マリオネット モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」鑑賞<プラハ発>

241808

モーツァルトが作ったオペラをマリオネット達が熱演!歴史あるプラハのマリオネットと、現代バージョンにアレンジした名作「ドン・ジョヴァンニ」の融合。人形使いのテクニックにもご注目ください。

  • 241808
  • 241807
  • 241806
  • 236440
  • Gray Line Kiosk
モーツァルトが作曲したオペラのためのオペラ…それが「ドン・ジョヴァンニ」です。1787年にモーツァルトによる指揮でプラハのエステート劇場にて初演は上演されました。

現在、国立マリオネット劇場では伝統的なマリオネット人形を使いながらも現代バージョンにアレンジしたユニークなドン・ジョヴァンニが上演されています。当時のオシャレな衣装をまとった背の高い操り人形たちと、巧みなパフォーマンスをお楽しみいただけます。
▼ さらに詳細を見る
価格を円で表示
価格を現地通貨で表示
(税込) 最低価格保証実施中!
1 日時を選択してください
2 数量(人数・台数・時間など)を選択してください
大人(11歳以上)
EUR 23.60
JPY 3,250
子供(1~10歳)
EUR 19.60
JPY 2,699
学生(15~26歳)
EUR 19.60
JPY 2,699
即予約確定EUR 0.00JPY 0
EUR 0.00
JPY 0
お見積り金額:
※金額は概算です。
オプションや開始時間により変わることがあります。
大人(11歳以上)
EUR 23.60
JPY 3,250
子供(1~10歳)
EUR 19.60
JPY 2,699
学生(15~26歳)
EUR 19.60
JPY 2,699
ポイント1%還元!
  • 所要時間: 2.5時間
  • 開催曜日: 毎日
  • 送迎: 送迎なし
  • 含まれるもの: チケット
パッケージの詳細・スケジュール
スケジュール&ロケーション
  • スケジュール
  •  
  • 集合場所
  •  
  • 解散場所
  •  

  • 19:40 各自で国立マリオネット劇場にてチェックイン
  • VELTRAのバウチャーを提示して劇場にご入場ください。
  • 20:00 人形劇鑑賞
  • 22:00 人形劇終了 現地解散
ご注意・ご案内
参加時必要な服装・持ち物
    • 学生でお申し込みの方は、国際学生証をお持ちください。
備考・その他
    • 劇場側の都合により、演目は予告無く変更される可能性があります。
    • 座席は自由席となります。事前の座席指定はできかねますため、お早めに劇場へ向かわれることをおすすめします。
よくある質問
このアクティビティに関する問い合わせは こちらから よくある質問をご確認の上、問い合わせフォームからご連絡ください
お支払方法/キャンセルポリシー
支払方法
  • クレジットカード
  • コンビニ、銀行ATM
    *予約によってはご利用いただけない場合があります。詳しくはこちら
キャンセル料について
  • 参加日の2営業日前の現地時間20:00以降、予約総額の100%
クレジットカード決済通貨:円
  • 予約受付時の為替レートにより日本円に換算されます。

VELTRAは最低価格保証!
他に安いのを見つけたらこちらをクリック

EUR 23.60

(税込)

JPY 3,250

(税込)

最低価格保証 & ポイント 1% 還元!
送迎 なし
所要時間 2.5時間
開催曜日 毎日

最新5つ星体験談

by: しーしー
確か、開演の30-40分くらい前に、着いて、前から3列目中央の席を取りました。開演までは、時差ボケもあり、眠くて仕方なかったのですが、始まってみると、眠気もなくなり、楽しめてました。いいものを見せても...もっと見る
最高でした。 舞台の作り、音楽、 人形扱者の紹介もありまして、非常に身近に感じられました。 プラハの人たちが、昔から大切にしてきたことが わかるような気もします。 とにかく 一度 ...もっと見る
マリオネットは初めての鑑賞でした。当初は堅い感じかと思っていましたが、キャストの方が笑いを取ってくれたので時間が短く感じました。クリスマスシーズンのプラハの滞在のポイントアップになる観劇でした。
お気に入りリストに追加しました!
EUR 23.60
JPY 3,250
3.70 / 5
マリオネット モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」鑑賞<プラハ発>

マリオネット モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」鑑賞<プラハ発> | チェコ(チェコ)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

モーツァルトが作ったオペラをマリオネット達が熱演!歴史あるプラハのマリオネットと、現代バージョンにアレンジした名作「ドン・ジョヴァンニ」の融合。人形使いのテクニックにもご注目ください。