ハイドパークはロンドンの中心部にある巨大な公園です。名前の由来は、公園内で最も古くからあったイーバリー卿の荘園の面積が1ハイド(0.24から0.49平方キロメートル)だったとされているためです。その面積は広大でウェストミンスター地区からケンジントン地区にかけて存在し、ロンドンの8つある王立公園の1つでもあります。また世界初の万国博覧会の会場になった場所でもあります。またハイドパークは、ジキル博士とハイド氏のような様々なフィクションにもよく登場しています。
歴史
1536年にイングランド国王ヘンリー8世によって、ウェストミンスター寺院から荘園跡を含めた土地が買い上げられました。その後長い間、王家の狩猟場として使われてきましたが、1637年に公園として一般開放されました。そして1851年にはロンドン万国博覧会の会場になりました。最近ではロックコンサートも頻繁に開かれていて、多くの人がロンドンの都市の中心部でゆっくりできる場所となりました。

見どころ
【美しい公園を散歩】ハイドパークはロンドン中心部の緑のオアシスとも言えます。ジョギングをする人もたくさんいて、のんびり散歩するのにちょうどいい場所です。
【グランド?エントランス】公園の正門に3つの馬車用アーチ門と2つの歩行者用門があります。
【ダイアナ妃記念噴水】故ダイアナ元妃のために作られた噴水が、サーペンタイン?レイクの南にあります。吹き上げるタイプではなく、なだらかな流れるプールのような形をしています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 車が通れない道を自転車で走り抜ける自転車ツアー。観光バスや車からは見る事の出来ないロンドンの景色をご満喫いただけるのでとてもおすすめです!ひとあじ違ったロンドン体験を楽しんでみませんか?
    毎日
    3.5 ~ 4時間 (午前, 午後)

ロンドンの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

イギリス ロンドンの観光地一覧

テーマで選ぶ

ハイド・パーク (観光情報) | ロンドン観光| VELTRA(ベルトラ)

ハイドパークはロンドンの中心部にある巨大な公園です。名前の由来は、公園内で最も古くからあったイーバリー卿の荘園の面積が1ハイド(0.24から0.49平方キロメートル)だったとされているためです。その面積は広大でウェストミンスター地区からケンジントン地区にかけて存在し、ロンドンの8つある王立公園の1つでもあります。また世界初の万国博覧会の会場になった場所でもあります。またハイドパークは、ジキル博士とハイド氏のような様々なフィクションにもよく登場しています。