自然と歴史を辿る旅へ!沖縄のパワースポットをご紹介します

沖縄離島の入口に鎮座するシーサー

美しい海と自然に囲まれた沖縄は、人気のパワースポットが数多く存在します。艶やかで逞しい琉球の歴史をガイドツアーで辿ってみませんか?

この記事では、沖縄の魅力的なスポットを紹介します。ぜひ、沖縄旅行でパワースポットを巡り、心身ともにリフレッシュしてください!

事前予約で
\当日の観光がスムーズに!/

\事前予約で当日の観光がスムーズに!/

目次

今度の沖縄旅行はパワースポットへ行ってみませんか?

パワースポットの宝庫、沖縄。神様が宿るといわれる聖地や大地のエネルギーを感じられるような絶景の地、地域に根付く信仰など、島全体がパワーに満ちあふれています。初めての沖縄旅行はもちろん、何度も旅行されている方も、次の沖縄旅行はパワースポット巡りはいかがでしょうか?

パワースポットを訪れる際に注意したいマナー

パワースポットは、人々の思いが集まる場所です。沖縄の祈りの場所には、自然の中に御嶽(うたき)があり、香炉が置かれた拝所(うがんじゅ)が用意されています。島の人たちが、日々祈りを捧げ、神事を執り行うのだそう。観光で訪れる際は、常識ある行動をとり、静かに過ごしましょう。また、聖地にあるあらゆるものは神に関係していると考えられています。石や砂、サンゴなどの自然物であっても、持ち帰らないようにしてください。

沖縄の神聖なパワースポットを巡る

神「アマミキヨ」が「ニライカナイ(神の世界)」から降り立ち、国づくりを始めた、沖縄で有名な神話。人々は神が森や岩山に宿ると考え、聖地として大切にしています。そんな神聖なスポットを4つご紹介します。

琉球王朝の聖地①:斎場御獄(せーふぁうたき)

御嶽(うたき)とは、南西諸島に広く分布している「聖地」の総称で、斎場御嶽(せーふぁうたき)は琉球の開闢(かいびゃく)神話にも登場する、琉球王国最高の聖地です。生い茂る樹木と岩山そのものに神が宿るとされ、その信仰は絶えることなく続いています。

斎場御嶽は、琉球開闢の神「アマミキヨ」が作った七御嶽の一つ。琉球王国時代に国家的な祭事の際には、「神の島」といわれる久高島から白砂を運び入れ、御嶽全体に敷きつめていました。斎場御嶽は、国家的祭事の中で「聞得大君(きこえおおぎみ)」の就任儀礼「お新下り(おあらおり)」が執り行われた、最も格式の高い霊場として知られています。

所在地沖縄県南城市知念久手堅539
開館時間3月〜10月 9時〜18時
11月〜2月 9時〜17時半
入場料大人   300円
小中学生 150円
交通アクセス車:那覇空港から約50分
バス:「斎場御嶽入口」下車 すぐ
駐車場無(近隣駐車場利用)
公式サイト世界文化遺産 斎場御嶽

斎場御嶽の入口(緑の館・セーファ)では、入場券販売を行っていません。南城市地域物産館併設の券売所にて入場券をお買い求めください。物産館から斎場御嶽の入口まで、徒歩10分程度で到着します。

2000年に斎場御嶽は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして、世界遺産に登録されました。古来より続く「祈り」の文化が、訪れる者に力を授けることでしょう。パワースポットをいくつか巡るツアーを利用して、琉球王国の聖地のパワーを感じてみてはいかがでしょうか?

