1908年に発表され、100年以上経った今も世界中から愛され、映画化やミュージカル化もされた名作『赤毛のアン』。その舞台であるカナダ西部のプリンスエドワード島で、“アンの家”グリーンゲイブルズを見学したり、著者L・M・モンゴメリの生家を訪れたりして、『赤毛のアン』の世界に浸りましょう。モンゴメリが育ったキャンベッシュ村には、同作品に出てくる「恋人の小径」や「輝く湖水」、「おばけの森」のモデルとなった場所が多数あり、本物のアンが出てきそうな雰囲気です。ファンはもちろん、『赤毛のアン』のことを知りたい!という方にもおすすめ。また、のどかな風景は、『赤毛のアン』ファンでなくても十分に楽しめますよ。
7アクティビティ
1/1ページ
  1. 赤毛のアンに縁のある島の北海岸を中心に訪れる人気の一日観光。もちろんPEIのハイライトの国立公園も見逃せません。お昼は島名物のロブスターとベイクドポテトをどうぞ。一日でプリンスエドワード島の名物をお楽しみいただけるお勧めのツアーです。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    CAD148.50

    10%
    OFF
    早割
    毎日
    6.5 ~ 7時間 (午前)
  2. プリンスエドワード島の東部も見所がたくさん!映画『赤毛のアン』の舞台となったイーストポイント灯台をはじめ、エルマイラ駅や、オーウェルコーナー歴史村などを訪れます。また、伝統工芸ラグを作っている工房にもご案内します。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    CAD無料

    100%
    OFF
    モニターツアー
    月, 水, 金
    8時間 (午前)
  3. 車でしかアクセスできないプリンスエドワード島の西部を訪れる1日ツアー。白黒の縞々のウェストポイント灯台、キルトギャラリー、ビディファド博物館、モンゴメリが教えていたローワーベデックスクールなどにご案内します。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    CAD無料

    100%
    OFF
    モニターツアー
    火, 木, 土
    8時間 (午前)
  4. 赤毛のアンの作者モンゴメリが大学生活を送ったハリファックスは、アンの大学生活の舞台キングスポートのモデルの街。モンゴメリが通ったダルハウジ大学、海岸公園、古い墓地、タイタニック号の遺品などが展示されているマリタイム博物館へご案内します。
    日本語対応あり
    送迎付き

    CAD90.00

    火, 木, 土
    3時間 (午前)
  5. 赤毛のアンの作者モンゴメリが生涯で一番好きだった家「銀の森屋敷」にて馬車に乗車し海岸へ。その後、輝く湖水の近くでピクニックランチとイチゴ水をどうぞ。アンの映画などでロケにも使われたニューロンドン灯台にもご案内します。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    CAD155.00

    日, 火, 木, 土
    3.5 ~ 4時間 (午前)
  6. 赤毛のアンに縁のある場所、冬の見所を一日で全て周ります。昼食はロブスターのサンドイッチとプリンスエドワード島名物のポテトをどうぞ。キャベンディッシュ・フィギュリーン人形工場では、赤毛のアンに扮装して写真を撮ることもできます!
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    CAD175.00

    月, 火, 水, 木, 金, 土
    6.5 ~ 7時間 (午前)
  7. キャベンディッシュ村に滞在のお客様のためのアンツアー!キャベンディッシュのご宿泊先にお迎えにあがり、お昼のロブスターランチから通常のアンツアーに合流いたします。リーズナブルにという方にはランチなしコースもあります。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    CAD110.00

    毎日
    2.5 ~ 3.5時間 (午後)

「赤毛のアン」とモンゴメリーゆかりの地 観光ツアー | プリンスエドワード島の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

1908年に発表され、100年以上経った今も世界中から愛され、映画化やミュージカル化もされた名作『赤毛のアン』。その舞台であるカナダ西部のプリンスエドワード島で、“アンの家”グリーンゲイブルズを見学したり、著者L・M・モンゴメリの生家を訪れたりして、『赤毛のアン』の世界に浸りましょう。モンゴメリが育ったキャンベッシュ村には、同作品に出てくる「恋人の小径」や「輝く湖水」、「おばけの森」のモデルとなった場所が多数あり、本物のアンが出てきそうな雰囲気です。ファンはもちろん、『赤毛のアン』のことを知りたい!という方にもおすすめ。また、のどかな風景は、『赤毛のアン』ファンでなくても十分に楽しめますよ。