阿寒湖観光モデルコース!3日間で堪能する最強プラン

阿寒 湖 観光 モデル コース

北海道の自然とグルメを満喫したい方にぴったりの、阿寒湖観光3日間モデルコースをご紹介します。阿寒湖や釧路湿原、アイヌ文化を感じられる施設などを巡りながら、ほかではできないアクティビティを盛り込んだものです。これを参考に阿寒湖観光を思い切り楽しみましょう。

\ 事前予約で当日の観光がスムーズに! /

目次

1日目

阿寒 湖 観光 モデル コース1日目

阿寒湖観光は、釧路市湿原展望台からスタートしましょう。ここに来れば、広大な湿原の風景を一望でき、四季折々の自然の美しさを感じることができます。午後は、道の駅 「阿寒丹頂の里」で、地元の新鮮な食材を使った料理を堪能しましょう。また、タンチョウ観察も楽しめます。

夕方には、「あかん湖 鶴雅ウイングス」でリラックスしましょう。湖畔に位置するこの施設では、阿寒湖の美しい風景を眺めながら、温泉に浸かることができます。そして、一日の締めくくりは、「阿寒湖アイヌコタン」で。ここでは、アイヌの伝統文化を学ぶことができ、また、伝統的なパフォーマンスを観賞することもできます。

それぞれの場所が、阿寒湖の魅力を存分に体験できるように選ばれています。次のパートでは、それぞれの観光スポットをご紹介していきます。

午前:釧路市湿原展望台

釧路市湿原展望台

釧路湿原展望台は、日本最大級の湿原である釧路湿原を一望できるスポットです。広大な湿原の風景は、まるで別世界のよう。特別天然記念物のタンチョウやキタサンショウウオなど、希少な動植物が生息していることでも知られています。また、展望台からは釧路川の大きな蛇行や、その遙か向こうには雄阿寒岳、雌阿寒岳がそびえ立つ風景を望むことができます。

美しい夕日を見ることができる展望台として人気があり、川面に反射する夕日や、赤や薄紫などに色調が少しずつ変化する空のようすを楽しむことができます。また、釧路湿原の人気アクティビティであるカヌー下りの起点・終点になることが多いエリアでもあります。早朝の静寂な時間帯に訪れれば、自然の息吹を感じることができるでしょう。

\ 混雑回避で効率よく楽しみたい方に /

体験談

運転手の方のおすすめでとても満足

釧路空港午後着からの2時間コース(丹頂鶴、湿原)でお願いしました。
途中、運転手の方から「有料の湿原展望台が通常のコースなんですが、市営の無料展望台の方が多分満足されるかと」
と提案いただき、急遽コース変更。
結果、同行の妻も感激の雄大な湿原の広がりを目の当たりにすることができ、そしてその道中でも釧路川沿いて、飼育されているのではない野生の丹頂鶴や鹿を見ることができ(それも運転手の方が目ざとく見つけては都度車を停めてくれました)、とてもよかったです。
もちろん時間オーバー分はお支払いしましたが、とても満足でした!

(評価: /カップル・夫婦)

スムーズに観光できた

釧路空港→細岡展望台→展望台(海)→ホテルのコースで利用しました。釧路空港に早く着いたので電話した所もう運転手さんは到着してるとのこと、空港で予約した人の名前の書いてあるボードを持って迎えに来てくれました。道中キタキツネが見れたら車を止めてくれたり、色々気遣っていただけました。

(評価: /ひとりで)

観光タクシーに乗車して!

