忘れられない一日になりました。

投稿者: まるえがお, 2018/06/04

 ユダヤ人に寛容だったポーランドが抱える悲惨すぎる歴史を振り返る、忘れられない経験になりました。
 私個人の事情で、開始時間が1時間遅れてしまったものの、それを感じさせないほど充実したツアーでした。
 グジボフスキ広場とノジークシナゴーグを最初に訪れ、ゲットー蜂起記念碑へ。さらにムラフフ地区を歩いてウムシュラークプラッツに向かいました。歴史の知識が豊富なガイドさんの話に耳を傾けながら、「戦場のピアニスト」のシーンを思い出しながら歩くと、胸にせまるものがあります。
 プラガ地区では、いまだに使われている戦火を免れた建物群を見て歩き、木造の階段をのぞいてみたり。再開発の進む地区で、まだ残る歴史の生々しい跡を見ることができ、感慨深いものがありました。
 ホロコーストの歴史に対して、現在のポーランドの政権やポーランド国民がどういう意識で向き合っているのかなど、1を聴けば10返ってくるガイドさんがいてくださり、ほんとうに勉強になりました。


  • プラガ地区

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/05/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]

期待外れでした

投稿者: アムステルダム, 2018/05/13

他の方のレビューを見てこのツアーの参加を決めましたが、非常に期待外れな酷いツアーでした。ホテル集合にも関わらず、集合時間に遅れて現れ、外で待っていたけど出てこないからホテルの中だと思い来た。といきなり言われてしまいました。日本語もたどたどしく、何処に行っても同じ内容を繰り返し、ひどい時はポーランド人にとって大切な場所。としか言わない場所さえありました。また、ドイツ人は全員ナチス。と言う説明さえ受けました。日本語をしばらく使っていないので、日本語を忘れたそうですが.... 質問をしてもはぐらかされ、ツアーの1つとして出されたジュースが何のジュースかさえ答えてもらえませんでした。週末だからかも知れませんが、ツアーの1つである写真もツアー2日後夜の時点で、まだ送られていません。ドライバーの女の子はとても気の利く良い人でしたので、彼女には5つ星をあげたいと思いますが...ツアーガイドさんが他のレビューを書かれた方々と同じ方なら良いツアーかもしれませんが、そうでなければこのツアーはおススメしません。

催行会社からのコメント

拝啓
この度は、弊社のツアーをご利用頂き、誠にありがとうございます。
今回は、お客様にご満足いただけるツアーをご提供差し上げることが出来ず、心からお詫び申し上げます。
普段ですと、弊社専属のガイドであります北畠がご案内申し上げております処、今回は、本人の都合がどうしても付かず、急きょ、別のツアーガイドを雇った経緯がございました。結果といたしまして、この様な内容のツアーとなってしまった事に関しまして、衷心よりお詫び申し上げますと共に、ツアー料の全額ご返却をご提案いたしたく存じます。
今後、弊社のツアーをご利用いただくお客様には、この様な事を繰り返さないよう、努力して参りたい所存です。
弊社といたしましては、ツアーガイドがドイツ人に対して発言した内容につきまして、非常に遺憾に感じております。このような発言は許されるべきものではありません。おそらくは、ガイド本人の日本語能力の不十分さから出た発言ではないかと推測され、このような意見が通常、ポーランド人の口から出るものではない事を申し添えさせて頂きます。
弊社といたしましては、該当のガイドとの協力関係を今後、打ち切る事を決定いたしております。
なお、ツアー代金ご返却の件につきましては、Veltry社までご連絡いただければと存じます。
何卒、どうぞ宜しくお願い致します。
敬具

評価:
利用形態:家族
参加日:2018/05/11
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ユダヤの歴史プライベートツアー

