絶景ハイキング

投稿者: ひとりハイキング, 2017/09/01

集合場所はトラム駅Sihlquaiで降りてすぐの所でした。

道中はガイドさんが、車窓から見える観光名所やスイスについて説明してくれ楽しく過ごせました。
Luzernでさらに参加者をピックアップし、Interlakenで休憩後、Grindelwaldに到着。Jungfraujoch Top of Europeに行くグループにガイドさんは同行するため、バスの運転手さんから、Grindelwald-Interlaken Ostの列車チケットが配布され、集合時間までに、Interlakenで先に休憩した場所まで各自戻ってくるようにとのことでした。
その後、バスで表通りまで送ってもらえますが、私はゴンドラの乗り場が近かったため、チケットを貰ってすぐに降車させてもらいました。
<ハイキングコース>
ゴンドラ:Grindelwald-->Mannlichen(ハーフフェアチケットで15フラン)世界最長らしく、30分ほどで1000m以上を登ります。軽くランチを取りながら360℃のパノラマを楽しみました。メンリッヒェンに到着するとEiger, Monch, Jungfrauの3つが眼前に広がっており、絶景でした。
ハイキング1: Mannlichen-->Kline Schidegg
3つの山を眺めながら、アイガーの麓のクライネシャイデックまでの高低の少ない気軽なコースを、1時間ほどハイキング。たくさんいる牛の鳴き声やカウベルの音は、スイスならではかも。クライネシャイデックでは、逆さ富士ならぬ逆さアイガーが見える池がありました。またユングフラウヨッホへ登る列車の乗換え駅のようで、ホテルやレストランもあり、のんびりビールを飲みたいところでしたが先があるため我慢して次へ。
ハイキング2:Kleine Scheidegg-->Alpiglen
時間がないので、ユングフラウヨッホの展望台までは行かず、グリンデルワルドに降る一駅分を1時間ほどハイキング。
列車: Alpiglen-->Grindelwald(同8フラン)-->Interlaken アルピグレンからグリンデルワルドまであっという間に到着し、駅前のコープでビールとつまみを買って、次の列車に乗り、インターラーケンに無事到着。
集合時間ギリギリだと思ったら、バスが遅れて来ました。

チューリッヒへは40分ほど遅れて戻りましたが、次の予定があったため、ツアーに参加する時は、時間に余裕をもっておいたほうが良いなと思いました。ちなみにお店もスーパーも閉まる時間が早いので、チューリッヒ中央駅近くのコープは22時まで空いていて便利です。

また、別の若者グループは、グリンデルワルドの反対側でアクティビティやバイクライドを楽しんできたとのこと。
Zermattで氷河を十分堪能した後だったため、私はハイキングする事にしましたが、当日の天気次第で晴れたら現地でユングフラウヨッホ展望台へ登るチケット(往復184フラン)を購入し、氷河を眺める選択肢もあるかと思いました。


  • 1)ゴンドラ乗り場


  • 4)メンリッヒテンからクライネシャイデックへのハイキングスタート時点


  • 2)ゴンドラからの景色


  • 5)ハイキング


  • 7)クライネシャイデック駅


  • 9)クライネシャイデックからのハイキング2


  • 8)クライネシャイデックからユングフラウヨッホへの列車


  • 10)頼りになる道票


  • 3)メンリッヒェンからの3つの山の眺め


  • 6)逆さアイガー

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2017/08/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]

どんな絵葉書や写真より素晴らしかった!

