コーケー遺跡 (観光情報) (観光情報) | カンボジア観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
コーケー遺跡
4.61
コーケー遺跡は、シェムリアップから北東へ100kmほどのところにある、約30の寺院遺跡や塔の遺跡からなる遺跡群です。アンコール王朝の中でもわずかな年数しか都として使われず、長い間ひっそりと放置されたままだったことから、幻の遺跡とも言われます。奥地に建っているということもあり、手つかずのまま残された遺跡です。地雷撤去が進み、観光客も訪れることができるようになりましたが、まだアクセス手段が確立されていないので、観光客は少ない遺跡でもあります
歴史
コーケーの有力者だったジャヤーヴァルマン4世は王位につくと、アンコールからコーケーに都を遷しました。その息子のハルシャヴァルマン2世もコーケーの都を継ぎました。次のラージェンドラヴァルマン王がアンコール地域に都を戻したため、コーケーに都があったのは928年から944年頃までの間です。コーケー遺跡群の中心にあるのは、プラサットトム寺院遺跡で、階段状のピラミッド型をしています。その他、男性器の象徴をしたリンガをモチーフにした祠堂など約30の寺院遺跡が残っています。

見どころ
コーケーは、アンコール遺跡の郊外遺跡の中でも奥地にあります。長い間、手つかずのままひっそりと眠っていたため、崩壊は進んでいますが、見ごたえのある遺跡です。特に階段状のピラミッド型をしているプラサットトム寺院遺跡は、現在、手すりが整備されて頂上へ登ることができるようになりました。この頂上から、ここでしか見られない絶景があります。それは地平線まで見渡す限りの密林が、360度に渡って広がっているもので、とても迫力のある景色です。

カンボジア人気アクティビティランキング

コーケー遺跡の新着体験談

コーケーのピラミッド頂上に登りました

2020/01/10 ひとりで K.H.

ベンメリアもコーケーも観光客は比較的少なかったです。アンコールワットと違い、郊外の遺跡となるとひっそりとした雰囲気になります。遺跡までは途中悪路を走行しましたが、車窓は楽しめました(カシューナッツやマンゴー畑が広がり、道路沿いには高床式住居... 続きを読む

閉じる

ほぼプライベートツアーでした!

2019/08/27 ひとりで トム☆

プレアヴィヒアにも行きたかったのですが、
飛行機の時間もあり断念!

自分とガイドさん、運転手さんのツアーになりましたが、プライベートガイドさんみたいな感じでとても楽しかったです!

ガイドさんが集合時間よりかなり早く来てビックリ... 続きを読む

閉じる

混載なのに私たち夫婦のみの貸切!

2019/05/05 カップル・夫婦 としちゃん

ガイドさんはまず日本語学校で勉強しましたがおかしいところあったら
直して下さい、と言われて本当に検挙で真摯な方でした。ですが日本語は
不自由なくお上手でとても好感が持てました。
ベンメリア、タッチの差で中国の団体さんの前の入ることがで... 続きを読む

閉じる

ベンメリア+コーケー遺跡群 ジャングルの中に佇む遺跡巡り<昼食付>

2018/02/23 カップル・夫婦 ともゆき

カンボジア遺跡巡りの空き日に夫婦で参加。ガイドの方が日本語堪能でカンボジアのこと遺跡のこと等丁寧に話してくれ非常に参考になりました。また写真も上手に撮っていただき大変満足しています。昼食のお弁当もカンボジアの特色を活かした日本食弁当で満足で... 続きを読む

閉じる

地元民の崇拝を受ける聖地訪問

2018/02/08 カップル・夫婦 神戸のおじさん

コーケーは中国人がほとんどおらず、静かにお参りすることができました。アンコール周辺では珍しいピラミッド様式のブランと呼ばれる寺院も素敵でした。
ベンメリアはアンコールワットの習作みたいな遺跡で、一方で植物との長い闘いの歴史みたいで興味深く... 続きを読む

閉じる

遺跡を独り占め!

2017/12/31 家族 さかなちゃん

明るく元気、経験豊富なガイドさんのおかげで、ステキな経験ができました。
午前中、ベンメリアは中国人観光客だらけということで、午前はコーケーに行きました。
私たち家族以外だれもいない遺跡もあり、静かな中でゆっくり遺跡を楽しめました。
... 続きを読む

閉じる
コーケー遺跡 (観光情報) (観光情報) | カンボジア観光 VELTRA(ベルトラ)
コーケー遺跡は、シェムリアップから北東へ100kmほどのところにある、約30の寺院遺跡や塔の遺跡からなる遺跡群です。アンコール王朝の中でもわずかな年数しか都として使われず、長い間ひっそりと放置されたままだったことから、幻の遺跡とも言われます。奥地に建っているということもあり、手つかずのまま残された遺跡です。地雷撤去が進み、観光客も訪れることができるようになりましたが、まだアクセス手段が確立されていないので、観光客は少ない遺跡でもあります
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