今日は「国際ツルセンター」に向かいました。
昨日と同じ運転手さん、色々と釧路の観光ガイドをしていただきました。
運転手さん曰く、阿寒川沿いの森の木々に「オジロワシ」がとまっていること
があるとのこと。
さっそく川沿いの細い農道を数ヵ所ゆっくり走行、眼を凝らして捜索しましたが見つからず諦めていたところ、運転手さんが見つけてくれました。
急いでカメラを持ってしてシャッターを切りました。
とてもラッキーな体験ができました。 感謝! 満足。

(評価: /友達・同僚)

所在地 北海道釧路市北斗6-11
料金 大人:480円、高校生:250円、小中学生:120円
営業時間 4月~9月 8:30~18:00
10月~3月 9:00~17:00
地図

午後:道の駅 阿寒丹頂の里

午後の訪れるべきスポットは、「道の駅 阿寒丹頂の里」です。ここは、阿寒湖エリアの中心地に位置し、アイヌ文化や阿寒の自然を感じることができる場所です。地元の特産品を購入することができ、乗馬やウォーキングも楽しめます。

また、道の駅 阿寒丹頂の里では、アイヌ文化に触れることもできます。アイヌの伝統的な生活様式や工芸品を学ぶことができ、その深い歴史と文化に触れることができます

さらに、ここではボッケという地熱現象も見ることができます。地面から湧き出る熱い水蒸気は、大自然の力強さを感じさせてくれます。

道の駅内には温泉施設もあります。阿寒湖の美しい景色を眺めながら、温泉に浸かる時間は、旅の疲れを癒す最高のひとときとなるでしょう。道の駅 阿寒丹頂の里で、阿寒の魅力を存分に感じてみませんか。

所在地 北海道釧路市阿寒町上阿寒23線36-1
料金 無料
営業時間 5月~9月 9:00~18:00
10月~4月 9:00~17:00
観光案内所 10:00~16:00
地図

夕方:あかん湖 鶴雅ウイングス

宿泊は「あかん湖 鶴雅ウイングス」がおすすめです。ここは、北海道釧路市阿寒町に位置する、自然と調和した美しい施設で、湖と森の国の物語を感じることができます。姉妹館「あかん遊久の里 鶴雅」の展望露天風呂も利用可能で、湯巡りを楽しむことができます。

夕食は、できたての料理を好きなだけ堪能する贅沢を味わいましょう。ビュッフェレストランには、ライブ感たっぷりのオープンキッチンが設えられており、料理人の技を目の前で楽しみながら、絶品の料理を味わうことができます。

また、徒歩約10分の距離には、阿寒湖の森ナイトウォーク KAMUY LUMINA(カムイルミナ)があり、アイヌの物語をモチーフにしたデジタルアートが楽しめます。

夜:阿寒湖アイヌコタン

夜:阿寒湖アイヌコタン

阿寒湖アイヌコタンは、アイヌ文化を体験できるスポットとして知られています。木彫やアクセサリーなどの民芸品店が並び、アイヌの伝統的な生活や文化に触れることができます。また、喫茶店で一息つきながら、アイヌの伝統的な食事やお茶を楽しむこともできます。

夜になると、アイヌ文化専用劇場「阿寒湖アイヌシアター『イコ』」でショーが開催されます。アイヌの伝統的な衣装を身にまとったダンサーやミュージシャンたちのパフォーマンスは、訪れる人々を魅了します。

所在地 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-19
料金 要問合せ
営業時間 要問合せ
地図

2日目

阿寒 湖 観光 モデル コース2日目

2日目の阿寒湖観光モデルコースでは、釧路の魅力を存分に体験していただきます。午前中は、新鮮な海産物が並ぶ「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」で、北海道の美味しいグルメを堪能しましょう。地元の漁師が獲った新鮮な海産物をその場で味わうことができます。

午後は、「丹頂鶴自然公園」へ。ここでは、絶滅危惧種であるタンチョウを間近で見ることができます。その美しい姿と優雅な動きは、見る人を魅了します。また、公園内には自然を学べる施設もあり、自然と触れ合いながら学ぶことができます。

夕方は、「釧路市動物園」へ。ここでは、北海道ならではの動物たちと触れ合うことができます。特に、冬季には雪の上を滑るペンギンの姿が見られ、その可愛らしさに癒されます。