投稿者: noumuton, 2017/08/03

天候に恵まれ、素晴らしいアルプスの景色を堪能できました。途中駅でユングフラウヨッホに行く人たちと分かれたのでそこがグリンデンワルトでインターラーケンまでの切符をもらって解散かと思っていたら、しばらく待たされた後、別のバスで移動になったので状況がわからず焦りましたが、着いた駅がグリンデンワルトでした。そこから少し歩いてフィルストのロープウェイで上に上がったら、壮大な山々をバックに牛やヤギがのんびり草を食む、まさにハイジの世界。気温は半袖でも暑いくらいでしたが、晴れ渡った青空のもとアイガーなどを見ながらの散策は感動の体験でした。バッハアルプゼー湖方面へ歩きましたが、湖まで行くのは時間的に厳しかったのと、十分堪能した気分だったので、途中で引き返してきました。
インターラーケンでのピックアップ場所は集合時間の書かれた地図をくれますが、オスト駅から少し迷ったので時間を気にしながら急いで指定の17:45に着いたら、なかなかバスが来ないので間違えたかと非常に不安な思いで待ちました。結局バスが来たのは18時ちょっと過ぎ。実際の出発予定時刻は18時で、その15分前が集合時刻に書かれていたのだと思います。他のツァーでもありましたが、よそをまわってのピックアップの場合などは時間通りに来ないことも多いようです。
言葉のハンディもあり何度か気をもんだ場面もありましたが、天候が良ければ本当に素晴らしい景色が見られるツァーなのでおすすめです!あと、渡される地図は建物の名称などは記載されていない簡単なものなので、実際に行かれる方はグリンデンワルトとインターラーケンのマップがのっているガイドブックをもって行った方がよいです。そうでないとロープウェイ乗り場や集合場所など迷う可能性が高いです。




評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2017/07/29
この体験談は参考になりましたか? [はい]

これぞスイス‼︎ハイジの世界が楽しめました。

投稿者: サトイモ, 2017/06/29

物価の高いスイス、電車もかなり高額です。
スイスパスの購入も検討しましたが、バスツアーのほうがリーズナブルだと判断し、こちらのツアーに参加しました。
特に我が家は5歳と2歳の幼児連れだったため、乗り換えの手間なども考えると、バスのほうが楽でした。

2階建てのツアーバスは快適で、車窓からの眺めは抜群!
水の古都・ルツェルンを経由するのでそこの景色も眺められましたし、その後山をどんどん登っていく過程がよくわかります。
このツアーには、グリンデルワルト〜インターラーケンの登山鉄道のチケットも含まれているので、電車の景色も30分ほど楽しめました。
グリンデルワルトで下車して、インターラーケンでの待ち合わせまで自由行動、というのがやや不安でしたが、グリンデルワルトに着く前に一度インターラーケンで休憩しつつ、待ち合わせ場所を見せてくれるので安心です。

今回のスイス旅行ではユングフラウにも行ってみたかったのですが、小さい子どもが高山病になるのが怖くてあきらめました。
でも、グリンデルワルトからフィルストに登ることにして正解だったと思っています。
山頂には雪こそないものの、高山植物が咲きみだれ、切り立った崖の上で足元ガラス張りの通路や吊り橋を歩くクリフウォークが楽しめます。

6月末のグリンデルワルトは、天気予報を見ると気候の悪い日ばかりで心配でした。
実際、私たちが参加した日、チューリッヒは朝から雨。
でもグリンデルワルトに着くと、ぱっと雲が晴れました。
フィルストには霧が立ち込めていましたが、リフトで霧の中に突っ込んでいくと、
真っ白な視界の中に、下で草を食む牛たちのカウベルの音が響いて、幻想的。
山頂で霧の中、小さな花々が咲く中を歩くのは、あの世を体験しているようでした(笑)

山頂から滑り降りるジップラインは悪天候でお休みでしたが、
もともと体重が35kg以上ないと利用できないので、我が家の場合は問題なく。
中腹にある公園でリフトを途中下車して、アルプスを眺めながらブランコに。まさにハイジの気分です!
6歳以上なら、トロッティバイクで上から走り降りてくることもできます。
ハイキングしている人も、リフトからたくさん見えました。
リフトからの景色は本当に美しい。ハイジはこういうところに住んでるんだな、と実感できます。

