プノンペンとの中間に位置するアンコール五大遺跡群のひとつ「サンボー・プレイ・クック」は、7世紀初頭前アンコール時代の首都に建造され、大きな3つの遺跡群プラサット・サンボー、プラサット・タオ、プラサット、イエイ・ポアンとその周囲に散在する150を超える遺跡からなります。八角形の詞堂と「空中宮殿」と呼ばれる彫刻が有名です。
3アクティビティ
1/1ページ
  1. カンボジア中央部にある都城遺跡「サンボープレイクック」。ジャングルの中に突如として現れる遺跡群はまさに秘境!まだあまり知られていないスポットなので観光客も少なく、ゆったりと見学いただけます。世界遺産に登録される前に訪ねてみませんか。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD140.00

    毎日
    11 ~ 11.5時間 (午前)
  2. 世界遺産登録準備中のサンボー・プレイクック。前アンコールのチェンラ時代の遺跡群で、八角形の詞堂と「空中宮殿」と呼ばれる彫刻が有名。途中、コンポンクディにあるアンコール時代に作られた大きな橋も観光します!
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD140.00

    毎日
    9時間 (午前)
  3. プライベートな貸切チャーターで行く、サンボー・プレイ・クックへの旅。7世紀初頭に建造されたレンガ造りの寺院群は、いまだ解明されていない謎の多い遺跡。他の遺跡とは違ったユニークな建築方法がみどころです。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD66.00

    毎日
    9時間 (午前)

エリアからツアーを探す

カンボジア テーマから探す

サンボー・プレイ・クック | カンボジアの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

プノンペンとの中間に位置するアンコール五大遺跡群のひとつ「サンボー・プレイ・クック」は、7世紀初頭前アンコール時代の首都に建造され、大きな3つの遺跡群プラサット・サンボー、プラサット・タオ、プラサット、イエイ・ポアンとその周囲に散在する150を超える遺跡からなります。八角形の詞堂と「空中宮殿」と呼ばれる彫刻が有名です。