カサ・バトリョ (観光情報) (観光情報) | バルセロナ観光 VELTRA(ベルトラ)
カサバトリョは、ガウディが改築を手がけた、実業家ジョセップ・バトリョ氏の邸宅です。外観の淡い色合いのデコレーションとユニークな形のバルコニーがインパクト大!外観を飾る破砕タイルやガラスは、なんと地元の会社の廃棄物を利用したものです。モデルニスモ建築の外観もさることながら、建物の内部も見逃せません。ガウディによる芸術的、建築的に優れた作品がちりばめられています。ガウディがデザインした家具のうち、机とベンチが1つずつ邸内で見ることができます。
歴史
カサバトリョは1877年に建設された建物で、実業家ジョセップ・バトリョの依頼で1904年~1906年にかけてガウディが改築を行いました。ガウディはこの改築で、建物に5階と地下室を作たり、階段や内壁を作り直したり、各部屋に曲線的なデザインを取り入れたりしました。外観にもタイルやステンドグラスの装飾を施しました。カサバトリョは、曲線を特徴とするモデルニスモの際立った作品とみなされ、2005年にアントニオ・ガウディの作品群の1つとして世界遺産に登録されました。

見どころ
【外観】建物の造形には諸説あります。1つはカタルーニャの守護聖人サン・ジョウディの龍退治伝説を表現したという説です。丸みのある屋根がドラゴンの背中に見えることが理由です。もう1つは謝肉祭を表現したという説です。屋根をアルルカンの帽子に見立て、ファサードのバルコニーが仮面、タイルのモザイクが祭りの紙吹雪を表現しているというものです。【内装】海底をイメージした波打つ階段の手すりや魚のウロコを表現した壁、海の輝きと果物が混ざるシャンデリアなど、ガウディのこだわりきった芸術作品を見てください。【カフェ】2階の展示スペース奥にパセジ・デグラシア通りが見渡せるカフェがあります。見学の後にここでお茶をするのもおすすめです。
2アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    バルセロナの観光スポットを中心に巡る日本語音声ガイドつきの観光バスチケットです。乗り降り自由なので、気になるところはじっくりと、その他は車窓から・・・なんてスタイルの観光も可能。バスは無料Wi-Fiも完備しています。
    日本語対応あり

    EUR30.00

    毎日
  2. No.2
    バルセロナに訪れたら必ず観ておきたい世界遺産のガウディ建築。日本語ガイドが作品の技術から建設の裏話まで、しっかりと解説致します。マイペースにじっくりと鑑賞を楽しむ事ができる、おすすめ貸切ツアーです!
    日本語対応あり
    送迎付き

    EUR275.00

    毎日
    4時間 (午前, 午後)

バルセロナの人気アクティビティランキング

カサ・バトリョ (観光情報) | バルセロナ観光| VELTRA(ベルトラ)

カサバトリョは、ガウディが改築を手がけた、実業家ジョセップ・バトリョ氏の邸宅です。外観の淡い色合いのデコレーションとユニークな形のバルコニーがインパクト大!外観を飾る破砕タイルやガラスは、なんと地元の会社の廃棄物を利用したものです。モデルニスモ建築の外観もさることながら、建物の内部も見逃せません。ガウディによる芸術的、建築的に優れた作品がちりばめられています。ガウディがデザインした家具のうち、机とベンチが1つずつ邸内で見ることができます。