ウィーン歴史地区 (観光情報) (観光情報) | ウィーン観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

ウィーン歴史地区

4.10
ウィーンにある旧市街が歴史地区として世界遺産に登録されています。歴史地区はリング状になっていて周囲を環状線の電車が走っているといいます。1周は約20分から30分ほどでまわれます。歴史地区の主要な観光名所は、環状線の中心にあるシュテファン寺院、ウィーン国立歌劇場、ベルヴェデーレ宮殿、王宮周辺、市立公園などがあります。環状線の1日パスも販売されています。散策も楽しめ歴史地区では、観光用の馬車も走っているとされています。中世から残る建物と石畳の調和をゆっくりと味わえるでしょう。
歴史
1155年にバーベンベルク家がオーストリアを治めていた時代に、都をクロスターノイブルクからウィーンへ移したことが発展した始まりとしています。1221年にウィーンを都として制定したとされています。1278年には、ハプスブルク家が勢力を出しオーストリアを支配下にしたといいます。14世紀にルドルフ4世がウィーンを大きく発展させていきました。19世紀にハプスブルク家のフランツ・ヨーゼフ1世が都にあった城壁を取り新しく都市計画を遂行し歴史地区へと発展したとされています。バロック時代の建物などが残っている評価により世界遺産として登録されました。

見どころ
【建造物】歴史地区の中にはバロック時代の建物が保存状態もよく多く残されています。王宮ホーフブルク、ベルヴェデーレ宮殿、ウィーン国立歌劇場、フォルクス庭園、国会議事堂、ブルク劇場、市庁舎など見どころの多い建物が集まっています。【観光馬車】歴史地区を観光用の馬車が走っていて、石畳を行き交う様子は中世の時代を彷彿とさせていくれるといいます。【散策】石畳と中世の建物が残されている地区は公園もあり、散策に適しています。【環状線1日パス】歴史地区を取り囲む環状線の1日パスが販売されているとしています。主要な観光地のそばまで行けて観光時間も短縮できるので有効活用できるでしょう。

ウィーン人気アクティビティランキング

ウィーン歴史地区の新着体験談

盛りだくさんの内容です

2020/07/04 家族 manamama

午前と午後は別のツアーです。個人ではなかなか行けない郊外に足を運べ、効率的にウィーンを楽しめます。フリー滞在の初日などにもよいと思います。

初日に情報収集できました

2020/03/07 家族 しま姉さん

夜にウィーンについて一晩寝た翌日の午前中に、シェーンブルン宮殿見学ツアーに参加しました。そこを効率よく見たかったというのもありますが、ウィーン情報や観光のポイントを教えていただければという思いで。おかげさまで説明を聞きながらの見学に加え、観... 続きを読む

閉じる

1日で堪能できるウィーンと「うたかたの恋」の聖地

2020/03/01 ひとりで HWK

シェーンブルン宮殿で、あと1時間くらい自由時間が
欲しかったかな。丁寧な解説を聴きながら、中を観賞した後は、
買い物時間と庭園散策などの自由時間。
これが40分程と短いので、予め、買い物か、庭園散策か決めて
置いた方が良い。
私は... 続きを読む

閉じる

圧巻!!

2020/02/29 友達・同僚 あゆみ

おすすめです♪
2月の観光でした!とにかく寒くて風が強いので防寒することオススメします。
ガイドさんが宮殿の中で歴史を色々説明してくれます。
アントワネット好きな人は是非行ってみて下さい♪

個人で行っても良かった。

2020/02/02 家族 シンシン

市内観光はバスの車窓からだったので、町の全体図を掴むのには良かったです。宮殿内を見学後に庭園などを自由に見る時間はあまりありませんでした。帰りのバスに戻る時間などの説明がしっかりされなかったので、何人か迷ってる人がいました。優先パスが無くて... 続きを読む

閉じる

思っていたより、趣きが無く残念

2020/01/20 ひとりで YAS

大変期待していたのだが、思ったほど趣きが無かった。又東洋からの観光客も大勢いて?
日本人も沢山居る!

ウィーン歴史地区 (観光情報) (観光情報) | ウィーン観光 VELTRA(ベルトラ)
ウィーンにある旧市街が歴史地区として世界遺産に登録されています。歴史地区はリング状になっていて周囲を環状線の電車が走っているといいます。1周は約20分から30分ほどでまわれます。歴史地区の主要な観光名所は、環状線の中心にあるシュテファン寺院、ウィーン国立歌劇場、ベルヴェデーレ宮殿、王宮周辺、市立公園などがあります。環状線の1日パスも販売されています。散策も楽しめ歴史地区では、観光用の馬車も走っているとされています。中世から残る建物と石畳の調和をゆっくりと味わえるでしょう。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