世界遺産 五箇山 合掌造り | 富山の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
世界遺産 五箇山 合掌造り
五箇山の合掌造りの里は、富山県の最西端の南砺市にある集落です。合掌造りという日本独自の住宅建築様式によって造られた集落で、白川郷のそれと並びユネスコ世界遺産に登録されています。この地域は日本でも有数の豪雪地帯であり、それ故に急傾斜の大きな屋根が必要とされ、合掌造りが生まれたとされています。
日本独特の原風景が楽しめる五箇山の合掌造り集落へ出かけてみませんか?

<おすすめポイント>
・世界遺産の合掌造り集落を散策
・ウォーキングツアーでは五箇山御膳の昼食が味わえる
・相倉と菅沼の2箇所の集落と越中の小京都・城端を巡る欲張りツアーもあり!

富山人気アクティビティランキング

五箇山とは

概要
五箇山(ごかやま)は富山県南砺市の庄川沿いに位置し、のどかな山村風景が広がる地域です。五箇山は40の小さい集落の総称で、その中でも相倉(あいのくら)集落と菅沼(すがぬま)集落が岐阜県白川郷荻町集落とともに1995年に世界遺産に登録をされました。立ち並ぶ合掌造りの建物やどこか懐かしい田園風景から、日本の原風景に出会うことができます。
ベストシーズンは?
五箇山では一年を通じて四季折々の風景を楽しむことができます。

・春(4~5月)
4月中旬までは田んぼの隅にまだ残雪が見られ、4月下旬~5月上旬には各集落で五箇山の春祭りが行われます。新緑が美しい季節になる5月中旬~下旬は田植えが行われ、水田に写る逆さ合掌を見ることができます。
・夏(6~8月)
6月上旬は菅沼合掌造り集落で「四季の五箇山 春の宵」ライトアップが開催されます。梅雨の時期は比較的観光客も少なくなるのでゆっくりと観光したい人におすすめです。7月中旬は相倉合掌造り集落で「夜涼みライトアップ」が開催されます。梅雨が明けると日差しも一気に強くなり8月は30℃近くになることもあります。
・秋(9~11月)
お盆を過ぎたあたりから秋らしくなり、風が涼しくなることもあります。紅葉シーズンにはブナやトチ、ナラなどの黄色~橙色に彩られた木々を多く見ることができます。
・冬(12~3月)
12月下旬から本格的な雪のシーズンに入ります。2月上旬は菅沼合掌造り集落と五箇山合掌の里で「四季の五箇山 雪あかり」ライトアップが開催されます。

参加時の注意

服装・持ち物・気温
四季を通じて様々な風景が楽しめる五箇山は、夏は過ごしやすいですが、2月には積雪が100~200cmになることも。冬はしっかりとした防寒対策や雪対策が必要となります。

・春(4~5月) 気温5~20℃
4月は薄手のダウンジャケット、5月はカーディガンや薄手のブルゾンなど一枚羽織るものが必要です。
・夏(6~8月) 気温15~30℃
6~7月は薄手の長袖、または暑い日は半袖がおすすめ。8月は半袖シャツで問題ないですが、日差しが強いため日焼け対策としての長袖や帽子があれば安心です。
・秋(9~11月) 気温5~25℃
9月の気温は15~25℃と過ごしやすく半袖でもOKですが、朝晩の冷え込みが大きくなるため長袖があると便利です。紅葉シーズンはコートやジャケット、冷え込む場合は長袖のインナーもお忘れなく。
・冬(12~3月) 気温-2~7℃
冬装備での防寒対策が必要になります。ニット、マフラー、帽子、手袋など寒さ対策を万全に。靴はスノーブーツ、スノーシューズ、長靴がおすすめです。

周辺の見どころ

菅沼合掌造り集落
菅沼(すがぬま)合掌造り集落は、ありままの自然に抱かれた9棟の合掌造り家屋が残り、土蔵や板蔵等の歴史的建造物が保存されています。集落内には江戸時代の主産業を伝える塩硝の館や五箇山民俗館があり、五箇山の歴史と伝統を学ぶこともできます。
相倉合掌造り集落
相倉(あいのくら)合掌造り集落は、田んぼや、石垣、雪持林など昔ながらの景観に囲まれた山間の小さな集落で20棟の合掌造り家屋が現存しています。集落内には、お土産店、民宿のほか、相倉民俗館と相倉伝統産業館では集落の生活の様子と和紙産業の歴史を学べ、和紙造りも体験することができます。
村上家
約350年前の建築当時の様式を伝える貴重な合掌造り家屋で国指定重要文化財の村上家では、塩硝製造や和紙製造等の民俗資料数千点を展示しています。囲炉裏を囲みながら当主から五箇山や村上家について話を聞くことができます。

関連情報

五箇山へのアクセス
◆公共交通機関を利用の場合
<東京から> 電車+バス利用 約4時間
東京駅ー(北陸新幹線かがやき)ー富山駅ー(あいの風とやま鉄道)ー高岡駅ー(JR城端線)ー城端駅ー(世界遺産バス)ー五箇山 相倉口バス停ー(世界遺産バス)ー五箇山 菅沼バス停

<大阪から> 電車+バス利用 約4時間30分
大阪駅ー(特急サンダーバード)ー金沢駅ー(北陸新幹線つるぎ)ー新高岡駅ー(JR城端線)ー城端駅ー(世界遺産バス)ー五箇山 相倉口バス停ー(世界遺産バス)ー五箇山 菅沼バス停

◆車を利用の場合
<東京から> 約6時間20分
東京駅周辺ー(中央自動車)ー岡谷JCTー(長野自動車道)ー松本ICー(国道158号線、安房峠道路)ー高山ICー(高山清見道路)ー飛騨清見ICー(東海北陸自動車道)ー五箇山IC

<大阪から> 約4時間20分
大阪駅周辺ー(名神高速道路)ー一宮JCTー(東海北陸自動車道)ー五箇山IC

<名古屋から> 約2時間30分
名古屋駅周辺ー(名古屋高速)ー一宮ICー(名神高速道路)ー一宮JCTー(東海北陸自動車道)ー五箇山IC

基本情報

五箇山総合案内所
住所: 
939-1914 富山県 南砺市 上梨754
営業時間:
月曜日  09:00~17:00
火曜日  09:00~17:00
水曜日  09:00~17:00
木曜日  09:00~17:00
金曜日  09:00~17:00
土曜日  09:00~17:00
日曜日  09:00~17:00
電話番号: 
0763-66-2468
ウェブサイト: 
https://gokayama-info.jp/
世界遺産 五箇山 合掌造り | 富山の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
五箇山の合掌造りの里は、富山県の最西端の南砺市にある集落です。合掌造りという日本独自の住宅建築様式によって造られた集落で、白川郷のそれと並びユネスコ世界遺産に登録されています。この地域は日本でも有数の豪雪地帯であり、それ故に急傾斜の大きな屋根が必要とされ、合掌造りが生まれたとされています。 日本独特の原風景が楽しめる五箇山の合掌造り集落へ出かけてみませんか? <おすすめポイント> ・世界遺産の合掌造り集落を散策 ・ウォーキングツアーでは五箇山御膳の昼食が味わえる ・相倉と菅沼の2箇所の集落と越中の小京都・城端を巡る欲張りツアーもあり!
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