琉球王朝の聖地②:久高島

久高島は、琉球開闢の神「アマミキヨ」が天から降り立って、最初に創った神の島。島の土地は神様からお借りしているものと考えられ、一部を除き現在でも私有が認められていません。

知念岬の東方、沖縄本島東南端に位置する久高島は、五穀発祥の地ともされています。琉球開闢や五穀発祥にまつわる祭祀など多くの行事が今も行われており、島全体で歴史を守り続けています。

沖縄本島から車で移動する場合は、安座真港に駐車しフェリーで移動しましょう。久高島は周囲約8kmの小さな島。島内は未舗装の細い道が多く、自転車や電動キックボードのレンタルをおすすめします。

久高殿(うどぅんみゃー)

集落の北側に位置する久高殿は、天神地祇を祀り、島の繁栄を祈った場所といわれています。後方に広がる森は「イザイヤマ」と呼ばれる聖域のため、立ち入り禁止です。

ハビャーン(カベール岬)

「アマミキヨ」が降り立ったとされる神聖な場所、カベール岬。ここは島の人から「ハビャーン」と呼ばれています。久高島の最北端、東シナ海を見渡せる絶景スポットです。現在も祭祀(さいし)が行われる日は立ち入り禁止です。ご注意ください。

知念岬公園

知念岬公園は沖縄本島の南部、知念半島の端に位置する公園。海にせり出た形の知念岬から、真っ青な太平洋が広がっています。また、久高島やコマカ島を間近に見られます。公園内には赤瓦屋根の東屋や遊歩道があり、斎場御嶽に近く、休憩に立ち寄るのもよいですね。

天気の良い日、上空にはパラグライダーの姿が見られます。知念岬はパラグライダーのテイクオフポイントとしても有名なスポットです。大空に舞う鳥のように空を舞う様子は、見ているだけでも楽しめます。

所在地沖縄県南城市知念字久手堅
交通アクセス車:那覇空港から約60分
バス:「斎場御嶽入口」下車 徒歩5分
駐車場有(数十台分)

神の島をガイドさんの案内で巡るツアーに参加しませんか?穏やかな島の景色で、張り詰めた気持ちもきっとほぐれるでしょう。

琉球王朝の聖地③:首里城

首里城は琉球王国の歴史・文化を象徴する城であり、沖縄の歴史を語る重要な場所です。首里城は約14世紀の半ばから築城がはじまり、琉球で最初の統一王朝を樹立した尚巴志(しょうはし)が、首里城を拠点にしたと伝えられています。その後、首里城は450年近く、王国の政治・外交・文化の中心地となりました。中国や日本の影響を受けながらも、独自の文化を築いたとされます。

歴史の動乱に幾度となく巻き込まれた首里城は、18世紀以降の姿をモデルに1992年に復元され、2000年に首里城跡が世界遺産に登録されました。2019年の火災以後、復興作業が行われています。

所在地沖縄県那覇市首里金城町1-2
開園時間4月〜6月/10月〜11月:8時半〜19時(入場締切 18時半)
7月〜9月:8時半〜20時(入場締切 19時半)
12月〜3月:8時半〜18時(入場締切 18時半)
入場料金
(有料エリア)
大人 400円
中人 300円
小人 160円
交通アクセスゆいレール:「首里駅」下車
バス:「首里城前」下車 すぐ
車:那覇空港から約40分
駐車場
公式サイト首里城公園

世界遺産・園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)

琉球石灰岩の建造物で、国王が首里城から出かける時に道中の安全を祈願していました。聞得大君の即位式も、最初にここを参拝したといわれています。背後には御嶽の森が広がり、人が通る門ではなく、礼拝の門として神聖な場所とされています。沖縄戦で一部が破壊されたものの、1957年に復元され、2000年に世界遺産へ登録されました。

首里森御嶽(すいむいうたき)

首里森(すいむ)とは「首里城」の別名です。琉球開闢の神「アマミキヨ」が作った七御嶽の一つ。首里城の下之御庭(しちゃぬうなー・御庭で行われる儀式の控えの場所)にある小さな森で、この森があったところに首里城が建てられたとされています。現在の首里森御嶽は、1997年に復元されたものです。

