バンフのアクティビティ | バンフ・レイクルイーズの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

バンフのアクティビティ

4.40
豊かな自然があふれるバンフは夏も冬も年間を通して楽しむ事ができるアクティビティが満載!

夏は世界遺産カナディアンロッキーの秘境レイクオハラやサンシャインメドウでのハイキング定番。そしてネイチャーガイドとビーバーやエルクなどの野生動物を観察するツアー、ボウ川でカヌーやラフティング、そして温泉ツアーなどもおすすめです。
また冬はアブラハム湖の神秘的なアイスバブル鑑賞や、ヘリコプター遊覧では上空からクライン氷原と落差275メートルの滝を堪能することができます。もちろん白銀の世界が広がる広大なカナディアンロッキーでスキーやスノーボードも楽しめます。
大自然を楽しみたい方、ご予約はこちらから!

【おすすめポイント】
・バンフ・キャンモア・カルガリーなどの出発地から選べる
・初めての方でも安心の「日本語ガイドツアー」多数ご用意
・大自然を季節ごとに楽しめるアクティビティが満載

通年催行

季節を問わず体験できるアクティビティです。

夏限定(4~10月)

4~10月ごろまで楽しめる夏のアクティビティです。

冬限定(11~3月)

11~3月ごろまで楽しめる冬のアクティビティです。

バンフ・レイクルイーズ人気アクティビティランキング

バンフのアクティビティの新着体験談

一生の思い出に!

2021/08/24 家族 ピーちゃんのママ

始めは自分で行こうとしていましたが、シャトルバスの予約は取れないし、片道11キロを歩くのは、。とツアーをお願いして正解でした。
私達のぺ-スに合わせて、途中休憩を何度もしていただいたり、お花や木々の説明して頂いたり、途中何度も写真を撮って... 続きを読む

閉じる

対応がよかったです:-)

2020/08/22 友達・同僚 こはる

夏なのであまり動物が見れると期待していませんでしたが、鹿を数頭とコヨーテを見ることができました。動物でなくても綺麗な景色をたくさん見せていただけてとてもよかったです。ありがとうございました!

壮大な景色に癒されました

2020/01/24 カップル・夫婦 ひとくち

カナディアンロッキーの壮大な景色にすごく感動しました。

バンフからの移動時間が2時間ちょっとあり途中休憩がないのは多少辛い部分ではありました。
また何のためにまっているのかよくわからにないでただ待たされている時間が2時間ほどあり、ア... 続きを読む

閉じる

高額ですが、旅のいいアクセントになりました。

2020/01/11 友達・同僚 たかたか

高額で悩んだのですが、
せっかくの旅行ということで、申し込みました。
ヘリに乗っている時間も結構あり、
操縦室にも乗せてくれました。
上空から見たロッキーは壮観でした。
スノーシューでの散歩はきつかったですが、
なかなか楽しかっ... 続きを読む

閉じる

初心者でも大丈夫でした

2019/12/05 カップル・夫婦 cococ

足が少し悪いのや、登山の経験がないので、こちらに参加しました。参加者のレベル(特に足が遅い私たちグループ)に合わせて歩いていただきました。写真もたくさん撮れて、自然を満喫することができました。

最高でした!

2019/09/06 カップル・夫婦 keiko

雲一つない空に恵まれ、レイクオハラ、レイクマッカーサーではとても素晴らしい景色を堪能でき、素敵なポイントも行けました。懇切丁寧に案内してくださるガイドさんや同行の方もよい方ばかりでした。初心者の私たちのペースに合わせていただき、とても楽しく... 続きを読む

閉じる
バンフのアクティビティ | バンフ・レイクルイーズの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
豊かな自然があふれるバンフは夏も冬も年間を通して楽しむ事ができるアクティビティが満載! 夏は世界遺産カナディアンロッキーの秘境レイクオハラやサンシャインメドウでのハイキング定番。そしてネイチャーガイドとビーバーやエルクなどの野生動物を観察するツアー、ボウ川でカヌーやラフティング、そして温泉ツアーなどもおすすめです。 また冬はアブラハム湖の神秘的なアイスバブル鑑賞や、ヘリコプター遊覧では上空からクライン氷原と落差275メートルの滝を堪能することができます。もちろん白銀の世界が広がる広大なカナディアンロッキーでスキーやスノーボードも楽しめます。 大自然を楽しみたい方、ご予約はこちらから! 【おすすめポイント】 ・バンフ・キャンモア・カルガリーなどの出発地から選べる ・初めての方でも安心の「日本語ガイドツアー」多数ご用意 ・大自然を季節ごとに楽しめるアクティビティが満載
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