シェーンブルン宮殿と庭園の観光情報 | ウィーン 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

シェーンブルン宮殿と庭園群

4.08
ウィーンから南西の方角に位置する世界遺産に登録された宮殿と庭園です。宮殿は黄色を基調とした建物で中なの豪華さは比類を見ないとされています。歴史的に有名な皇后マリア・テレジア、その娘マリーアントワネット、ナポレオン1世などが関わった宮殿として世に知られているといいます。広大な庭園は手入れが行き届いていて、花で模様を施したデザインは美しく芝生の上に彩られています。庭園には温室として利用されていたオランジェリー、動物園、温室などもあります。
歴史
1700年にレオポルト1世の狩猟目的のために建設した別荘です。ハプスブルク家出身の皇后マリア・テレジアが君主として地位があった時に完成した宮殿とされています。建物はロココ様式で建設され庭園はバロック様式を取り入れた造りをしています。広さは広大で東西約1.2km南北約1kmの広さがあるエリアに宮殿と庭園があります。1762年にマリア・テレジアの娘マリーアントワネットが当時6歳のモーツァルトの演奏をこの宮殿で聴いたとされています。1805年、1809年位はフランスの皇帝ナポレオン1世が宮殿を司令部として使用したとされています。1996年に世界文化遺産として登録されました。

見どころ
【宮殿内】オーディオガイド付きで見学すると説明を聞きながら見られます。歴史的背景を感じながら部屋の様子や調度品、絵画を見るとより楽しめるでしょう。英語、ドイツ語、日本語のオーディオガイドがあるか確認するといいでしょう。【庭園】広大な庭園は、見応えたがあるとされています。徒歩で観光するため戻る距離も考えて見学するといいとされています。【グロリエッテ】シェーンブルン宮殿の庭園にある丘の上に立つ回廊です。カフェが併設されていて飲み物やケーキを味わえます。日曜日には音楽も演奏されるスペースとして開放されています。

ウィーン人気アクティビティランキング

シェーンブルン宮殿と庭園群の新着体験談

盛りだくさんの内容です

2020/07/04 家族 manamama

午前と午後は別のツアーです。個人ではなかなか行けない郊外に足を運べ、効率的にウィーンを楽しめます。フリー滞在の初日などにもよいと思います。

初日に情報収集できました

2020/03/07 家族 しま姉さん

夜にウィーンについて一晩寝た翌日の午前中に、シェーンブルン宮殿見学ツアーに参加しました。そこを効率よく見たかったというのもありますが、ウィーン情報や観光のポイントを教えていただければという思いで。おかげさまで説明を聞きながらの見学に加え、観... 続きを読む

閉じる

ウィーンらしさ

2020/03/03 ひとりで kだよ

オーケストラによる音楽だけではなくオペラ、バレエもありウィーンに来た感がとてもありました。
音楽も有名どころを扱っていたので初心者にも親しみのある音楽でした。

1日で堪能できるウィーンと「うたかたの恋」の聖地

2020/03/01 ひとりで HWK

シェーンブルン宮殿で、あと1時間くらい自由時間が
欲しかったかな。丁寧な解説を聴きながら、中を観賞した後は、
買い物時間と庭園散策などの自由時間。
これが40分程と短いので、予め、買い物か、庭園散策か決めて
置いた方が良い。
私は... 続きを読む

閉じる

とても素敵でした!

2020/02/29 ひとりで ちかちゃん

お食事も美味しくて演奏もすばらしかったです!
もうしこんだ時はお城で演奏や食事をしながら演奏を見ると思ってましたが、食事をしたら、
少し移動して、別のお部屋で演奏を見る形でした。

圧巻!!

2020/02/29 友達・同僚 あゆみ

おすすめです♪
2月の観光でした!とにかく寒くて風が強いので防寒することオススメします。
ガイドさんが宮殿の中で歴史を色々説明してくれます。
アントワネット好きな人は是非行ってみて下さい♪

シェーンブルン宮殿と庭園の観光情報 | ウィーン 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
ウィーンから南西の方角に位置する世界遺産に登録された宮殿と庭園です。宮殿は黄色を基調とした建物で中なの豪華さは比類を見ないとされています。歴史的に有名な皇后マリア・テレジア、その娘マリーアントワネット、ナポレオン1世などが関わった宮殿として世に知られているといいます。広大な庭園は手入れが行き届いていて、花で模様を施したデザインは美しく芝生の上に彩られています。庭園には温室として利用されていたオランジェリー、動物園、温室などもあります。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