正殿跡

正殿は琉球最大の木造建築で、国殿または百浦添御殿(ももうらそえうどぅん)と呼ばれ、首里城の最も重要な建物です。2019年の火災で正殿は焼失しましたが、2026年度までに再建する予定で、現在プロジェクトが立ち上がっています。 

正殿跡の周囲は、琉球の歴史がたくさん残っています。かつての姿が失われても、何度でも立ち上がる首里城をぜひ見届けてください。

琉球王朝の聖地④:識名園(しきなえん)

識名園は、琉球王国の最大の別邸です。1799年に中国皇帝の使者 冊封使(さっぷうし)をもてなす場として作られました。

識名園の広さは、41,997㎡。「心」の字をくずした池の形「心字池」を中心に、景色の移り変わりを楽しむ日本庭園の様式「廻遊式庭園(かいゆうしきていえん)」が取り入れられています。そのほか、園内は中国のあずまや「六角堂」や琉球石灰岩を積んだ石垣など、見どころを随所に盛り込んでいます。

一度は沖縄戦で破壊された識名園。1975~96年に復元整備され、2000年に国指定「特別名勝」、世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として登録されました。

所在地沖縄県那覇市泉崎1-1-1
観覧時間4月〜9月 9時〜18時
10月〜3月 9時〜17時半
観覧料大人 400円
小人 200円
駐車場識名園北側・無料駐車場あり
公式サイト識名園

育徳泉(いくとくせん)

育徳泉は、今も水が湧き出る泉。古くから、周囲の小川や井戸で水が涸れても、常に湧き続けていたといわれています。また「マチスジノリ」と呼ばれる珍しい紅藻類の発生の地として、国の天然記念物に指定されています。

御殿(うどぅん)

赤瓦の木造建築の「御殿」。琉球王国時代、上流階級のみに許された建築様式が用いられた、格式ある建物です。冊封使を迎える最も格式の高い一番座、それに連なる二番座・三番座・台所・茶室など、15もの部屋から成る広々とした部屋の数々。お客様をもてなす工夫が随所に見られる、素敵な場所です。

勧耕台(かんこうだい)

勧耕台は、識名園で一番見晴らしの良い場所にある展望スペースです。かつて琉球王家は冊封使に、あえて海の見えない美しい田園風景が広がる景色を見せ、琉球の広さをアピールしたといわれています。今も変わらず、沖縄の街を見渡せるスポットです。

古の接待の場であった識名園は、今も変わらず観光地として人々の癒しスポットとなっています。ぜひガイドさんの案内で、園内を回ってみませんか?

世界遺産・国宝・国指定史跡 玉陵(たまうどぅん)

1501年に琉球王朝の第二尚氏王統、尚真王が父の尚円王を祀るために建てられた「玉陵」。以後は、第二尚氏王統の陵墓です。また、現存する最古の破風墓(はふばか)です。破風墓とは、沖縄特有の墓の形式で、屋根が破風形となっているものを指します。左右袖塔上には石彫りの獅子像が置かれており、その顔はどこかユーモラスな表情です。

玉陵は沖縄戦で大きな被害を受けましたが、1974年から3年の時間をかけて修復工事が行われ、今に至ります。玉陵は、1972年に国指定記念物史跡に指定、2000年に世界遺産に登録、2018年に国宝に指定されました。沖縄県内で、初めて国宝に指定された建造物です。現在も沖縄の歴史を穏やかに見守り続けています。

所在地沖縄県那覇市首里金城町1丁目3
開場時間9時〜18時
入場料金大人 300円
小人 150円
交通アクセスゆいレール:「首里駅」下車 徒歩15分
車:沖縄インターチェンジより約10分
駐車場無(近隣駐車場を利用)
公式サイト玉陵

仲之川(なかぬかー)

川(かー)とは、沖縄方言で井戸の意味です。仲之川から東に「金城大樋川(かなぐすくうふひーじゃー)」、西に「寒水川樋川(すんがー ひーじゃー)」があり、その中間にある井戸として「仲之川」と名付けられたといわれています。

