下関をめぐる半日観光 火の山公園+唐戸市場+赤間神社+日清講和記念館+長府毛利邸など<3時間/下関駅発着>by NTAトラベル | 山口の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
下関をめぐる半日観光 火の山公園+唐戸市場+赤間神社+日清講和記念館+長府毛利邸など<3時間/下関駅発着>by NTAトラベル
クーポンあり
 
クーポンあり
167437 10059
クーポン

おすすめポイント

下関の人気観光地を3時間で巡ります!下関の海の幸を取引する唐戸市場や火の山公園、見事な庭園で有名な長府毛利邸などにもご案内します。JR下関駅にお迎え、お送りなのでお時間の無い方にも便利なツアーです。
空き状況を確認:
選択されています
プラン詳細
合計:
大人1人あたり:
大人(13歳以上)
JPY 7,500
JPY 7,500
合計:
大人(13歳以上)
JPY 7,500
JPY 7,500
大人1人あたり:
小学生
JPY 3,750
幼児(0~5歳)
無料

小学生
JPY 3,750
幼児(0~5歳)
無料

概要

午前, 午後
3.5時間
毎日
日本語
送迎なし
含まれるもの: 日本語ドライバー

スケジュール

全て見る
開始時間 :
09:25

JR下関駅に集合

09:30

出発

春帆楼 (しゅんぱんろう)&日清講和記念館 (約10分)
日清講和記念館
赤間神社 (約20分)
赤間神宮1
火の山公園 (約40分)
火の山公園2
長府毛利邸 (約25分)
長府毛利邸2
唐戸(からと)市場&カモンワーフ
唐戸市場
12:30

JR下関駅にお送り、解散

送迎オプション

なし

参加場所

集合場所

解散場所

予約前にご確認いただきたいこと

参加制限

  • 12歳でも中学生の場合は大人料金となります。また、小学生未満の幼児(0~5歳)は大人1名につき1名まで無料です。2名以上からは小学生料金がかかります。
  • タクシーは貸切ではございません。できる限りグループごとでの運行となるよう配慮いたしますが、他のお客様と乗り合いになる場合がございます。
  • 参加者の人数が2名に満たない場合、ツアーは催行されないことがあります。

申込み受付単位(人数、台数、時間など)

  • このアクティビティは申込単位「9以下」でお申し込みください。

備考・その他

  • 唐戸市場は、月1~2回水曜日(8月除く)、8/15、8/16が休みとなります。
  • お食事は含まれておりません。
  • 各施設の拝観入場料金は、別途お支払いください。
  • 事前予約制のため、予約がない日は運行いたしません。
    ※年末年始(12/28~1/4)は運休となります。
  • 10名以上でのご予約をご希望の場合はベルトラまでお問い合わせください。
  • 午後出発のご予約も相談可能です。ご希望の方はお問い合わせください。
  • ツアースケジュールは天候、交通状況等により変更、中止になる場合があります。

体験談

最初の体験談を投稿しませんか。 体験談を書く

よくある質問

このアクティビティに関する問い合わせはこちらからよくある質問をご確認の上、問い合わせフォームからご連絡ください。VELTRA サポートチーム

お支払い方法・キャンセルポリシー

支払方法
  • クレジットカード
  • コンビニ、銀行ATM
  • *予約によってはご利用いただけない場合があります。詳しくはこちら
クレジットカード決済通貨:円
  • 予約受付時の為替レートにより日本円に換算されます。
キャンセル料について
  • 参加日の10営業日前の現地時間00:00から7営業日前の現地時間00:00まで、予約総額の20%
  • 参加日の7営業日前の現地時間00:00から1営業日前の現地時間00:00まで、予約総額の30%
  • 参加日の1営業日前の現地時間00:00から1営業日前の現地時間23:59まで、予約総額の40%
  • 参加日の1営業日前の現地時間23:59から参加日時の1時間前まで、予約総額の50%
  • 参加日時の1時間前以降、予約総額の100%

山口人気ランキング

参加制限
備考・その他
申込み受付単位(人数、台数、時間など)
ベルトラがお得な理由
ポイント1%還元!
下関をめぐる半日観光 火の山公園+唐戸市場+赤間神社+日清講和記念館+長府毛利邸など<3時間/下関駅発着>by NTAトラベル
下関の人気観光地を3時間で巡ります!下関の海の幸を取引する唐戸市場や火の山公園、見事な庭園で有名な長府毛利邸などにもご案内します。JR下関駅にお迎え、お送りなのでお時間の無い方にも便利なツアーです。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