ウシュアイアからおよそ18kmにあるラパタイア湾は、ビーグル水道の北の端にあり、ディエラデルフエゴ国立公園の中にあります。「アルゼンチン国道3号最終地点を示す看板」からすぐ近くです。白樺の森を抜けて行くと、ラパタイア湾にたどり着きます。湾は、長さ約6km、最も狭い所で726m、最も広い所で1600mです。アンデス山系の山々に囲まれ、湾内にには小さな島々が点在します。
歴史
ラパタイア湾は、氷河の動きによって形成されました。ラパタイア湾の岸では、200万年前の氷河の動きの形跡を岩々に観察することができます。ラパタイアの名前は、先住民族ヤーガン族の言語で「森の湾」を意味します。ヤーガン族が、このラパタイア湾の河岸に住んでいたと考えられ、今でも、動物の骨や貝殻などの遺物が多く発見されます。19世紀前半には、ウシュアイアの最初に森林産業が設立されたエリアです。長い間、ラパタイア湾は、アルゼンチンとチリ間の領域問題となっていましたが、1984年、アルゼンチン領ということで両国は同意に至りました。

見どころ
ディエラデルフエゴ国立公園の「国道3号線の終わりの看板」から、マジェラン白樺の林と緑を抜ける砂利道を進むと、眼前にラパタイア湾の開けた景色が広がります。遠くにアンデスの山々、ビーグル水道、チリ領の島ナヴァリノ(Navarino)などを望むことができます。岸までは、ウッドデッキの遊歩道が整備されています。ラパタイア湾は、多くの水鳥を観察できる絶好の「バードウォッチング」スポットです。【センダ・コステラ】は、ラパタイア湾からエンセナダ湾を結ぶ人気のハイキング・トレイルです。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. アンデス山脈の南端、ティエラ・デル・フエゴ国立公園へ!ユニークで美しい山岳風景を満喫した後は、「世界の果て号」と呼ばれる世界最南の地を走る南フエゴ鉄道に乗車。レトロな列車から眺める車窓もお楽しみください。
    送迎付き

    USD101.67

    毎日
    6 ~ 6.5時間 (午前)

アルゼンチンの人気アクティビティランキング

ラパタイア湾 (観光情報) | アルゼンチン観光| VELTRA(ベルトラ)

ウシュアイアからおよそ18kmにあるラパタイア湾は、ビーグル水道の北の端にあり、ディエラデルフエゴ国立公園の中にあります。「アルゼンチン国道3号最終地点を示す看板」からすぐ近くです。白樺の森を抜けて行くと、ラパタイア湾にたどり着きます。湾は、長さ約6km、最も狭い所で726m、最も広い所で1600mです。アンデス山系の山々に囲まれ、湾内にには小さな島々が点在します。