アトンマ墓 (観光情報) (観光情報) | 宮古島観光 VELTRA(ベルトラ)
アトンマ墓は宮古空港から約2~3kmの、仲宗根豊見親墓の南に位置する墓です。16世紀に勢力を誇った忠導氏ゆかりの墓のひとつで、宮古の風習として本妻と同じ墓に葬ることのできなかった同族の側室(アトンマ)だけを葬る墓が造られ、一般に「アトンマ墓」と呼ばれています。墓の様式は岩盤と切石を組み合わせた彫り込み囲い墓で、知利真良豊見親の墓、仲宗根豊見親の墓は通りに面していますが、アトンマの墓は少し奥に入ったところにあります。
歴史
忠導氏は16世紀初頭に宮古島を支配した仲宗根豊見親を祖とする一族で、勢力と財力を誇った系統です。アトンマ墓がいつごろ造られたかはっきりわかっていませんが、「忠導氏系図家譜」から、この墓が整備されたのは十二世玄似~十四世玄安・玄盛(1764~1871年)の頃と推定されます。十四世玄安・玄盛は、十三世玄陳とそのアトンマとの子で、1863年から1871年まで権勢を誇った人物です。宮古島では知利真良豊見親の墓、仲宗根豊見親墓、アトンマ墓の3つの墓が「豊見親墓」として国の有形文化財に指定されています。

見どころ
アトンマ墓は、中世の宮古島の支配者であった忠導氏一門の側室たちを埋葬した墓です。宗根豊見親墓のすぐそばの奥まったところにあります。土台は岩盤に大型の切石を積み、墓室前には小さめの切石を積みあげてあります。また入口には通用門にアーチ型の一枚岩をのせてあり、通用門から墓室への墓庭の中央には、階段につづいてゆるい溝が設けられており、宮古島では珍しい形のお墓です。国の有形文化財に指定されているお墓なので一見の価値はあります。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    宮古の歴史を彩る英雄達が活躍した舞台、平良(ひらら)。ガイドと一緒に旧市街地の史跡や文化財をたどりながら、宮古島統一の歴史物語を楽しむまち歩きです。江戸時代中期につくられた井戸などを巡る「水と暮らし物語」を加えたロングコースもあります。

    JPY3,000

    毎日
    1.5時間 (午前)

宮古島の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

アトンマ墓 (観光情報) | 宮古島観光| VELTRA(ベルトラ)

アトンマ墓は宮古空港から約2~3kmの、仲宗根豊見親墓の南に位置する墓です。16世紀に勢力を誇った忠導氏ゆかりの墓のひとつで、宮古の風習として本妻と同じ墓に葬ることのできなかった同族の側室(アトンマ)だけを葬る墓が造られ、一般に「アトンマ墓」と呼ばれています。墓の様式は岩盤と切石を組み合わせた彫り込み囲い墓で、知利真良豊見親の墓、仲宗根豊見親の墓は通りに面していますが、アトンマの墓は少し奥に入ったところにあります。