我が家の敗因は、お昼ご飯でのんびりしすぎたこと。
12時前にグリンデルワルトに着いたので、先にリフト乗り場近くのピザ屋Uncle Tom'sで昼食にしたのですが
グリンデルワルトのきれいな空気の中、野菜いっぱいのピザと
冷たい地ビール・イッティンガーがおいしすぎてつい…(笑)
山にできるだけ時間をとったほうが良さそうです。

あとオススメは、ガイドさんにグリンデルワルトで何がしたいか最初に伝えること。
私たちは当初、メンリッヘンに登ろうかと思っていて相談したのですが、
メンリッヘンは地味すぎるからフィルストにしなさいと勧められ、
バスでフィルストのリフト乗り場まで送ってもらえました。
ガイドさんは英語、フランス語、スペイン語とまさに多言語で話されていました。

グリンデルワルトからインターラーケンへの電車は、2017年6月だと
毎時19分と49分の1時間に2本。
インターラーケンの駅から17:45の集合場所までは15分ほど歩きます。
インターラーケンは、ずいぶん観光地化している感じでしたが
北海道の神の子池のような青い川がきれい‼︎
可愛らしい教会のそばに、なぜか日本庭園もあり、面白かったです。
ただインターラーケンは正直それほど見所がなかったので
推奨より遅かったのですが、インターラーケン駅でオムツ替え(駅事務所で鍵を借りるのが面倒…)の時間を加味して、16:19グリンデルワルト発の列車でちょうどよかったと思っています。


  • リアルハイジ体験ができました


  • リフトから牛や清流が眺められます


  • 山頂の霧に包まれた崖


  • グリンデルワルトの景色だけでもお腹いっぱいです


  • アルプスの景色は最高‼︎


  • 子どもたちと高山植物を観察しました

評価:
利用形態:小さなお子様連れ
参加日:2017/06/25
この体験談は参考になりましたか? [はい]

楽しかったです。

投稿者: ともみ, 2016/08/29

最初にグリンデルワルトに残るグループとユングフラウに行くグループで希望を取るという事でしたが、私達は最初からグリンデルワルトに残る事にされてました(笑)受付した時にステッカーをもらうのですが、ピンクは居残り、青がどうやらユングフラウ行きのようでした。私達は当初からグリンデルワルトに残るつもりだったのでよかったですが、行きたい方は確認された方がいいかも?
ガイドさんは朗らかで、お話もうまく、楽しい移動時間を過ごしました。私達の時は英語とスペイン語でした。
グリンデルワルトでの自由時間は4時間弱ありましたが、とにかくアクティビティの場所がわかりづらく、地元の案内所は大変不親切で、目的のアクティビティに辿り着くのにかなり時間を使ってしまいました。事前の下調べが肝心かと思われます^_^; 私達は小さな街の事と思い、ロクに調べてませんでしたので。グリンデルワルトでの案内や紹介などが充実しているとさらに良いと思います。
スケジュールは概ね皆さんが投稿されている通りでしたよ。

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/08/26
この体験談は参考になりましたか? [はい]

お天気が良ければ・・・

投稿者: tokumei, 2016/08/13

高校生の娘と参加しました。
集合場所に行くと、ユングフラウヨッホまで行かないのかと聞かれ、その場で申し込みしました。
二人で270ユーロでした。
登山鉄道は快適でしたが、途中から少し気分が悪いかなと思っていて、ユングフラウヨッホ駅で降りたらやはり高山病の症状が出ました。
せっかくそこまで行ったのですが、ロビーで動けなくなってしまい、結局展望台には行かれませんでした。
まぁお天気が悪くて視界もほぼ0だったのですが。
ガイドさんの英語はゆっくりで聞き取りやすく、問題なく行動できました。

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/08/10
この体験談は参考になりましたか? [はい]

スイスで良い旅が出来ました!

