先にはベネチアで一番古いサン・ジャコモ・リアルト教会への道になっています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