水量・水質がよいと評判で、日照りが続くと他所の村人もこの井戸を利用していたほど。また、首里城の御用水として重宝され、大切に使われていました。現在は、文化財として観光スポットとなっています。

金城町石畳道

「金城町石畳道」は、沖縄県指定文化財に指定された琉球石灰岩の石畳道です。琉球王国時代に、首里城から那覇港へ行く約9kmの街道として造られました。残念ながら、戦争で一部消失しましたが、300mが残っています。道の両隣は赤瓦の古民家があり、沖縄の歴史を感じる場所です。

沖縄の街は至る所に歴史がたくさんあります。ぜひ史跡巡りで沖縄のパワースポットを満喫しましょう。

沖縄の自然からパワーを感じるスポット:ガンガラーの谷

ガンガラーの谷にはカフェも

ガンガラーの谷は天然の鍾乳洞が崩れ落ちてできた天然の谷間で、美しい景観と神秘的な雰囲気が特徴です。サンゴ礁由来の石灰岩地帯に広がる亜熱帯の森や洞窟等を、専門ガイドと共に約1時間20分の散策が楽しめます。ガンガラーの谷の見学は、予約制ガイドツアーへの参加が必須です。

所在地沖縄県南城市玉城前川202
営業時間9時〜17時半
交通アクセス車:那覇空港から約30分
駐車場無料駐車場有(100台)
公式サイトガンガラーの谷

ケイブカフェ

入口の鍾乳洞をそのままカフェにした「ケイブカフェ」。ガイドツアーの待合所です。カフェの奥には、東京ドーム約1個分の大自然が広がっています。神秘的なこのカフェでは時折、洞窟夜間コンサートや貸切パーティが行われています。

イナグ洞・イキガ洞

イナグ洞は、良縁・安産への祈りがささげられる女性の洞窟。イキガ洞は、命の誕生や子孫繁栄、子の健やかな成長を願う男性の洞窟です。イキガ洞にある鍾乳石は、触れて拝むと子宝に恵まれるといわれています。古くから拝みに来る方が多い神聖な場所です。

大主(うふしゅ)ガジュマル

大主ガジュマルは、推定樹齢150年。その佇まいに圧倒されます。高さ約20mから木の根が大きく広がり、まるで無数のロープが垂れ下がっているようです。ガジュマルを下から見上げると、谷を見守り続けた主のような迫力があります。ガジュマルの横にある石積みは、かつて近辺に風葬の場所があり、ここで祈りが捧げられていた名残です。

武芸洞

探索の最後は、武芸洞。約7000年前の土器や約3000年前の人骨が発見され、古代人が実際に生活していた場所と考えられています。ガンガラーの谷では、現在も発掘調査が続けられており、考古学的にも貴重な場所です。人の歴史を存分に感じられるパワースポットとして、ぜひ探検に出てみませんか?

沖縄のやちむんに癒される:壺屋焼物博物館

壺屋焼物博物館は、壺屋やちむん通りにある沖縄県内唯一の焼物の博物館です。博物館のある壺屋エリアは、琉球王府建国以来300年にわたって陶芸の街として発展が続いています。沖縄のやちむん(沖縄の方言で“焼物”)は、民芸品や器好きの方には有名ではないでしょうか?

