アンコールワット (観光情報) (観光情報) | カンボジア観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
アンコールワット
4.38
アンコールワットは、カンボジア西北部にあるヒンドゥー教の寺院遺跡です。1992年にユネスコの世界遺産に「アンコール遺跡群」として登録された遺跡群の中でも、アンコールワットは最大規模を誇り、アンコール遺跡群を代表する寺院遺跡となっています。アンコールワットは「大きな寺」という意味で、境内の外周は東西1500m、南北1300mもあります。また、公共交通機関はなく、アンコール遺跡群も広いため、タクシー・トィクトィク・バイクタクシーなどをチャーターするのが一般的です。
歴史
12世紀前半、寺院建設に熱心だったアンコール王朝のスールヤヴァルマン2世によって、建てられました。ヒンドゥー教最大の寺院と言われ、建てるために30年を費やしたと言われています。その後アンコールが放棄されるとアンコールワットも忘れられましたが、後年発見され、14世紀に仏教寺院へと改修されました。カンボジア内戦では寺院は破壊されました。内戦が収まりつつある1992年に世界遺産に登録され、1993年にはこの寺院を描いたカンボジア国旗が制定されています。カンボジアが安定した現在、各国が協力して修復をしています。

見どころ
アンコールワットの見どころの一つは、精巧なレリーフです。神聖な寺院を飾るため、老化や壁面は精緻な薄浮き彫りで埋め尽くされています。その中でも特に素晴らしいのは「乳海攪拌」という壁画です。これは第1回廊にあり、ヒンドゥ教の天地創造の神話が50mほどもあります。また、巨大で美しく均整のとれた建物は、遠目に外観を見ることも楽しめます。この寺院は西を向いて建てられているので、午前は逆光になると言われています。日の出が美しく、早朝に訪れる人もいます。

カンボジア人気アクティビティランキング

アンコールワットの新着体験談

アンコール遺跡を効率よく見たい方にオススメ

2021/05/16 家族 ちぃちぃ

アンコールワットの朝日鑑賞から始まり、アンコールトム&タ・プローム観光。昼食と休憩をはさみ、アンコールワットに戻り回廊やレリーフの見学。プレループにて夕日を見たあとは、アプサラダンスのディナーショーまで付いた 全行程17時間に及ぶゴールデン... 続きを読む

閉じる

遺跡巡り

2020/10/14 家族 tky

遺跡巡り、朝日夕日鑑賞等ガイドさんがとても分かりやすく説明してくれたり案内してくれ、移動の際のバスの手配もスムーズでとても気持ちよく回れました。アプサラダンスショー&ディナーはクオリティー低かったかな。でもそれなりに楽しめました。

2回目のアンコールワットも最高でした

2020/08/24 ひとりで ゆうゆ

アンコールワットを訪れるのは2回目でしたが、博識ガイドさんと一緒に更に詳しく勉強できてよかったです。
とても充実した時間になりました。

充実した一日になりました。

2020/06/19 ひとりで yumirin

アンコールワット遺跡観光にオプションで朝日観賞とアプサラダンスディナーショーも付けました。
暑い時期なので長時間の観光は、体力勝負な一面もありますが 途中に休憩時間があって マッサージ屋さんに連れて行ってもらってリラックスできたのも良かっ... 続きを読む

閉じる

ガイドさんが、親切にベストポジションを案内してくれてラッキー!

2020/06/15 カップル・夫婦 Dr.J

ガイドさんが、楽しく、いい人で、観光客が非常に多い中、穴場のベストポジションを各地で教えてくれて、いい写真をたくさん撮ることができました!食事もおいしく大満足の1日でした!大変暑かったので、この時期は暑さ対策が必要です!

シェムリアップ初日又は初心者の方におすすめ

2020/03/30 友達・同僚 Kazu

朝から夜までとにかく盛りだくさん、量的満足感は非常に高いツアーでした。
どうしても量と質はトレードオフな関係にあるので、やはりひとつひとつの遺跡を詳しく見学したいという目的をもった方には、強くはおすすめできません。どうしても消化不良感はあ... 続きを読む

閉じる
アンコールワット (観光情報) (観光情報) | カンボジア観光 VELTRA(ベルトラ)
アンコールワットは、カンボジア西北部にあるヒンドゥー教の寺院遺跡です。1992年にユネスコの世界遺産に「アンコール遺跡群」として登録された遺跡群の中でも、アンコールワットは最大規模を誇り、アンコール遺跡群を代表する寺院遺跡となっています。アンコールワットは「大きな寺」という意味で、境内の外周は東西1500m、南北1300mもあります。また、公共交通機関はなく、アンコール遺跡群も広いため、タクシー・トィクトィク・バイクタクシーなどをチャーターするのが一般的です。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