アンコール国立博物館 (観光情報) (観光情報) | カンボジア観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
アンコール国立博物館
4.62
(8)
アンコール国立博物館は、シェムリアップのしない中心部にある博物館です。街中からアンコールワットに行く途中に位置しています。冷房設備が整った博物館で、暑い時間帯でも涼しく見学して過ごすことが出来ます。博物館の中は、年代やテーマによって8つのギャラリーに分かれて展示されています。アンコール遺跡から出土した像やレリーフの展示はもちろん、映像での説明などにより、古くからの歴史や信仰などをわかりやすく説明しています。
歴史
アンコール国立博物館は、2007年に完成しました。アンコール遺跡から出土した彫刻やレリーフなど5000点以上を保管していると言われ、その一部を展示しています。博物館の入場料は12 US$です。3US$で日本語のイヤホンガイドを借りることもできて、じっくりと耳を傾けながら自分のペースで博物館を楽しむことが出来ます。また、事前に旅行会社を通じて申し込みをすれば、遺跡の修復の様子を見学できるような、バックヤードツアーもあります。

見どころ
アンコール国立博物館の8つのギャラリーのうちでも、1000体の仏像を展示しているギャラリーが特に独創的です。このギャラリーでは1000体の仏像を展示することで、古代のクメール文明の時代から現代までの仏教の思想の精神的なつながりを表しています。また、この博物館には売店もあり、お土産も買うことができます。マグカップやシャツなどお馴染みのお土産から、仏像の置物などアンコール独特なお土産などからも選ぶことができます。

カンボジア人気アクティビティランキング

アンコール国立博物館の新着体験談

とても楽しかったです。

2019/06/27 カップル・夫婦 やぎさん

アンコールワットを目的に申し込みました。
朝日オプションは付けていません。
移動はトゥクトゥクを利用しました。

ガイドさんは日本語がとても上手な方で、ツアー中言語に困ることはありませんでした。
ガイドさんに数日滞在してアンコール... 続きを読む

閉じる

アンコールワット+アンコールトム+国立博物館 歴史を学ぶ1日

2019/03/16 家族 たぬたぬ

トゥクトゥクで1日回るのは暑いかなと心配していましたが、心地いい風とカンボジアの空気を直に感じることができました。
雄大な遺跡群には感動の連続でした。
ガイドさんも暑い中説明していただき良かったです。
昼食後ハンモックでの休憩は気持ち... 続きを読む

閉じる

高齢の母同行でも自由に観光できました

2018/05/20 家族 じんさん

高齢の母親との旅行
歩行や暑さ対策に不安のある中、
ゆっくりとした観光に対応いただき、
体調を考慮して観光スポットの変更にも柔軟に対応いただきました。
終始快適な観光ができました。
翌日の観光についても相談に乗っていただきました。

良かったが、コストvsパフォーマンスでは少々お高い

2018/05/08 カップル・夫婦 カンボジア初めて夫婦

ドライバー+日本語ガイド付き レクサスでのプライベート貸切。
混乗ツアーには無い融通は利き、行程は相談次第。
朝日観賞オプション付けて朝5時スタートでしたが、午後3時頃には予定行程終わり。各遺跡とも比較的スムーズ(列がある箇所は飛ばした... 続きを読む

閉じる

貸切にして大正解でした

2018/01/06 家族 中国語をしゃべってみたい

今回は70代の母とその友人連れで利用しました。
ガイドさんが常に母たちの足元を気遣ってくれ、段差のあることは手を
引いてくれたので、安心して遺跡めぐりができました。
貸切なので、母たちが疲れたら小休憩しながら観光できたこともポイントが... 続きを読む

閉じる

とても良かったデス

2017/07/18 カップル・夫婦 匿名希望

こちらのペースに合わせて、丁寧に案内してもらえました。途中、買い物もあったので、スーパーに立ち寄りもあって良かったです。ガイドさん、運転手さんともに非常に気遣いもあって良かったです。

アンコール国立博物館 (観光情報) (観光情報) | カンボジア観光 VELTRA(ベルトラ)
アンコール国立博物館は、シェムリアップのしない中心部にある博物館です。街中からアンコールワットに行く途中に位置しています。冷房設備が整った博物館で、暑い時間帯でも涼しく見学して過ごすことが出来ます。博物館の中は、年代やテーマによって8つのギャラリーに分かれて展示されています。アンコール遺跡から出土した像やレリーフの展示はもちろん、映像での説明などにより、古くからの歴史や信仰などをわかりやすく説明しています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