Hand painted を実感したヘレンド陶器

投稿者: むねけん, 2015/08/02

家内とブダペストに1週間滞在した中日にこのツアーに参加した。あとはすべて、自作の旅でした。ハイライトは世界的陶器ブランドのヘレンド訪問です。工場での見学で、絵付け職人が一心不乱に真っ白の素焼きに絵を塗る作業は大変な作業で、その代り、二つと同じものはないということ。高い値段に納得。いつもの旅のように、私たちは記念にコーヒーカップを買った。印象に残ったのは、バラトンフレッドでのノーベル賞受賞者の植樹記念公園(ほとんどのガイドブックには書いてない)。貨幣はユーロで大丈夫と思っていたのは間違いでした。フォリントをホテルでしっかり両替しておくべきでした。あの著名な観光地である聖イシュトヴァーン大聖堂でさえ、フォリント以外は受け取らない。コンビニでもユーロは受けないところがあった。番外で印象に残ったのは、トイレ探しの大変さ、ほとんどが有料でしかも汚い。フォリントの小銭(1回、100から150フォリント)を常に用意しておかないと大変。


  • 一心不乱に絵付けをしている。


  • 隣席の彼女が何度も振り返て愛嬌をふりまく、ついに、こちらも微笑む。楽しいテイハニでの昼食でした

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2015/07/10
この体験談は参考になりましたか? [はい]

高級陶磁器ヘレンド工房&バラトン湖観光ツアー<4月~10月/ブダペスト発>の参加体験談 | ハンガリー(ハンガリー)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

高級陶磁器ヘレンド工房&バラトン湖観光ツアー<4月~10月/ブダペスト発>の参加体験談 | 圧巻の景色が目の前に広がる中央ヨーロッパで最大の湖「バラトン湖」。隣接するヘレンド村で高級磁器ブランド「へレンド」の工房も見学し、独自の特色をもつハンガリー文化に、肌で触れるツアーがこちら。