ヴィクトリア&アルバート博物館はロンドンのケンジントンにあり、優れたデザインの歴史を集めた世界最大規模の国立博物館です。ヴィクトリア女王とアルバート公が基礎を築き、ロンドン万国博覧会の収益と展示品をもとにして開館しました。現代美術や宝石からロックアーティストのコスチュームまで様々な400万点ものコレクションが揃っているので、全て見て回るには1日では足りないぐらいです。
歴史
1851年のロンドン万国博覧会の展示品をもとに、その翌年に産業博物館として開館しました。1857年にはサウスケンジントンに移転したため、サウスケンジントン博物館と改めましたが、後の1899年にヴィクトリア&アルバート博物館と改名されました。そして1909年に、現在の建物が完成しました。第二次世界大戦当時、爆弾によって建物の西側は側面に傷を受けましたが、その部分は現在もまだ修復されずに残っています。

見どころ
【ファッションコレクション】中世のヨーロッパの豪華なドレスから現在までの移り変わるファッション文化を知ることができます。
【宝石や装飾品】古代ギリシャから現在までのヨーロッパの宝石や様々な装飾品が展示されています。時代背景とともに違う絵が描かれているステンドグラスも見どころです。
【家具や建築のコレクション】中世から現在までの家具が、所狭しと飾られています。また古代建築から近代の有名な建築家までの図面や模型、実際の建築の部分なども展示されています。
0アクティビティ
1/0ページ

エリアからツアーを探す

イギリス ロンドンの観光地一覧

テーマで選ぶ

ヴィクトリア&アルバート博物館 (観光情報) | ロンドン観光| VELTRA(ベルトラ)

ヴィクトリア&アルバート博物館はロンドンのケンジントンにあり、優れたデザインの歴史を集めた世界最大規模の国立博物館です。ヴィクトリア女王とアルバート公が基礎を築き、ロンドン万国博覧会の収益と展示品をもとにして開館しました。現代美術や宝石からロックアーティストのコスチュームまで様々な400万点ものコレクションが揃っているので、全て見て回るには1日では足りないぐらいです。