プラハ歴史地区 (観光情報) (観光情報) | チェコ観光 VELTRA(ベルトラ)
 プラハ歴史地区とは、チェコのプラハにある、1992年にユネスコ世界遺産に登録された土地の一つです。主にプラハ市街の中心部を占めるその土地には11世紀~18世紀の間に建築された聖堂や墓などが多く眠っています。14世紀にローマ皇帝カールがこの土地を「黄金のプラハ」と名付け、帝都としての都市作りに励んだ土地でもあります。 1000以上にわたって重要な文化施設、宗教施設が立てられ続けた土地であり、その歴史的な価値は計り知れません。
歴史
 ヴルタヴァ川のほとりに位置していた古都プラハは、10世紀にボヘミア王国がその土地に王宮を建てたところから歴史が始まります。プラハ歴史地区の目玉でもあるプラハ城大聖堂は、外国の侵略から王国を守ったバーツラフ国王の墓の上に築かれており、その城には第一次世界大戦後のチェコ独立の際に「真実は勝つ」と書かれた旗が上げられています。1989年のチェコ民主化運動の時には、その城に大統領が送られて独立の意志を示すなど、現代でもその土地には歴史が刻まれ続けています。

見どころ
 プラハ歴史地区の見どころは、何と言ってもその1000年以上の歴史を持つ文化遺産としての様々な建築様式の建物です。ロマネスク様式の建物、ゴシック様式の建物、ルネサンス、バロック、アール・ヌーヴォー、ユダヤのシナゴーグ……、と、西洋の各時代の建物群が一つの土地に立ち並ぶ姿はまさに圧巻の一言。 これほどまでに歴史的な建築物が一点に集中した土地は世界でも珍しく、歩いているだけで長い長い歴史の重みを感じられてくることでしょう。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

チェコの人気アクティビティランキング

プラハ歴史地区 (観光情報) | チェコ観光| VELTRA(ベルトラ)

 プラハ歴史地区とは、チェコのプラハにある、1992年にユネスコ世界遺産に登録された土地の一つです。主にプラハ市街の中心部を占めるその土地には11世紀~18世紀の間に建築された聖堂や墓などが多く眠っています。14世紀にローマ皇帝カールがこの土地を「黄金のプラハ」と名付け、帝都としての都市作りに励んだ土地でもあります。 1000以上にわたって重要な文化施設、宗教施設が立てられ続けた土地であり、その歴史的な価値は計り知れません。