【ハンドメイド】今年のクリスマスはコレ!アドベントカレンダーの作り方&アイデア集 image

【ハンドメイド】今年のクリスマスはコレ!アドベントカレンダーの作り方&アイデア集

12月と言えばクリスマス。今年のクリスマスに加えてほしいアイテムがアドベントカレンダー

お店でも買えますが、私は毎年手作りしています。小さい頃からアドベントカレンダーが大好きな私が簡単な作り方をご紹介!

色んなデザインが楽しめるので、参考にしてください。

アドベントカレンダーとは

アドベント(Advent)とは、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のこと。 日本では、降臨節(こうりんせつ)や待降節(たいこうせつ)と呼ばれています。

1日から24日までクリスマスに向けて、毎日カウントダウンをするためのカレンダー です。

アドベントカレンダーの始まりは19世紀初め。クリスマスまでの24日間を数えるために、ドアに印をつけたり、毎日ろうそくを灯していたりしたそうです。だんだん絵を飾るなど、小さな扉がついた現代のスタイルに変わってきました。

始まりはヨーロッパでしたが、アメリカや日本にも広まっています。

今は布や紙でできたカレンダーにポケットや扉がついていて、中にお菓子などが入っているものが一般的です。

カードタイプのアドベントカレンダーは日付がついた窓を開けると、イラストが描いてあります。クリスマスカードにぴったり。

デンマークやスウェーデンなど北欧では、ユールカレンダーという名前で親しまれています。ユール(jul)はクリスマスのことです。

ろうそくに日付が書いてあるアドベントキャンドルもあります。

アドベントカレンダーの中身

アドベントカレンダーの中身に決まりはありません。 お菓子が入っているものが多いですが、最近はおもちゃやコスメが入っているものも。

手作りアドベントカレンダーには、個包装のお菓子がおすすめです。

  • チョコレート
  • クッキー
  • グミ
  • キャンディ

お菓子をあまり食べない人は、ティーバックやインスタントコーヒーなどを入れてみましょう。

子ども向けに作るのであれば、シールや消しゴムなどの文房具もおすすめです。女の子はヘアアクセサリーも喜びそう。

具体的なものではなく、お手紙やメッセージカードを入れるのも良いですね。大切にしたい言葉をこの機会に描いてみましょう。

手作りアドベントカレンダーを作ろう

自分で一つ一つ形を作ることもできますが、お店でペーパーバッグや布袋を揃えるだけで簡単にできます。

シールやマスキングテープでデコレーションすれば、自分なりのアドベントカレンダーが完成します。

今回は紙コップで作ってみました。

材料を揃えます

使う材料は、すべて100均で揃えることができます。

  • 紙コップ24個
  • おかずカップ24枚
  • マスキングテープ
  • はさみ

紙コップ は色やサイズもいろいろあります。入れたいものや雰囲気に合わせて選びましょう。今回はシンプルな白を使います。

紙コップのふたにお弁当用の おかずカップ を使います。こちらも色んなデザインがあります。

紙コップがシンプルな場合は、柄が多いものを。模様入りの紙コップには、シンプルなものがおすすめです。

おかずカップではなく折り紙を使っても良いです。

今回は マスキングテープ で数字の形を作るので、細いテープを用意しました。テープの太さはお好みで。

数字はペンを使って書いても良いですよ。

紙コップにマスキングテープを巻きます

紙コップを飾ります。マスキングテープを巻く場所はお好みで。

マスキングテープだけでなく、 シールを貼っても良いですよ。

日付をいれます

マスキングテープを切って数字の形を作りました。大きなテープに数字を書いてもかわいいです。

中身を入れます

お菓子など入れたいもの入れて、封をしましょう。あとで積み上げるので、紙コップの ふちからはみ出ないようにしましょう。

子ども向けに作るときはこっそりと。

ふたをかぶせます

おかずカップを平たくして紙コップにかぶせます。3、4カ所マスキングテープでとめます。

ここは細いテープでははがれてしまうので、 太めのテープを使いましょう。 しっかりふちにそって巻いて止めてしまうこともできます。

クリスマスツリー型に積み上げます

段々に積み上げます。一番上に1日が来るようにしましょう。下に積んでしまうと開けにくくなります。

24日分で大きな三角でもツリーのようでかわいいですが、崩れやすいので注意。6段ピラミッドですこし余りが出るので、まわりにオシャレに並べましょう。

スペースが入りますが、いくつかの山に分けて積んでもかわいいですよ。

12月になったら開けて楽しみます

毎日開けて楽しみましょう。

手作りアドベントカレンダーのアイデア集

素材や作り方を変えるだけで、アドベントカレンダーのバリエーションはぐんと増えます。ベースとなる素材は布や紙など。

手作りアドベントカレンダーのアイデアをいくつかご紹介します。

紙袋×布袋×木のタグ

布の袋も紙袋もミックスして使うと、色んなサイズのものが入れられます。木のタグをクリップと一緒に留めるだけなので、とても簡単。

ツリーデザインのタペストリーに飾るだけでクリスマス感アップ。

紙袋×マスキングテープ

窓つきの紙袋で中身をわくわく楽しむことができます。カラフルなマスキングテープに手書き文字でデコレーション。

ポチ袋×マスキングテープ

シールやお手紙などを入れるならポチ袋もおすすめです。マチがないので飾りつけやすい!マスキングテープでも壁に飾ることができます。

折り紙×スタンプ

折り紙でフラッグの形にして、数字のスタンプを押しました。ひもを通すとガーランドアドベントカレンダーに。

お菓子は重くて入れられないので、中身はシールにしています。

紙袋×数字シール×ボックス

場所がないときは、箱に入れて毎日袋を開けることを楽しんでも良いですね。

アドベントカレンダー用の日付シールも売られています。貼るだけで簡単に完成しますよ。

アドベントカレンダーでクリスマスを楽しみに

いかがでしょうか。アドベントカレンダーと一口にいっても千差万別。自分の好みや飾る場所に合わせて色んな作り方ができます。

アドベントカレンダーはどんどん日本でも流行ってきています。

中身が入っているものや引き出し付きのケースのものなど、タイプはいろいろ。しっかりした作りのものはとっておいて、次の年に自分の好きなものをつめることもできますよ。

アドベントカレンダーを開ける楽しみはいくつになっても変わりません。

1年の最後の月。毎日をわくわくすごしてクリスマスを迎えてみませんか。自分だけのアドベントカレンダー作りにぜひ挑戦してください。

参考・出典

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります