バイヨン (観光情報) (観光情報) | カンボジア観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
バイヨン
4.44
バイヨンは、カンボジアにあるアンコール遺跡のひとつです。この遺跡は、ヒンドゥー教と仏教の混交寺院です。バは「美しい」、ヨンは「塔」の意味があります。建物全体は3層になっています。その壁にはレリーフが掘られていて、チャンパとの戦争の様子や将棋を指す人々や食事をしている人々や市場の様子など当時の人々の生活を知ることが出来るものや、ヒンドゥー教色の強い天地創造神話や、仏教色の強い観音菩薩像などがあり、見ごたえのあるものとなっています。
歴史
12世紀末ごろに、アンコール王朝のジャヤーヴァルマン7世がチャンパに対する戦勝を記念してバイヨンの寺院を作り始めました。このジャヤーヴァルマン7世は、アンコール王朝初の仏教徒の国王としても知られています。この寺院遺跡は、石の積み方や材質が違うことから、何人もの王にわたって少しずつ建築されていったものと考えられています。当初は大乗仏教の寺院でしたが、のちにヒンドゥー教が混じるようになってからは、寺院がヒンドゥー化した時もありました。

見どころ
バイヨンの見どころは、四面像です。塔の四面に人面像が掘られているもので、一般に観世菩薩像を模していると言われ、こちらに微笑みかけてくるような表情をしています。この遺跡中から微笑まれてくる様子は、思い出深いものとなるでしょう。この四面像は、この寺院を建設したジャヤーヴァルマン7世が仏教徒だったことから観音菩薩であると言われていますが、他にもヒンドゥー教の破壊の神シヴァ神説や知恵の神ブラフマー神説、ジャヤーヴァルマン7世自身の説など、いろいろな説があります。

カンボジア人気アクティビティランキング

バイヨンの新着体験談

アンコール遺跡を効率よく見たい方にオススメ

2021/05/16 家族 ちぃちぃ

アンコールワットの朝日鑑賞から始まり、アンコールトム&タ・プローム観光。昼食と休憩をはさみ、アンコールワットに戻り回廊やレリーフの見学。プレループにて夕日を見たあとは、アプサラダンスのディナーショーまで付いた 全行程17時間に及ぶゴールデン... 続きを読む

閉じる

遺跡巡り

2020/10/14 家族 tky

遺跡巡り、朝日夕日鑑賞等ガイドさんがとても分かりやすく説明してくれたり案内してくれ、移動の際のバスの手配もスムーズでとても気持ちよく回れました。アプサラダンスショー&ディナーはクオリティー低かったかな。でもそれなりに楽しめました。

2回目のアンコールワットも最高でした

2020/08/24 ひとりで ゆうゆ

アンコールワットを訪れるのは2回目でしたが、博識ガイドさんと一緒に更に詳しく勉強できてよかったです。
とても充実した時間になりました。

充実した一日になりました。

2020/06/19 ひとりで yumirin

アンコールワット遺跡観光にオプションで朝日観賞とアプサラダンスディナーショーも付けました。
暑い時期なので長時間の観光は、体力勝負な一面もありますが 途中に休憩時間があって マッサージ屋さんに連れて行ってもらってリラックスできたのも良かっ... 続きを読む

閉じる

ガイドさんが、親切にベストポジションを案内してくれてラッキー!

2020/06/15 カップル・夫婦 Dr.J

ガイドさんが、楽しく、いい人で、観光客が非常に多い中、穴場のベストポジションを各地で教えてくれて、いい写真をたくさん撮ることができました!食事もおいしく大満足の1日でした!大変暑かったので、この時期は暑さ対策が必要です!

シェムリアップ初日又は初心者の方におすすめ

2020/03/30 友達・同僚 Kazu

朝から夜までとにかく盛りだくさん、量的満足感は非常に高いツアーでした。
どうしても量と質はトレードオフな関係にあるので、やはりひとつひとつの遺跡を詳しく見学したいという目的をもった方には、強くはおすすめできません。どうしても消化不良感はあ... 続きを読む

閉じる
バイヨン (観光情報) (観光情報) | カンボジア観光 VELTRA(ベルトラ)
バイヨンは、カンボジアにあるアンコール遺跡のひとつです。この遺跡は、ヒンドゥー教と仏教の混交寺院です。バは「美しい」、ヨンは「塔」の意味があります。建物全体は3層になっています。その壁にはレリーフが掘られていて、チャンパとの戦争の様子や将棋を指す人々や食事をしている人々や市場の様子など当時の人々の生活を知ることが出来るものや、ヒンドゥー教色の強い天地創造神話や、仏教色の強い観音菩薩像などがあり、見ごたえのあるものとなっています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