投稿者: Takahiro Suzuki, 2016/03/02

私たちは3泊4日のチューリッヒの旅でした。現地について2日目(ツアーの前日)に予約して3日目に参加したツアーでしたが、すんなりと予約することが出来ました。予約をしたら予約確認用紙を印刷してそれをバスターミナルまで持って行くだけです。あとはバスに乗ってバスガイドさんについていくだけで大丈夫です。旅行のしおりとガイドさんの説明はすべて英語でした。

ツアーの詳細(参考)時間は大体です。

8:00 チューリッヒ駅近くのバスターミナル出発(バスターミナルの近くにスタバあり)

10:00 インターラーケン(Interlaken)到着 
    1時間の自由時間(買い物、ATM(JCBも使用可)、インフォメーションデスクあり)

11:00 インターラーケン出発

    グリンデワルド(Grindewald)でバスから電車に乗り換えてユングラウヨッホへ

12:30 ユングラウヨッホ(Jungfraujoch)到着
   (ここから山頂のユングラウヨッホに行く人とグリンデワルトに残る人に分かれます。)
    私たちの場合は、プランに山頂までのチケット代が含まれていなかったのでチケット代
    を払って(チケット「グリンデワルト~ユングラウヨッホまで」はひとり110フランで
    した。(約¥12,600)2016/2/22
    他の観光客とバスガイドさんと一緒に電車を乗り継いでユングラウヨッホに行きまし 
    た。
    
    2時間の自由時間(展望台、お土産、食事、ちょっとした博物館)

15:00 ユングラウヨッホ出発 

15:45 グリンデワルド到着

16:00 グリンデワルド出発

17:00 インターラーケンオスト(Interlaken Ost)駅到着

17:15 インターラーケンオスト駅出発

19:30 集合場所と同じバスターミナルに到着

このツアーは日本では体験出来ないスイスならではツアーなので参加価値は十分にあります。値段もお手頃価格だと思います。参加人数は10人前後でいろいろな国の方が参加していました。山頂は3,453mあります。そして麓から山頂まで1時間弱で行き酸素が急に薄くなるので体調も考慮した方がいいと思いました。スイスの大自然を一日で体験出来たとてもよいツアーでした。






    




  • ユングラウヨッホに向かう電車の中から撮った写真


  • ユングラウヨッホの展望台からの写真


  • ユングラウヨッホの頂上に人工でできた氷の通路がありそこで撮った写真

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/02/22
この体験談は参考になりましたか? [はい]

登山ではありません

投稿者: ひで777, 2015/09/25

インターラーケンとグリンデルワルドを自由に散策できます。何を見るか、ご飯は何を食べるかあらかじめ調べてから参加することをオススメします。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2015/09/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

素晴らしい思い出になりました

投稿者: marble2014, 2015/09/02

グリンデルワルトでは4時間ほど自由時間があったので、展望台で眺めを楽しみ、トロッティバイクで山を下り、長い滑り台で遊んだり十分遊ぶことができました。子どもが制約条件をクリアしていなかったのでパラグライダーやフィルストフライヤーはできませんでしたが、機会があれば次は是非チャレンジしたいです。
子連れ旅でしたのでバスや電車に乗っている時間や到着してからの自由時間がどれだけあるのかが気になるところでしたが、ツアー詳細に掲載されていなかったので個別に確認してから参加しました。参考までに記します。
8時チューリッヒ中央駅近くの観光バスターミナル出発
10時半インターラーケン到着、小休憩
11時インターラーケンを同じバスで出発
12時半グリンデルワルト到着
16時過半グリンデルワルトを電車で出発
17時インターラーケン・オスト駅に到着
18時行きと同じバスがピックアップしてくれて出発
20時チューリッヒの同じバスターミナルで解散


  • フィルストの展望台に張り出した見晴らし台。先端はガラス張りなので勇気を必要とします。


  • インターラーケンの広々とした芝生。パラグライダーが次々と着陸していました。

評価:
利用形態:家族
参加日:2015/08/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]