投稿者: KAZU, 2017/05/07

これしか空いてなかったので参加した次第
しかしハーフのガイドさんが各種の写真資料や彼のひいおばあちゃんとおばあちゃんの話しをしてくれ、震えあがった。
そしてクラクフでアウシュビッツに行き、帰国してから日本人の収容所 日系人部隊のTVをみて人ごとで無いと思い、ワルシャワゲットーが我々にも降りかかる話しと感じた次第
明暗を見れて旅行の価値が100上がった
本当に参加してよかった。
ガイドの彼に感謝します

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2017/04/27
この体験談は参考になりましたか? [はい]

熱意あふれるガイドさんによって、第2次世界大戦時にワルシャワで起こったホロコーストを知るツアー

投稿者: フォンティン, 2017/03/14

 宿泊したホテルのロビーで約束の時間(15時)に待っていたら、ガイドさんが15分すぎに声をかけてくれました。たしか15時にその人を見かけましたが、お互いに認識できなかったようで、ちょっとツアー開始が遅れました。ホテルの前には1970年代の車、明るい黄色の「ポルスキ・フィアット」が停まっており、感じのいい運転手さんが笑顔で迎えてくれました。この車、ときどき「ブルン!ブルン!」とエンストを起こしそうになり、街を走っていると通行人の注目を浴び、よく写真に撮られていました。
 ガイドのHAYATOさん(男性、20代前半か?)は、ユダヤ系ポーランド人と日本人のダブル(ハーフではない!)で、おばあさん(映画『戦場のピアニスト』の主人公シュピルマンとは知り合いらしい!)は、ワルシャワ・ゲットーにいたホロコーストの生き残りだそうです。そのため、おばあさんから聞いた体験談もガイド内容に盛り込まれ、普通の人の体験した歴史を知ることができて良かったです。
 ツアーは、ワルシャワの人たちが瓦礫を積み上げ、復興させた旧市街の説明に始まり、今はあとかたもないワルシャワ・ゲットーの跡地をめぐり、ユダヤ人墓地も訪れました。今は墓を守る人がすべてホロコーストで死に絶えてしまい、荒れ放題になっている墓地を見て、歴史の悲劇を痛いほど感じました。そして、今日高層ビルの立ち並ぶワルシャワの町には、明らかに社会主義時代の建物(文化宮殿はその代表)とわかるものもあちこちに見られ、戦中戦後の歴史がここに凝縮されているのを目の当たりにしました。
 歴史の教科書では「1939年9月にナチス・ドイツがポーランドに侵攻して、第2次世界大戦が始まった」としか習いませんが、そこでどれだけのユダヤ人、あるいはポーランド人の無辜の市民の命が奪われたのかがよくわかりました。HAYATOさんの日本語は一部ぎこちないところもありますが、「自分の知っていることをすべて伝えたい!」という熱意にあふれ、ワルシャワで起きた悲劇を伝えるのが自分の使命だと感じているようでした。
 このツアーを通じて、個人での訪問ではおそらく無理であっただろう体験をすることができました。わたしは教員なので、ここで体験したことを次の世代に伝えていきたいと思っています。
HAYATOさんと運転手さんに心からの感謝を捧げます。
 
追記:途中、立ち寄ったチョコレート・ショップ「Wawel」でテイクアウトしたココアは絶品でした。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2017/03/09
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エリアからツアーを探す

ポルスキ・フィアット125pで行く!「戦場のピアニスト」のロケ地も訪ねる ユダヤの歴史を探るプライベートツアー<日本語or英語/ワルシャワ発>の参加体験談 | ポーランド(ワルシャワ)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

ポルスキ・フィアット125pで行く!「戦場のピアニスト」のロケ地も訪ねる ユダヤの歴史を探るプライベートツアー<日本語or英語/ワルシャワ発>の参加体験談 | 歴史に翻弄されたワルシャワのユダヤ人。レトロなポルスキ・フィアット125pに乗って彼らの歴史を学ぶ4時間のプライベートツアー!かつてのゲットーやその壁、『戦場のピアニスト』のロケ地などへとご案内します。