そして、夜は「阿寒湖ワカサギ釣り」で一日を締めくくりましょう。阿寒湖でしか体験できないワカサギ釣りは、冬の阿寒湖ならではの楽しみ方です。自分で釣ったワカサギをその場で調理して食べることができ、新鮮なワカサギの美味しさに感動すること間違いなしです。

次のパートでは、これらの観光スポットを詳しくご紹介していきます。

午前:釧路フィッシャーマンズワーフMOO

釧路フィッシャーマンズワーフMOOは、北海道の釧路市にある観光施設です。地元釧路の海産物を使った料理を堪能できるレストランや、地元の特産品を取り扱うショップが並んでいて、新鮮な海の幸を楽しむことができます。また、2階には「港の屋台」というエリアがあり、ここでは地元の屋台料理を楽しむことができます。さらに、3階には「霧のビール園」では、地ビールを楽しむことができます。

釧路フィッシャーマンズワーフMOOは、釧路駅から車で約5分、徒歩で約15分とアクセスも良好です。また、くしろバスを利用すれば、釧路駅から約20分で到着します。営業時間は、1階の飲食・物販ゾーンが10:00から19:00、2階の港の屋台が17:00から00:00(ラストオーダーは23:30)、3階の霧のビール園が17:00から21:45となっています。料金は店舗により異なります。

所在地 北海道釧路市錦町2-4
料金 無料
営業時間 ショッピングゾーン 10:00~19:00
釧路 港の屋台 11:30~14:00、17:00~24:00
地図

午後:丹頂鶴自然公園

丹頂鶴自然公園

午後の訪問先としておすすめなのが、釧路市丹頂鶴自然公園です。ここは、美しい自然環境の中でタンチョウを間近で観察できるスポットとして知られています。公園内には、タンチョウの生態を学べる展示施設もあり、鶴の生活や繁殖について詳しく知ることができます。

また、季節によっては、タンチョウのダンスに遭遇するかもしれません。このダンスは、タンチョウがパートナーを見つけるためのもので、その美しい姿は見る人々を魅了します。

公園内には、散策路も整備されています。公園内にはカフェもあり、美しい自然を眺めながら一息つくことも可能です。ここでしか見ることのできないタンチョウの姿を、ぜひこの機会に楽しんでみませんか。丹頂鶴自然公園は、自然と動物、そして文化が融合した、一度は訪れてみたいスポットです。

\ 事前予約で当日の観光がスムーズに! /

体験談

希望の動物がすべて見られました!!

タンチョウ観察(釧路湿原)がメインでしたが、オジロワシ(野付半島)、オオワシ(納沙布岬)、ラッコ(納沙布岬)、エゾシカ(野付半島)、エゾフクロウ(鶴居村)、キタキツネ(あちこち)など、希望していたすべての動物たちが観察できました。
さらに、野付半島では、片岸で接岸してきた流氷まで見られるサプライズ!もう一方の片岸では、溶解間際の氷上で歩行体験。
忘れられないのが、標津町から見た朝日!!国後島と並列して水平線上から昇る朝日は絶景でした。
昼食は、厚岸町の「道の駅 厚岸グルメパーク 厚岸味覚ターミナル コンキリエ」で、新鮮な牡蠣づくし!目だけでなく、胃袋も大満足でした。

(評価: /カップル・夫婦)

話しながら、行きたい所や興味ある処に案内してもらいました

野生生物の撮影を目的でお世話になりました。
ガイドさんに事前に会いたい動物のリストを伝えておきましたが、もちろん野生生物なので、必ず会えるとは限りません。
ですが、要望を伝えていた動物たちが今どこにいるか下見をしてくれていたので、今回は運よく希望していた動物を8割くらい撮影できました。
また車で移動してる時も、自然のことや動物のことなど色々な話を聞けて面白かったです。話しながら、ラッコの話になって見たいと言ったら予定外でしたが対応してもらい、こちらも運よく会えることができました。(いるのはイチかバチかと言われましたが(笑))
動物以外にも、自然や絶景も色々詳しいようなので、道東の自然を楽しみたい人に幅広く対応してくれると思います。