良かった

投稿者: tommy, 2015/05/31

行って良かったと思います。観光の内容は、シンプルでしたが、スイス価格なので仕方ないですね。。しかし、大自然を堪能できよかったです。ゴンドラは別料金ですが、乗ることをオススメします。


評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2015/05/12
この体験談は参考になりましたか? [はい]

自然に囲まれてのんびり

投稿者: flying-granma, 2014/10/12

ユングフラウヨッコ行きのバスに同乗しチューリッヒを出発後、インターラーケンで休憩しました。ユングフラウヨッホ行きの乗客は鉄道の駅へ、私たちはグリンデルワルト駅で帰りの電車の切符を渡されて解散しました。駅前はレストランや土産物屋が並んでいて、アイガーもそびえています。それを眺めながら歩いて10分程でフィエスト行きのゴンドラ乗り場に着きます。チケット(往復57スイスフラン)を購入するとゲートを通り、自分で乗り込みます。頂上まで25分で、なかなかの長旅ですが、下を臨むと緑の木々に囲まれた山小屋や草を食む牛などの景色が素晴らしいし、鳥の声や小川のせせらぎが心を落ち着かせてくれます。頂上駅で降りて、少しだけ傾斜を上ると絶景が待っています。アイガーに続く山々が目の前にあり、山の間には青白く輝く氷河がみえます。晴天に恵まれ日差しが暑い位です。自然の広い空間の中に居る事を実感します。頂上では写真を撮る人はもちろん、絵を描いている人もいました。ベンチがあるので座ってのんびりできます。空気と景色の素晴らしさにずーと居たいと思いました。登りはゴンドラに乗り、下りは徒歩でハイキングもできます。電車でインターラーケンに戻る為グリンデルワルト駅に帰りました。始発駅であり、電車の行き先は2か所で、そのうちの1つはインターラーケン行きですから間違えようはありません。約35分揺られて、インターラーケンオスト駅に到着。時間に余裕があるので駅前のカフェで昼食をとり、バスとの待ち合わせ場所まで歩きます。途中は土産物屋が並んでいるので覗きながら真っ直ぐ進んで10分程です。インターラーケンでは近くの山からパラセイリングの人が降りてきました。時間があればチャレンジしたかったです。ひとり行動で不安がありましたが、全くの杞憂におわりました。ゆったりしたスケジュールになっており、自分のペースで動くことができるので、疲れることなく楽しめました。その後、ユングフラウヨッホから戻ってきたバスに同乗してチューリッヒに帰りました。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2014/09/17
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

グリンデルワルド

投稿者: おかやま, 2014/08/22

グリンデルワルドは、簡単なハイキングコースや、ロープウェイがあって、小さな子供連れでも楽しめました。景色も、とても素晴らしかったです。

評価:
利用形態:小さなお子様連れ
参加日:2014/08/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ユングフラウバーンに感激

投稿者: 千種民江, 2014/06/19

インターラーケン~ユングフラウヨッホまでの2種類の登山電車、特にユングフラウバーンの
壮大さには感激、約200年も前によくぞあれだけの工事を完成させたスイス人の工夫達の苦労に頭が下がりました。お陰で今私達は楽しく見物出来ることを感謝します。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2014/05/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エリアからツアーを探す

アルプスの少女ハイジの世界へ!グリンデルワルトとインターラーケン 1日ツアー<チューリヒ発>の参加体験談 | スイス(チューリッヒ)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

アルプスの少女ハイジの世界へ!グリンデルワルトとインターラーケン 1日ツアー<チューリヒ発>の参加体験談 | 緑がおりなす絨毯、白くまぶしいアルプスの名峰・・・ベルンの南にひろがるベルナーオーバーラントの風景は、日本人がイメージするスイスそのもの。人気のグリンデルワルトとインターラーケンを訪れます♪