グレート・バリア・リーフ (観光情報) (観光情報) | ゴールドコースト観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報
グレート・バリア・リーフ
4.29
オーストリアの東海岸に位置し、世界遺産に登録されている島です。約2,000kmに渡ってサンゴ礁が生息する世界最大のエリアとして有名とされています。島の1部にはハート型をしたサンゴ礁の集まりがありハネムーンナーに人気の観光地とされています。サンゴ礁の豊かな海には、絶滅危惧されている大型魚も多く生息しているとしています。観光手段として海の中からはもちろん、空から、船に乗りながら半潜水艦体験などが用意されているといいます。
歴史
200万年以上も歴史のある島には約400種類のサンゴから作られたサンゴ礁が生息しているエリアとされています。長さは約2,000kmにおよび1981年に世界遺産へ登録されています。世界で最大級の海洋生物の生息域として1,500種類以上の魚種がいるとされています。海洋域の自然は水質や環境の変化によりサンゴ礁へ多くの影響を与え2015年危機遺産警告がなされたとしていますがオーストリア政府は保全に力を入れ事態を回避したと伝えているとされています。

見どころ
【遊覧飛行】小型飛行機で空から観光できます。島の大きさを体感でき海の奇麗さが目に焼きつくでしょう。【半潜水艦の観光船】海の中はサンゴ礁が多く生息しているとしています。大きな魚も見られ迫力があります。海に潜らずに生息物を楽しめるので多くの方が安心して楽しめるでしょう。【シュノーケリング/ダイビング】青く透き通った海は海中にあるサンゴや生息魚たちの七色に輝く姿を楽しめます。ダイビングスポットとしても世界有数の1つでダイバーには憧れのスポットとされているといいます。ジュゴン、ウミガメ、ザトウクジラなど貴重な大型魚を見られるでしょう。

ゴールドコースト人気アクティビティランキング

グレート・バリア・リーフの新着体験談

ステキな体験でした

2020/03/05 カップル・夫婦 きわみ

朝6時にお迎えに来ていただきセスナに乗るためにゴールドコースト空港へ!
初めてのセスナは揺れや酔いが不安でしたが
揺れもなく良かったです。
セスナから見るゴールドコーストや
レディエリオット島には感動です!

シュノーケルではウ... 続きを読む

閉じる

正月旅行

2020/01/06 カップル・夫婦 キング

ゴールドコースト2日目にこのツアーに参加しました。
最高の天候の中セスナに乗って出発‼️

2時間のフライトを経て
レディエリオット島に到着‼️
途中ゴールドコーストを空からの鑑賞!

とにかく島に着いて第一声は鳥が多い、
... 続きを読む

閉じる

美しい自然です。

2019/12/02 友達・同僚 バレンタイン

航空運賃があるので仕方ないですが、感動は料金ほどではないと思います。自然と海は最高ですね。一度は経験してもいいかな?

セスナ初体験

2018/12/25 ひとりで ジャック

少し高めのツアーなので、一人で申し込んでもダメだろうと思っていたのですが、ブリスベンからの参加者のお陰で実現。初めてのセスナは怖かったけど、すごい良い経験ができた。この島にはウミガメ産卵など沢山の自然が残っていて すごく大事に扱っているのに... 続きを読む

閉じる

セスナで行くという贅沢

2017/12/16 カップル・夫婦 コアラ

ピックアップの時間オンタイムでホテルのロビーに降りると、あなた遅れてるから急いでくれ、とガイドに言われ最初からテンションダウン。
セスナからの景色は綺麗でした。
島はほとんど日本人がいなく、やっと観光に来た気分になりました。
海も確か... 続きを読む

閉じる

一度は行っておくべきかも

2017/11/25 友達・同僚 オーストラリア大好き

バスに乗っている時間が長いと感じましたが、ヌーサも観れたし、ツアーのみなさんがフレンドリーでいろんな国のお友達もできました!日本人が私たち以外にいなかったのも、友達を作るきっかけとなりました。アクティビティはないけれど、美しいオーストラリア... 続きを読む

閉じる
グレート・バリア・リーフ (観光情報) (観光情報) | ゴールドコースト観光 VELTRA(ベルトラ)
オーストリアの東海岸に位置し、世界遺産に登録されている島です。約2,000kmに渡ってサンゴ礁が生息する世界最大のエリアとして有名とされています。島の1部にはハート型をしたサンゴ礁の集まりがありハネムーンナーに人気の観光地とされています。サンゴ礁の豊かな海には、絶滅危惧されている大型魚も多く生息しているとしています。観光手段として海の中からはもちろん、空から、船に乗りながら半潜水艦体験などが用意されているといいます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