河童橋は、信濃川水系に属する梓川に架かる木製吊り橋です。左岸側と右岸側に木製の主塔を配置し、岸辺に固定したワイヤーで橋桁を吊る構造となります。低水路の部分には橋脚がないために、水辺の景観とよく調和しています。独特な渓谷美と穂高連峰の絶景を眺めるために最適な橋で、夏山登山の時期には多くの観光客が利用します。上高地ツアーの名所としても人気が高く、アクセス方法も充実しています。上高地バスターミナルからは、徒歩5分ほどで到着できます。
歴史
河童橋が最初に架橋されたのは、明治時代の1891年となります。名前の由来は諸説ありますが、河童が好みそうな深い淵があったことや、橋を渡る人が河童のように見えたという説が有名です。1927年には文豪の芥川龍之介が作品の中で取り上げたことで、全国的に有名な名所となりました。現在の橋は初代から数えて5代目となり、1997年に架け替えが行われています。20年に1度のペースで架替えが行われているため、木製でありながらも頑丈さを保っています。

見どころ
登山に慣れた人であれば河童橋から穂高連峰へ向かうことが多くなりますが、初心者に優しいハイキングコースも人気があります。ハイキングコースを散策しながら、高山植物を観察して田代池から大正池へと至るコースが整備されています。途中で渡ることになる田代橋からの景観も見事です。夏の季節でも気温は低めで、梓川沿いはクールスポットとしても人気を集めます。大正池まで来れば、穂高連峰が大きく見えてきます。河童橋の東側へ向かえば、明神池へも行くことができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

長野の人気アクティビティランキング

河童橋 (観光情報) | 長野観光| VELTRA(ベルトラ)

河童橋は、信濃川水系に属する梓川に架かる木製吊り橋です。左岸側と右岸側に木製の主塔を配置し、岸辺に固定したワイヤーで橋桁を吊る構造となります。低水路の部分には橋脚がないために、水辺の景観とよく調和しています。独特な渓谷美と穂高連峰の絶景を眺めるために最適な橋で、夏山登山の時期には多くの観光客が利用します。上高地ツアーの名所としても人気が高く、アクセス方法も充実しています。上高地バスターミナルからは、徒歩5分ほどで到着できます。