英雄広場はハンガリーの首都ブタペストのアンドラーシ通りの端にある広場で、1987年に「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」の構成資産として世界文化遺産に登録されました。英雄広場はハンガリーの建国一千年を記念して記念碑が建てられた広場で、市民公園の一部となっていますが、世界遺産に登録されているのは英雄広場とその両脇の美術館のみで、市民公園は含まれていません。英雄広場にはハンガリー人を率いてこの地を征服した部族の首長アールパードの騎馬像や、7つの部族長の像、第二次世界大戦の戦没者慰霊碑などがたっています。
歴史
英雄広場は1896年にハンガリー建国一千年を記念して建設された広場で、1929年に完成しました。英雄広場のある市民公園はその100年ほど前から植林が行われてきた緑豊かな場所です。英雄広場には895年、ハンガリー人を率いてカルパティア山脈を征服し、この地に導いた民族の英雄アールパードの騎馬像をはじめ7つの部族の首長の像が立っています。高さ36mの頂上部には初代国王聖イシュトヴァーンの王冠と大主教十字を握る大天使ガブリエル像がそびえ、天使の導きでアールパードが建国したというハンガリー建国伝説を象徴しています。

見どころ
【英雄広場】ハンガリー建国一千年を記念して建設された英雄広場には、ハンガリー建国の英雄アールパードと7つの部族長の騎馬像が建っています。他にもハンガリーの英雄像がたくさん並ぶ広くてきれいな広場です。第二次世界大戦の戦没者慰霊塔や、戦争と平和、労働と繁栄、学問と栄光を表現した4体の像などが並び、ハンガリーの歴史を感じる場所です。【ブダペスト国立西洋美術館】ブダペスト国立西洋美術館は、1896年から1906年にかけて建造された新古典主義の建物に、イタリア、スペイン、フランス、オランダなどの多くの絵画が収蔵されている美術館です。特にスペイン国外では最大規模とも言われるほどスペインの絵画が充実しています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ハンガリーの人気アクティビティランキング

英雄広場 | ハンガリー観光| VELTRA(ベルトラ)

英雄広場はハンガリーの首都ブタペストのアンドラーシ通りの端にある広場で、1987年に「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」の構成資産として世界文化遺産に登録されました。英雄広場はハンガリーの建国一千年を記念して記念碑が建てられた広場で、市民公園の一部となっていますが、世界遺産に登録されているのは英雄広場とその両脇の美術館のみで、市民公園は含まれていません。英雄広場にはハンガリー人を率いてこの地を征服した部族の首長アールパードの騎馬像や、7つの部族長の像、第二次世界大戦の戦没者慰霊碑などがたっています。