世界遺産カナディアンロッキー マーブルキャニオンでスノーシュー体験 <12~4月/英語/バンフ発> | バンフ・レイクルイーズの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
世界遺産カナディアンロッキー マーブルキャニオンでスノーシュー体験 <12~4月/英語/バンフ発>
クーポンあり
 
クーポンあり
107104 50203
クーポン

おすすめポイント

バンフ国立公園のレイクルイーズにあるマーブルキャニオン。その名の通りマーブル模様の渓谷を、氷河の溶け水が激しく流れる様は圧巻の眺め。スノーシューを装着すれば初心者でも簡単に深雪の上を散策できます♪
【重要】
ご参加には「ワクチン接種証明」または「72時間以内のPCR陰性証明」の提示が必須となります。
空き状況を確認:
選択されています
プラン詳細
合計:
大人1人あたり:
大人(13歳以上)
JPY 7,877 CAD 86.10
JPY 7,877 CAD 86.10
合計:
大人(13歳以上)
JPY 7,877 CAD 86.10
JPY 7,877 CAD 86.10
大人1人あたり:
子供(8~12歳)
JPY 4,995 CAD 54.60

子供(8~12歳)
JPY 4,995 CAD 54.60

概要

午前
4時間
週末
英語
送迎あり
含まれるもの: 英語ガイド / スノーシュー用具 / ホットチョコレート / メープルタッフィー

スケジュール

全て見る
08:30

バンフ市内ご宿泊ホテルお迎え、出発

マーブルキャニオン(マーブル渓谷)
Snowshoe-Marble-Canyon
クートネイ国立公園の山火事跡
ハドソンベイポイントブランケットジャケット
おやつ
Hot-Taffy-Treat-on-the-Snowshoeing-Tour-to-Marble-Canyon
12:30

バンフ市内ご宿泊ホテル到着

送迎オプション

あり

参加場所

集合場所

08:30
1
バンフ市内 - お客様ホテル

解散場所

12:30
1
バンフ市内 - お客様ホテル

予約前にご確認いただきたいこと

参加制限

  • 8歳以上のお子様が参加できます。
  • 15歳以下の方は、必ず18歳以上の方と一緒にご参加ください。
  • 【コロナウイルス感染予防対策】
    ・ご参加には「ワクチン接種証明」または「72時間以内のPCR陰性証明」の提示が必須となります。
    ・ツアー参加時はマスクをご着用ください。
    ・ツアー参加前、終了後は手の消毒をお願いします。
    ・健康状態のセルフチェック

参加前、参加時必要事項

  • 現地到着後、ツアー参加24時間前までに、催行会社に予約再確認(リコンファメーション)が必要です。+1 (877) 565-9372までご連絡ください。
  • 服装などが安全の基準に満たない場合、安全を最優先に考慮しガイドの判断でツアーに参加できない場合があります。

参加時必要な服装・持ち物

  • 帽子、手袋、ブーツを含めスキーウェアの着用をおすすめいたします。
    ※レンタルはございません。
  • 防寒用インナー
  • 防水スノーブーツ
  • ネックウォーマー
  • 防寒着
  • スキーウェア・スノーボードウェア
  • セーター・フリース(冬場)
  • 手袋

備考・その他

  • ツアースケジュールは天候、交通状況等により変更、中止になる場合があります。

体験談

最初の体験談を投稿しませんか。 体験談を書く

よくある質問

このアクティビティに関する問い合わせはこちらからよくある質問をご確認の上、問い合わせフォームからご連絡ください。VELTRA サポートチーム

お支払い方法・キャンセルポリシー

支払方法
  • クレジットカード
  • コンビニ、銀行ATM
  • *予約によってはご利用いただけない場合があります。詳しくはこちら
クレジットカード決済通貨:円
  • 予約受付時の為替レートにより日本円に換算されます。
キャンセル料について
  • 参加日の1営業日前の現地時間08:30以降、予約総額の100%

バンフ・レイクルイーズ人気ランキング

参加制限
参加時必要な服装・持ち物
参加前、参加時必要事項
備考・その他
ベルトラがお得な理由
ポイント1%還元!
世界遺産カナディアンロッキー マーブルキャニオンでスノーシュー体験 <12~4月/英語/バンフ発>
バンフ国立公園のレイクルイーズにあるマーブルキャニオン。その名の通りマーブル模様の渓谷を、氷河の溶け水が激しく流れる様は圧巻の眺め。スノーシューを装着すれば初心者でも簡単に深雪の上を散策できます♪
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