(評価: /ひとりで)

所在地 北海道釧路市鶴丘112
料金 一般:480円、小中学生:110円
営業時間 4月10日~10月14日 9:00~18:00
10月15日~4月9日 9:00~16:00
地図

夕方:釧路市動物園

釧路市動物園

夕方の時間帯に訪れると、特別な体験ができる釧路市動物園をご紹介します。ここでは、国の特別天然記念物に指定されているタンチョウを間近で見ることができます。広大な敷地の中で自然に近い環境で暮らすタンチョウの姿は、まさに自然の美しさそのもの。世界で初めてタンチョウの人工育雛に成功した施設でもあり、4月から7月にかけては、新たな命が誕生する様子を見ることもできます。

また、釧路市動物園では、タンチョウだけでなく、他の動物たちとも触れ合うことができます。動物たちの生態を学びながら、自然との共生を感じることができるでしょう。さらに、タンチョウグッズを取り扱っている売店もありますので、訪れた記念に一ついかがでしょうか。夕方の時間帯は、動物たちが活動的になることもあり、特別な体験ができるかもしれません。

所在地 北海道釧路市阿寒町下仁々志別11番
料金 一般:580円、中学生以下:無料
営業時間 4月10日~10月14日 9:30~16:30
10月15日~4月9日 10 :00~15:30
地図

夜:阿寒湖ワカサギ釣り

阿寒湖ワカサギ釣り

冬の阿寒湖で体験できる特別なアクティビティといえば、ワカサギ釣りです。湖が凍結するこの季節にしか楽しむことができない、この地域ならではの体験をぜひ試してみましょう。湖上に設けられたテントの中で、温かいストーブを囲みながら、穴釣りを楽しむことができます。釣り上げたワカサギをその場で天ぷらにして食べれば、新鮮なワカサギの美味しさに驚くことでしょう。

また、阿寒湖では冬期間限定で「阿寒湖氷上フェスティバル」が開催されます。ワカサギ釣りの後は、このフェスティバルで一日を締めくくるのもおすすめです。期間中は毎夜、澄み切った夜空を花火が美しく彩ります。阿寒湖から切り出した氷を使ったミニゲームなど、凍てつく阿寒の冬の夜を楽しむアトラクションが満載です。阿寒湖の冬の夜を、ワカサギ釣りとフェスティバルで存分に楽しんでみませんか。

所在地 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
料金 無料
営業時間 24時間
地図

3日目

阿寒 湖 観光 モデル コース3日目
SONY DSC

3日目の朝は、ホテルで開催されている「屈斜路湖・雲海ガイドツアーin津別峠」に参加しましょう。湿度や風の状況など一定の気象条件が揃った日に見ることができる雲海は、津別峠の遭遇率が53.7%(2018年)と高い水準で、運がよければ朝から贅沢な絶景を体験できます。

雲海が見れなくても、晴れた日は朝日を浴びて黄金色に輝く幻想的な風景や屈斜路湖を堪能できます。このパートでは、その美しい風景をご紹介します。

午前中は「マリモ展示観察センター」を訪れ、午後は「炉端焼き体験」を楽しみましょう。夕方には地元の味覚、「さんまんま」の試食をお楽しみいただきます。

そして、一日の締めくくりとして、「釧路ラーメンディナー」で美味しいラーメンを味わいましょう。阿寒湖観光の3日目は、自然と食の魅力を存分に感じることができる一日となります。

午前:マリモ展示観察センター

マリモ展示観察センター

マリモ展示観察センターは阿寒湖の島にあるため、湖上クルーズで訪れます。ここは、特別天然記念物であるマリモを間近で観察できる貴重な場所です。阿寒湖の底に生息するマリモの環境を再現した水槽があり、直径30cm近い大きさのマリモも見ることができます。阿寒湖の大自然を満喫しながら、マリモの生態について学ぶことができます。

