赤と白の両方でAOC認定されたグラーヴ地区のワイナリーを巡ります。
メドック地区の延長線上、砂利(グラーヴ)の多いエリアで、一つのシャトーで赤・白両方のワインが造られていることが多いこの地域。
赤ワインはカベルネ種を主体としており、ややライトな味わいで女性にもとても飲みやすいと評判です。また、白ワインはセミヨン種、ブラン種を用いたすっきりとした辛口が多いです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

グラーヴ (ワイナリー巡り) のおすすめランキング | フランス(ボルドー)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

赤と白の両方でAOC認定されたグラーヴ地区のワイナリーを巡ります。 メドック地区の延長線上、砂利(グラーヴ)の多いエリアで、一つのシャトーで赤・白両方のワインが造られていることが多いこの地域。 赤ワインはカベルネ種を主体としており、ややライトな味わいで女性にもとても飲みやすいと評判です。また、白ワインはセミヨン種、ブラン種を用いたすっきりとした辛口が多いです。