バコン寺院 (観光情報) (観光情報) | カンボジア観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
バコン寺院
4.35
バコン寺院は、カンボジアにあるアンコール遺跡のひとつで、その中でもロリュオス遺跡群のひとつです。ロリュオスはアンコール地域に王都が置かれる前に、王都が置かれていた場所です。その時代に創建された3寺院をロリュオス遺跡群と呼び、バコン寺院は、ロリュオス遺跡群の中でも最も規模の大きな寺院です。バコン寺院は5層のピラミッド型に構成されていて、アンコールワットの原型となったと言われています。シェムリアップから南東に13kmほどのところにあります。
歴史
バコン寺院は、881年にインドラヴァルマン1世により、ロリュオス都城の中心寺院として建てられました。ヒンドゥー教の最初のピラミッド型寺院です。何度か崩壊し、そのたびに再建されています。外堀は一辺700m、内堀は東西150m、南北120mの広さです。ピラミッド型の5層の基壇の上には紅色砂岩造りの祠堂が一基中央にあります。中央祠堂の規模が基壇に比べて小さいですが、後世にレンガから石造に修復したものです。ピラミッド型の最高部までは65mあります。

見どころ
バコン寺院の見どころは、アンコール遺跡群の中でも古い時代のものでありながらも、壮大なスケールを感じさせるところです。ピラミッド型寺院の各層には構造物が少なく、基壇の重量感に比べて中央祠堂が小さく目立つところも、より壮大に感じさせます。アンコール遺跡によく見られるレリーフ類も少なく、参道脇にある蛇神ナーガ像も原初的な荒々しさがあり、魅力になっています。また、中央祠堂からの展望は素晴らしく、特に夕日がきれいに見えることで人気のスポットです。

カンボジア人気アクティビティランキング

バコン寺院の新着体験談

期待を込めて、いざロリュオスへ

2020/02/10 家族 メルチェ

 前回、今度シェムリアップを訪れる時は必ず、と決めていました。
 楽しみにしていた一方で、アンコールワットより古い遺跡ならぱっとしないかな、規模が小さくて見所少ないかも、とも思いながら現地に到着してみると・・・
 プリア・コー、バコン共... 続きを読む

閉じる

効率よく観光できました

2020/01/13 友達・同僚 ひろくん

混載ツアーでしたが、我々2人のみでした。午前中のこの時間は、遺跡への国道は混むとのことで、裏道を行きました。でこぼこの未舗装の道、そこで生活する人たち、新しく整備中の住宅地など、カンボジアの日常とその生活環境の変化を説明していただけました。... 続きを読む

閉じる

見どころが、コンパクトに凝縮されていました

2020/01/12 家族 ぽこにゃん

ロリュオス遺跡は、バコン、プリアコー、ロレイと3つありそれぞれ特徴が違いますが、ロレイは、足場がかかっていて見どころが少ないので、行かなくてもいいかも・・・
郊外の遺跡の中で、日本人観光客が一番多いように感じたペンメリア遺跡。百聞は一見に... 続きを読む

閉じる

のんびりツアー

2020/01/09 カップル・夫婦 Nara

混載ツアーに申込みましたが、当日は貸切でした。
ロリュオス遺跡群は、アンコール・ワットからもそんなに離れていないのに人があまりおらず、ゆっくり見ることができます。
ベンメリアは廃墟感がとても良い感じでした。世界遺産になっていないため、修... 続きを読む

閉じる

少し小振り

2020/01/04 家族 おけいはん

昨日アンコールワット、アンコールトムに行ったとこでしたので、小振りな感じがして最初は少し物足りない思いがしました。アンコールよりさらに古い建物なわけですから当然かもしれません。しかし、最後に行ったバコンは結構大きく気に入りました。全体に割と... 続きを読む

閉じる

行って良かった!

2019/12/26 小さなお子様連れ ゆりし

夫と二歳の娘と3人で参加しました。ガイドのサンポさんは同じ年頃のお子さんがいらっしゃるとのことで、娘ともたくさん遊んで下さいました。朝早めの集合でしたので、ロリュオス遺跡群は人も少なくゆっくり見学できました。
その後は車で1時間程かけてベ... 続きを読む

閉じる
バコン寺院 (観光情報) (観光情報) | カンボジア観光 VELTRA(ベルトラ)
バコン寺院は、カンボジアにあるアンコール遺跡のひとつで、その中でもロリュオス遺跡群のひとつです。ロリュオスはアンコール地域に王都が置かれる前に、王都が置かれていた場所です。その時代に創建された3寺院をロリュオス遺跡群と呼び、バコン寺院は、ロリュオス遺跡群の中でも最も規模の大きな寺院です。バコン寺院は5層のピラミッド型に構成されていて、アンコールワットの原型となったと言われています。シェムリアップから南東に13kmほどのところにあります。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