壺屋焼物博物館は、壺屋焼をはじめとする焼物の基礎知識や歴史、製法や技法などが解説されています。また、土器の時代から現代の壺屋の陶工達の作品を展示しています。人間国宝に認定された陶工の技術を受け継ぎ今もなお発展するやちむんに、人々の思いを感じることでしょう。

博物館見学のあとは、壺屋エリアの散策はいかがでしょうか?壺屋周辺は、戦争の被害が少ない地域であったため、伝統的な石垣や昔ながらの路地が残っています。また、拝所(うがんじゅ)として「北ヌ宮 (にしぬめー)」「東ヌカー(あがりぬかー)」など、歴史をかんじさせるパワースポットがあります。

壺屋やちむん通りは、陶器のお店が集まる通り。やちむん体験ができるお店もあり、旅行の思い出作りにぴったり。通りにはカフェもあるので、休憩しながらお店を巡るのもよいですね。情緒あふれる町並みをぜひ楽しんでください。

所在地沖縄県那覇市壺屋1丁目9番32号
営業時間10 時~18 時(最終入館17時30分)
交通アクセスゆいレール:モノレール牧志駅から徒歩10分
バス:「壺屋」下車 徒歩5分、「開南」下車 徒歩5分
車:那覇空港から20分程度
駐車場無(周辺の有料民間駐車場を利用ください)
公式サイト壺屋焼物博物館

沖縄の離島:座間味島でリラックス

座間味島は、那覇から西に40km、慶良間(けらま)諸島に含まれる離島の一つです。沖縄本島から、高速船で約50分で到着し、日帰りでも離島を楽しめるとあって、観光客に人気があります。夏はダイビングやシュノーケリング、冬はホエールウォッチングを中心に、年間を通して観光客で賑わっています。

2014年に慶良間諸島は国立公園に指定され、展望台から世界屈指の透明度と称される「ケラマブルー」を眺められます。また、座間味島には、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2つ星を獲得した「古座間味ビーチ」があり、世界中の人々をも魅了します。ケラマブルーのパワーを全身に浴びて、思いっきりリラックスしませんか?

大浜(うはま)ビーチ

大浜は「安護の浦」の湾内に位置し、比較的波が穏やかで静かなビーチ。大浜は遊泳禁止の天然ビーチのため、ゆっくりと海を眺めてお過ごしください。なお、座間味島は、かつて唐船貿易の中継地としての役割を果たしていました。この大浜は、海が荒れている間に風待ちをしていた場所とされています。

高月山展望台

標高137 mの高月山展望台から、安護の浦を一望できます。展望台への道のりは、林道を楽しむハイキングコース。季節の植物や野鳥の様子をお楽しみください。展望台は、第1展望台と第2展望台の2ヵ所あり、どちらからも海を眺められます。展望台から臨むケラマブルーの海、緑溢れる島のコントラストは、忘れられない景色になるでしょう。

女瀬の崎(うなじのさち)展望台

座間味島の西端にある女瀬の崎展望台。岬に向けて整備された遊歩道の先、断崖の上にぽつんと現れる東屋の展望台です。遊歩道から見える美しいケラマブルーの海に、期待が膨らみます。展望台では、海の透明度の高さに驚くと同時に、崖に打ち寄せる波しぶきに圧倒されます。天気が良い日には渡名喜島(となきじま)や久米島が見え、そのスケールの大きさに驚くばかり。運が良ければザトウクジラが泳いでいる様子を見られるかもしれません。

女瀬の崎展望台は、夕日の絶景スポットとして、別名“夕陽の展望台”とも呼ばれています。時間を忘れ、海と夕日を眺めていると、日ごろの疲れや悩みを吹き飛ばしてくれるでしょう。

うちなーからパワーをもらう:ふれあいツアー

沖縄は自然や歴史だけではなく、パワフルで元気な県民性にも魅力があります。沖縄の人々が集まる場所は、きっとパワースポットのはず。観光地も巡りながら、ぜひ沖縄の方々と接して、元気を分けてもらいましょう。

おきなわワールド

沖縄の魅力がすべてここに!「おきなわワールド」は沖縄屈指のテーマパークです。国内最大級の規模を誇る鍾乳洞「玉泉洞」は、おきなわワールドの目玉スポット。また、伝統芸能の「スーパーエイサー」ショーが毎日開催されています。活気溢れる沖縄を感じられます。

