ソロモン・R・グッゲンハイム財団が運営する美術館は、1937年ニューヨーク市に設置後、世界各地に展開されています。スペインビルバオのビルバオ・グッゲンハイム美術館やドイツベルリンにも造られています。グッゲンハイム財団は世界各地に美術館を建設する構想を持っており、現在も世界各地に建設を計画しています。そんなグッゲンハイム財団が運営する美術館の中で、今回ご紹介するのはペギー・グッゲンハイム美術館です。この美術館はイタリア北東部に位置する水の都ベネチアにあります。
歴史
ペギー・グッゲンハイム美術館は、別名ペギー・グッゲンハイム・コレクションとも呼ばれています。ソロモン・R・グッゲンハイムの姪にあたるペギー・グッゲンハイムは、美術収集家として多くの美術品を生涯集めています。ペギーは現在の美術館となっているこの館を購入し、収集した美術品をコレクションとして収蔵しています。1949年には収蔵していたコレクションを世間に公開します。後に、1977年に建物とコレクションをペギーは財団に寄付します。ペギーが死去した1979年以降は、財団が美術館として現在も管理運営しています。

見どころ
ペギー・グッゲンハイム美術館はアカデミア美術館の近くに位置します。館内にはペギーの個人コレクションである絵画や彫刻等、数多くのコレクションが展示されています。また、綺麗に手入れされた庭園やカフェも常設されています。コレクション以外にも企画展示が毎回行われます。2009年には、ペギーとも縁が深く、世界大戦後イタリアの現代美術シーンの立役者でもあるカルロ・カルダッツォについての展示も行われています。数ある美術館の中でも、財団はこの美術館にかなり力を入れており、ペギーの芸術に対する情熱を色濃く感じることができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ヴェネツィアの人気アクティビティランキング

ペギー・グッゲンハイム美術館 (観光情報) | ヴェネツィア観光| VELTRA(ベルトラ)

ソロモン・R・グッゲンハイム財団が運営する美術館は、1937年ニューヨーク市に設置後、世界各地に展開されています。スペインビルバオのビルバオ・グッゲンハイム美術館やドイツベルリンにも造られています。グッゲンハイム財団は世界各地に美術館を建設する構想を持っており、現在も世界各地に建設を計画しています。そんなグッゲンハイム財団が運営する美術館の中で、今回ご紹介するのはペギー・グッゲンハイム美術館です。この美術館はイタリア北東部に位置する水の都ベネチアにあります。