阿寒湖一周の遊覧船は、マリモ展示観察センターと景勝地滝口を巡ります。湖上から見る阿寒湖の景色は、四季折々の風情があり、特に秋の紅葉は見事です。遊覧船から見る景色と、マリモ展示観察センターでのマリモ観察は、阿寒湖の魅力を存分に感じることができるでしょう。

阿寒湖の湖上クルーズは、阿寒観光汽船が運営しています。阿寒湖の大自然を満喫しながら、マリモの生態を学ぶことができるマリモ展示観察センターへの訪問は、阿寒湖観光の見どころの一つです。阿寒湖の美しい景色とマリモの観察を楽しみながら、素晴らしい時間を過ごしてみませんか。

所在地 北海道釧路市阿寒町舌辛 阿寒湖 チュウルイ島
料金 大人:400円、小中学生:240円
営業時間 要問い合わせ
地図

午後:炉端焼き体験

午後の時間帯は、地元の食文化に触れる絶好の機会です。釧路地方で人気の「炉端焼き」体験をお楽しみいただきましょう。炉端焼きとは、新鮮な魚介類や野菜を串に刺し、炭火でじっくりと焼き上げる料理のこと。その香ばしい香りと素材の旨味が引き立つ一品は、訪れた旅人たちを喜ばせています。

この体験では、地元の漁師が捕れたばかりの新鮮な海の幸を使用します。プロの料理人の指導のもと、自分で串に刺し、炭火で焼く楽しみを味わえます。焼き加減を見極めるのは少々難しいかもしれませんが、少々の失敗もまた旅の思い出の一つになるでしょう。焼き上がった串は、その場で味わうことができます。自分で焼いた炉端焼きの味は格別です。

また、この体験は地元の人々との交流の場ともなります。料理を通じて地元の文化を学び、地元の人々との会話を楽しむことで、旅はさらに深まります。釧路の美味しい食材と、地元の人々の温かさを感じてみませんか。

夕方:さんまんま試食

夕方になると、釧路の街は新鮮な海の幸で賑わいます。その中でも特におすすめなのが、地元で愛されている「さんまんま」です。さんまんまとは、新鮮なサンマを大葉で包んで焼き上げた料理。そのまま食べても美味しいですが、特製のタレにつけて食べるとさらに風味が増します。サンマの脂がじゅわっと広がり、大葉の香りが食欲をそそります。

さんまんまは、釧路特産の脂の乗った新鮮なサンマを使用しています。サンマの旬である秋は特に美味しく、地元の人々はもちろん、観光客にも大人気です。骨は取り除かれているので、骨が苦手な海外の方にも喜ばれています。釧路に来たら、ぜひさんまんまを味わってみてください。

また、さんまんまを冷凍したものも売られているので、こちらはお土産にどうぞ。

夜:釧路ラーメンディナー

北海道の美味しいグルメといえば、やはりラーメンです。釧路ラーメンの特徴は、細い縮れ麺にしょうゆベースのスープという組み合わせ。これが子供から大人まで幅広く愛される理由でしょう。釧路に訪れた際には、この地元グルメをぜひ味わってみてください。

釧路ラーメンのお店は市内に数多くありますが、その中でも特におすすめなのが釧路駅近くにあるラーメン店です。ここでは、地元の新鮮な食材を使ったラーメンを堪能することができます。夜のディナータイムに訪れると、ラーメンと一緒に地元のビールを楽しむこともできます。

あわせて行きたい!おすすめ観光スポット

あわせて行きたい!おすすめ観光スポット

阿寒湖観光モデルコースの一部として、ぜひ訪れていただきたい観光スポットをご紹介します。北海道の大自然を満喫できる場所ばかりですので、心ゆくまで楽しんでみましょう。

まず、釧路市内にある幣舞橋と和商市場です。明治時代に建設されたヨーロッパ風の橋を見学し、北海道の海産物が溢れる市場で特産品をさがしてみましょう。和商市場では具材を自由に選べる「勝手丼」がおすすめです。