園内には「琉球王国城下町」のエリアがあり、赤瓦の古民家で工芸体験ができます。また、国・登録有形文化財に認定された築100年以上の古民家をはじめ、家々が軒を連ねる光景は古き良き琉球を感じます。古民家の屋根にはさまざまなシーサーが、ちょこんと座っています。ぜひ探してみましょう。

所在地沖縄県南城市玉城字前川1336番地
営業時間9時~17時半(最終受付16時)
入場料金大人 2,000円
小人 1,000円
交通アクセス車:那覇空港から約30分
バス:琉球バス「玉泉洞線」下車 徒歩2分
駐車場
公式サイトおきなわワールド

おきなわワールドへは、観光ツアーでも訪問可能です!ご紹介した斎場御嶽やガンガラーの谷と一緒にまわってみませんか?

玉泉洞

玉泉洞は、国内最大級の全長5,000mの鍾乳洞です。約30万年の年月をかけて自然が生み出した洞窟は、鍾乳石100万本以上を擁します。一般見学できる距離は890mですが、夏季限定で、玉泉洞の未公開エリアを探索できる「南の島の洞くつ探検」が体験できます。不思議な形の鍾乳石や滴り落ちる水の音。自然が作り出した神秘をぜひ体感してください。

玉泉洞内のおすすめスポットは「青の泉」です。通常は、青色にライトアップされ幻想的な光景が広がりますが、バレンタインデーの時期のみ、ピンク色の「愛の泉」に変わります。ロマンチックな光景に恋愛運も上昇するかもしれません。

ハブ博物公園

沖縄は古くからハブ被害に悩まされ、ハブ対策の一環でさまざまな研究が行われてきました。ハブ博物公園は「被害を少しでも減らしたい」という想いのもと、ハブの研究施設から派生して設立された世界唯一の展示施設です。ハブの知られざる秘密がわかる展示物をはじめ、「ハブとマングースのショー」、「幸運の白ヘビと記念撮影」などユニークな体験ができます。ひんやりとした生き物との触れ合いは、きっとあなたに幸運をもたらしてくれるでしょう。

ちょっとディープな“まちぐぁー”へ

「まちぐぁー」は沖縄の方言で「商店街」や「市場」を意味します。沖縄旅行の定番、国際通りから一つ通りに入ると、ローカルな商店街が立ち並ぶ「まちぐぁー」へ。沖縄ならではの食材が販売されており、なかなかディープな沖縄を感じられます。

筆者はまちぐぁーの観光中、地元の方から気さくに声をかけていただいた思い出があります。明るい沖縄の方とのおしゃべりから、元気をたくさん貰いましょう!

所在地沖縄県那覇市松尾2丁目10−1
交通アクセスゆいレール:「牧志駅」下車 徒歩約9分
駐車場無(近隣駐車場利用)

平和通り

平和通りは、国際通りから分岐しているアーケード街。戦後、開南地区から牧志地区にかけて生まれた露店の市場が平和通りの始まりといわれています。お土産屋さんや食べ歩きのメニューがある飲食店がずらりと立ち並びます。琉球ガラスの専門店もあり、お土産探しの観光客が訪れる賑やかな通りです。

市場本通り

市場本通りは、県民の台所として親しまれるスポット。平和通りと同じく国際通りから分岐しています。できたてのサーターアンダギーや、パインやドラゴンフルーツなどのフルーツなどが揃っています。

通りの中心は、第一牧志公設市場。1Fは沖縄ならではのカラフルな魚をはじめとした魚介類や肉類が販売されています。また、島ミミガー(豚の耳)や島豆腐など、沖縄では一般的な食材がたくさん並んでいて、見ているだけでも楽しめます。2023年春には新市場にリニューアルオープンしています。

