大神島 (観光情報) (観光情報) | 宮古島観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

大神島

4.24
宮古列島の1つで面積は0.24k㎡、人口は26人(2016年現在)の小さな島です。アクセスは1日数便の往復があるフェリー(定期船)またはカヤックなど。港がある南側を集落としていますが、大神島は名の通り、神が住む島とも言われてきました。集落以外は聖地と呼ばれ場合によっては島民も立ち入りが禁じられている場所があります。また手付かずの自然が残り、朝日、夕日、夜空の星をとても近く感じるため島民内でも自然の神様がいる場所としてとても大切にしています。このような理由から島に少しお邪魔する、入らせていただくという気持ちで、基本的には地元ガイドと一緒にルールを守りながら島内巡りをしたり、シュノーケリングなどのマリンアクティビティを楽しむことをおすすめします。ただルールを守った上で見るその光景はまさに絶景の一言。サンゴ礁や透き通った海はもちろんのこと、ノッチと呼ばれる長年の海の浸食出てきた奇岩も有名です。
歴史
大神島では昔、行政主導で島一周道路が計画されました。ところが途中でブルドーザーの爪が折れたり故障をした為ルート変更をしましたが、それでも工事関係者や島民が、原因不明の病気に次々とかかるなど異変が続いたために工事が中断されて関係者は撤収する事になり、行き止まりになった道路が今でも残っています。船でしか訪れる事が出来ないのは、沢山不思議な逸話が詰まった島だからなのかもしれません。

見どころ
大神島では海賊キャプテン・キッドの宝、約2兆円の財宝が眠っている逸話もあります。その後、多くの人達が大神島に来て、立入禁止の場所も含めて探したそうですが、何も見つけられずに原因不明の病気になったり、それによる死者が出たりと祟りを受けたといいます。しかし、今ではキチンと島ガイドなどもあり、熱帯魚とスノーケルもできます。島の高い所には遠見台もあり、美しいエメラルドの海や宮古島・池間島など大パノラマで見ることができます。神秘の島で不思議な体験が出来るかもしれませんね。

宮古島人気アクティビティランキング

大神島の新着体験談

ほんとに小さな島。神というよりは巫女がいる島という感覚

2022/06/24 カップル・夫婦 you

宮古島からフェリーで15分。酔うか心配だったけど、デッキの椅子に座って気持ち良い風&風景に癒されながらだったので心配ありませんでした。
島に着いてから、ガイドさんと合流。
島唯一の食事処にいた島の人にカートを借りて、ガイドスタート。狭い... 続きを読む

閉じる

小学生の息子も大満足!

2022/03/31 家族 獺祭3本

ガイドの方が大変丁寧に説明してくださり、また子供を飽きさせないようにカニや魚が見えるところに連れていった下さるなど素晴らしい体験ができました。カートで案内してくださるので徒歩だと帰りのフェリーを1本遅らせないと無理なところ快適に観光出来まし... 続きを読む

閉じる

これが本当の離島

2020/03/13 小さなお子様連れ ウィンダム

船で到着するとすぐにガイドさんが声をかけてくれました。島のルールや歴史を説明していただき展望台へ。登ると360°海の景色がとても印象的でした。
海も子供が遊べるようなスポットが沢山あり、次回は遊び目的で来るのも良いかもしれません。ウミガメ... 続きを読む

閉じる

大神島のガイドツアー

2020/03/03 カップル・夫婦 おやじラガー

当日は天気も良く、私達だけでは気が付かない海ガメの泳ぐ姿も観れて、また私達の知らない地元の方ならではの秘話とかが聞けてよかったです。

ガイド無しではただの島内散策

2019/11/24 カップル・夫婦 はじめての宮古島

台風の影響でツアーがあるか心配でしたが決行されて良かった。また、ガイドが付いているので各所で説明が有り、ガイド無しに比べて案内板に記載している以上の情報が聞けます。ただ、他のグループと一緒になったが、他のグループと料金がかなり違っていたので... 続きを読む

閉じる

すごく良かったです!

2019/07/12 カップル・夫婦 いでうえ ふみ

ずっと来たかった大神島!
ツアーガイドの方もとてもお喋り上手で、常に楽しい雰囲気で参加できました。
一つ一つ丁寧に、歴史や由来、伝統儀式について詳しく教えて頂き、また改めて興味を持ちました!
海ガメや、綺麗な小魚、カニなど見ることも出... 続きを読む

閉じる
大神島 (観光情報) (観光情報) | 宮古島観光 VELTRA(ベルトラ)
宮古列島の1つで面積は0.24k㎡、人口は26人(2016年現在)の小さな島です。アクセスは1日数便の往復があるフェリー(定期船)またはカヤックなど。港がある南側を集落としていますが、大神島は名の通り、神が住む島とも言われてきました。集落以外は聖地と呼ばれ場合によっては島民も立ち入りが禁じられている場所があります。また手付かずの自然が残り、朝日、夕日、夜空の星をとても近く感じるため島民内でも自然の神様がいる場所としてとても大切にしています。このような理由から島に少しお邪魔する、入らせていただくという気持ちで、基本的には地元ガイドと一緒にルールを守りながら島内巡りをしたり、シュノーケリングなどのマリンアクティビティを楽しむことをおすすめします。ただルールを守った上で見るその光景はまさに絶景の一言。サンゴ礁や透き通った海はもちろんのこと、ノッチと呼ばれる長年の海の浸食出てきた奇岩も有名です。