また、釧路湿原国立公園で大自然を感じ、鶴見台でタンチョウを観察してみてはいかがでしょうか。

以下のパートでは、これらの観光スポットの詳細を深く掘り下げていきます。

幣舞橋

北海道の釧路市に位置する「幣舞橋(ぬさまいばし)」は、その美しい景観で知られ、訪れる観光客を魅了しています。北海道三大銘橋の一つとして名高いこの橋は、釧路川を渡る際に絶景を楽しむことができます。特に、夕暮れ時には夕日が川面に映り込み、幻想的な風景を作り出します。そんな美しい風景を眺めながら、ゆっくりと散歩を楽しんでみませんか。

幣舞橋周辺には、新鮮な魚介類を販売している市場や、地元のグルメを堪能できる飲食店など、観光スポットが点在しています。なかでも、地元で獲れた新鮮な海産物を使った「勝手丼」は、一度食べてみる価値ありです。自分の好みの具材を選び、自分だけのオリジナル丼を作る楽しみもあります。幣舞橋を訪れた際には、ぜひ地元の味を堪能してみてください。

所在地 北海道釧路市北大通
料金 無料
営業時間 24時間
地図

和商市場

釧路和商市場は、地元の新鮮な食材を求める人々で賑わう、活気あふれる市場です。ここでは、北海道の豊かな海の幸や山の幸を手に入れることができます。新鮮な魚介類、野菜、果物、そして地元で作られた特産品など、多種多様な商品が並びます。市場を訪れたら、まずはその日のおすすめ商品を探してみましょう。

また、和商市場は地元の人々だけでなく、観光客にも人気のスポットです。市場内には、新鮮な食材を使った料理を提供する飲食店も多く、地元の味を堪能することができます。特に、新鮮な海の幸を使った海鮮丼は絶品。訪れた際にはぜひ一度試してみてください。

和商市場は、地元の生活感を感じられる場所としても魅力的です。市場の人々の暖かさや、活気ある雰囲気を体感することで、訪れた場所の文化や生活をより深く理解することができます。和商市場を訪れたら、地元の人々との交流を楽しんでみませんか。

所在地 北海道釧路市黒金町13-25
料金 無料
営業時間 8:00~17:00
地図

釧路湿原国立公園

釧路湿原国立公園

北海道の美しい自然を満喫できる「釧路湿原国立公園」は、四季折々の風景が楽しめるスポットです。湿原で見られるスゲ類の植物の株「ヤチボウズ」をモチーフにした「釧路市湿原展望台」は、訪れる人々を魅了します。展望台からは、広大な湿原や釧路の市街地を一望でき、その壮大な景色に心を奪われることでしょう。また、周辺には遊歩道が整備されており、散策しながら北海道の自然を感じることができます。

\ 車がなくても効率よく観光できる! /

体験談

効率よく観光地を周れます!

一人旅で且つ車を利用せず旅をしていた私にはとてもありがたいツアーでした。
阿寒湖までの色んな観光地を経由していくことができて、とてもよかったです。阿寒湖で下車しましたが、釧路空港下車などもあるので、利用しやすいツアーだと思います。
個人的には、阿寒湖での1泊が有意義だったので、阿寒湖下車はおすすめです。

(評価: /ひとりで)

ラッキーな1日でした。

道中、ガイドさんの開拓歴史の説明やお話が聞けたし、釧路湿原、摩周湖、屈斜路湖、阿寒湖と観ることができました。
阿寒湖では温泉にも入れました。

(評価: /家族)

晴れの摩周湖、拝見できました。

16名のバスツアー客でしたが、途中で下車したりして、帰りは7名でした。
途中タンチョウ見えたり、湿原が見えたりして、摩周湖の晴れ姿、硫磺山が見れて最高でした。あまり歩かなくて済むので高齢者や子供連れにはいいと思います。

(評価: /家族)

