宮古列島の一つで面積は0.24k㎡、人口は約50人の島です。港がある南側を集落としていますが、大神島は名の通り、神が住む島とも言われてきました。集落以外は聖地と呼ばれ場合によっては島民も立ち入りが禁じられている場所があります。以前は神の島なので訪問せず遠くから眺めるだけにしましょうと案内されていたようです。海は透き通り、多くの自然が残っています。ノッチと呼ばれる奇岩やサンゴ礁が大変綺麗です。
歴史
大神島では昔、行政主導で島一周道路が計画されました。ところが途中でブルドーザーの爪が折れたり故障をした為ルート変更をしましたが、それでも工事関係者や島民が、原因不明の病気に次々とかかるなど異変が続いたために工事が中断されて関係者は撤収する事になり、行き止まりになった道路が今でも残っています。船でしか訪れる事が出来ないのは、沢山不思議な逸話が詰まった島だからなのかもしれません。

見どころ
大神島では海賊キャプテン・キッドの宝、約2兆円の財宝が眠っている逸話もあります。その後、多くの人達が大神島に来て、立入禁止の場所も含めて探したそうですが、何も見つけられずに原因不明の病気になったり、それによる死者が出たりと祟りを受けたといいます。しかし、今ではキチンと島ガイドなどもあり、熱帯魚とスノーケルもできます。島の高い所には遠見台もあり、美しいエメラルドの海や宮古島・池間島など大パノラマで見ることができます。神秘の島で不思議な体験が出来るかもしれませんね。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 宮古島諸島の中で最も神秘的な島「大神島」を地元ガイドと一緒に巡ります。遠見台や集落を、島にまつわる色々な逸話とともにご案内します。“神の島”とも呼ばれる大神島の神秘的な魅力を体感できるツアーです。
    送迎付き

    JPY2,500

    毎日
    2.5 ~ 6時間 (午前, 午後)

宮古島の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

大神島 (観光情報) | 宮古島観光| VELTRA(ベルトラ)

宮古列島の一つで面積は0.24k㎡、人口は約50人の島です。港がある南側を集落としていますが、大神島は名の通り、神が住む島とも言われてきました。集落以外は聖地と呼ばれ場合によっては島民も立ち入りが禁じられている場所があります。以前は神の島なので訪問せず遠くから眺めるだけにしましょうと案内されていたようです。海は透き通り、多くの自然が残っています。ノッチと呼ばれる奇岩やサンゴ礁が大変綺麗です。