1Fの店舗で購入した食材を、2Fの食堂街の飲食店に持って行くと、調理してその場で食べられる「持ち上げ」制度が観光客に人気です。筆者はリニューアル前の牧志公設市場で「持ち上げ」の経験があり、予算に合わせてその場でお刺身にしていただきました。食材の知識がなくても、お店の方が美味しい食べ方を教えてくださるので、気軽に相談してみましょう。

コザミュージックタウン

沖縄本島の中心部の沖縄市、コザ十字路から胡屋(ごや)エリア・中の町エリアは「コザ」の愛称で親しまれています。コザは戦後、米軍基地の門前町として発展。米軍が胡屋地区を「KOZA」と呼び、一般に広まりました。その後、日本で唯一のカタカナ表記の「コザ市」となり、現在は沖縄市に。今も沖縄市の中心市街地は「コザ」と呼ばれています。沖縄文化とアメリカ文化がチャンプルー(ごちゃまぜ)な独自の文化は、発展し続けています。

コザとロックの関係は、戦後の米軍統治下で「オキナワンロック」が発展したことにはじまります。アメリカ文化の影響を強く受けたロックミュージックは、本土復帰と共に日本全国に知られることとなりました。1983年には、沖縄最大のロックイベント「ピースフルラブ・ロックフェスティバル」がスタート。“音楽によるまちづくり”を沖縄市が推進しています。

2007年には「ミュージックタウン音市場」が総合音楽施設として誕生。大型ライブホールや音楽スタジオが整備されており、有名アーティストのライブも行われます。また、地元インディーズバンドのストリートライブやイベントが開催され、オキナワンロックの意志が引き継がれています。

所在地沖縄県沖縄市上地1-1-1
営業時間店舗により異なります
交通アクセス車:那覇空港から約50分
車:沖縄自動車道「沖縄南インターチェンジ」から約10分
バス:「胡屋」下車 徒歩約1分
駐車場有料駐車場有
公式サイトコザミュージックタウン

古い看板や、昔ながらの商店街を散策しながら異国情緒あふれるチャンプルーを体感してみませんか?地元の観光ガイドさんとの街の散策で、コザの人々の思いに大きなパワーをもらえることでしょう。

まとめ|沖縄のパワースポットでリフレッシュ!

この記事では紹介しきれないほど、沖縄にはまだまだパワースポットがたくさん存在します。迫力のある大自然や景色、圧倒される歴史や文化は強い力を持っています。気分を変えたいとき、悩みごとがあるとき、沖縄はたくさんのパワーを与えてくれます。ぜひ、沖縄旅行でリフレッシュしませんか?

よくある質問

斎場御嶽はどんなところ?

斎場御嶽は、沖縄本島中部の山間に位置する神聖な場所で、沖縄の宗教・信仰文化の象徴でもあります。古くから神聖な儀式が行われ、島民からは大切な聖地として信仰を集めています。パワースポットとしても知られ、神秘的な雰囲気に包まれた場所で、多くの人々が訪れています。また、斎場御嶽周辺には、沖縄にしか生息しない珍しい植物や動物が生息しているため、自然保護にも取り組まれています。

「アマミキヨ」はどんな神様?

アマミキヨは沖縄の神様の一人で、主に農耕・漁業・海上交通などの神として崇められています。彼女は神武天皇の妃とも伝えられ、沖縄の伝統舞踊「クイチャー」では、アマミキヨの伝説をモチーフにした踊りが披露されています。また、沖縄の伝統工芸品「シーサー」の一種である「アマミシーサー」も、彼女をモチーフにしたものとされています。アマミキヨは沖縄の文化・信仰の中で重要な位置を占めており、崇拝の対象として今も多くの人々に愛されています。

パワースポットを訪れる際のマナーは?

沖縄には祈りの場所があり、自然の中に御嶽や拝所があります。島の人々が祈りを捧げ、神事を行っています。観光で訪れる際は、静かに過ごし、持ち帰らないように注意しましょう。聖地にある全てのものは神に関係していると考えられています。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次