所在地 北海道釧路市・釧路郡釧路町・阿寒郡鶴居村・川上郡標茶町
料金 無料
営業時間 24時間
地図

鶴見台

鶴見台

「鶴見台」は、釧路湿原の象徴ともいえるタンチョウが観察できるスポットです。かつて「鶴のおばあちゃん」として親しまれた渡部トメさんが長年にわたって給餌を続けてきた場所として知られています。冬期には200羽以上のタンチョウの群れを観察でき、その美しい姿は訪れる人々を魅了します。冬の澄み渡る青空と雪景色の中で見るタンチョウはこの上なく美しく、思わず時間を忘れてしまうほどです。

鶴見台へのアクセスは、JR「釧路駅」から車で約55分、「釧路空港」から約30分となります。訪れる際は、ぜひカメラを持参して、写真に思い出を残しましょう。また、観察時間は季節により異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。タンチョウの観察は、自然との共生を感じることができる貴重な体験となるでしょう。

所在地 北海道阿寒郡鶴居村下雪裡
料金 無料
営業時間 給餌時間による(朝と14時頃)
地図

勝手丼体験

北海道の釧路市にある「和商市場」で体験できる「勝手丼」は、新鮮な海の幸を自分で選んで丼に盛り付けるという、まさに「勝手」に楽しめる体験です。市場内には、花咲ガニ、サンマ、ボタンエビ、紅鮭、ホタテ、ウニ、マグロ、毛ガニなど、北海道ならではの豊富な海鮮が並びます。これらの中から自分の好きなものを選び、白いご飯の上に盛り付けていきます。その場で新鮮な海の幸を選ぶ楽しさと、自分だけのオリジナル丼を作る喜び、そしてその美味しさを味わう至福の時間を、ぜひ体験してみませんか。

「勝手丼」は、その名の通り自分の好きな具材を自由に選べるのが魅力ですが、それだけではありません。市場内を歩きながら、新鮮な海の幸を見て回ることで、北海道の海の幸の豊かさを実感できます。また、市場の人々と交流することで、地元の人々の暖かさや、海の幸を大切にする気持ちを感じることができます。これらの体験を通じて、北海道の食文化や人々の生活に触れることができるのも、「勝手丼体験」の大きな魅力と言えるでしょう。

まとめ|阿寒湖での3日間は素晴らしい思い出になるでしょう

まとめ|阿寒湖での3日間は素晴らしい思い出になるでしょう

美しい風景、新鮮な食事、ユニークな体験活動…阿寒湖観光は北海道の魅力をギュッと詰め込んだような場所です。この記事で紹介したスポットや体験は、阿寒湖観光の充実した1日を過ごすための一部に過ぎません。今回紹介したモデルコースを参考に、自分だけの阿寒湖観光プランを作ってみてはいかがでしょうか。阿寒湖があなたを待っていますよ。

\ 事前予約で当日の観光がスムーズに! /

よくある質問

釧路空港から阿寒湖までの車での所要時間は?

釧路空港から阿寒湖までの距離は約60キロで、車での所要時間は約1時間40分となっています。

釧路で雨の日でも楽しめる観光地は?

釧路市内では、雨の日でも楽しめる観光スポットとして、釧路フィッシャーマンズワーフMOO、港文館、マリモ展示観察センター、釧路市こども遊学館、阿寒湖アイヌコタン、天然温泉大喜湯春採店などがあります。

阿寒湖の一周の距離は?

阿寒湖の周囲は約26kmで、海抜420mです。湖上には大島、小島、ヤイタイ島、チュウルイ島という4つの島があり、遊覧船で一周するには約1時間弱の時間が必要です。

釧路湿原のおすすめの観光スポットは?

釧路湿原を満喫するためには、細岡展望台や夢が丘展望台(共に釧路町)、サルボ展望台・サルルン展望台(標茶町)、コッタロ湿原展望台(標茶町)、鶴見台(鶴居村)、釧路市湿原展望台(釧路市)などがおすすめです。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次